広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

“人生の根本目的は広布にあり”

 山本伸一は、今、創価学会という大ジェット機は安定飛行を続けているが、広宣流布の旅路には、熱原の農民信徒や牧口初代会長の時代のように、激しき乱気流も待ち受けていることを覚悟していた。
 しかし彼は、会長として、“断じて殉教者を出すような状況をつくってはならない。もしも殉難を余儀なくされるなら、私が一身に受けよう!”と固く心に誓い、必死に操縦桿を握っていたのである。

 だが、広宣流布を推進していくには、それぞれに死身弘法の覚悟が必要である。その決定した一念に立ってこそ、一生成仏も、宿命を転換することもできるのだ。
 死身弘法の覚悟とは、“人生の根本目的は広布にあり”と決めることだ。そして、名聞名利のためではなく、人びとに仏法を教えるために、自らの生活、生き方をもって、御本尊の功力、仏法の真実を証明していくのだ。

 広宣流布のために、“健康になります。健康にしてください” “経済革命します。経済苦を乗り越えさせてください” “和楽の家庭を築きます。築かせてください”と祈りに祈り、学会活動していくのだ。広布誓願の祈りは、仏、地涌の菩薩の祈りであり、それゆえに諸天を、宇宙の一切を動かしていく。


新・人間革命 常楽の章

*******

みなさん、いまどんなことを祈っていますか?
どんなふうに祈っていますか?

祈りには、たくさんの学会指導がありますよね。

「必ずこうします!という決意を込めて祈る」

「感謝を込めて祈る」

「師匠に誓願を立てて祈る」

「自分のことだけでなく人のことも祈る」

「細かく、具体的に祈る」

「紙に書いて祈る、御宝前に掲げて祈る」

「みんなと共有して祈る」

「100万遍を目標に祈る」


ぼくはよく「広宣流布のための祈りは叶う(叶いやすい)」という指導を聞きます。

御書の「法華経の行者の祈りのかなはぬことはあるべからず」という一節を言い換えると、法華経の行者=広宣流布に生き抜く者であり、広宣流布に生き抜く者の広宣流布のための祈りで叶わないことはないというように読めます。
そういう意味では、「広宣流布ための祈りは叶う」というのは全くその通りだと感じます。

恥ずかしながら、ぼくは叶わなかったなという祈りがいくつかあります。
それは実は「広宣流布のため」と思って掲げた祈りではなかったなーということをうっすら考えています。
というよりも、実際問題「広宣流布のため」って思ってちゃんと祈れているのか怪しいもんなのです。
毎日ふとした瞬間に、広宣流布のことなんか考えていない時間はたくさんあるわけです。
そんなぼくの境涯で叶う祈りはたかが知れているんじゃないかと思うのです。

だからこそ先生は、「祈りに祈り、学会活動していくのだ。」と祈りと学会活動に徹していくことをご指導してくださっています。
学会活動しているときは、すなわち広宣流布へ身も心も捧げている状態です。その状態が続けば続くほど、自然と生命、行動、思考、祈りは「広宣流布のため」へと染まっていく。
そうしてどんどん大きな祈りも叶っていく。


ともかくも、1日1時間の唱題をやっていきます!

全国の無冠の友へ

全国の無冠の友へ


広宣は
 無冠の友の
  足音に


寒風に
 広布の英雄
  忘るるな


偉大なる
 使命に輝く
  無冠かな


2006年2月5日付聖教新聞

*******

今年の9月から地区の半分、週1日だけですが無冠の友の仲間入りをさせていただきました。
にもかかわらず、大変申し訳ないことに今週は嘔吐・下痢・高熱の体調不良で交代していただいたのです。
絶対無事故で先生の励ましを、学会のリズムをお届けするという決意が足りませんでした。

改めて、頂いた上記の句の励ましを胸に、無冠の偉大なる使命を忘れず、自身の健康・無事故で聖教新聞をお届けすること自体が広宣流布の前進であると確信して、一日一日勝っていきます。


全国、全世界にいる無冠の友の同志の先輩方が、嵐の日も、雪の日も、たゆまず進めてきてくださった広宣流布の戦いを、ぼくも進めて続けていきます。


30年以上配達を続けている母も見習いながら。
いつかぼくも、子どもと一緒に配達する日を夢見ながら。

わが宿命は、わが使命となる

 現実は、常に疾風怒濤である。順風満帆の人生などない。外から見ていてはわからなくとも、皆、何かしら深刻な悩みをかかえ、時に呻吟しながら生きているものだ。次から次へと、苦悩の怒濤は押し寄せて来る。
 だからこそ、唱題なのだ!
 だからこそ、折伏なのだ! 
 地涌の菩薩の、仏の大生命を呼び覚まし、強い心で、大きな心で、豊かな心で、悠々といっさいを乗り越え、勝利していくのだ。
 宿命が、悩みがあるからこそ、それを克服することによって、仏法の功力を、その真実を、偉大さを証明することができる。わが宿命は、わが使命となるのだ。ゆえに、信心で打開できない悩みなど、断じてない。
 叩きつける氷雨の激しさに、心が絶望の暗雲に覆われてしまうこともあるかもしれない。しかし、今日も、明日も、太陽は、燦々と輝き、昇っていることを忘れまい。
 大宇宙を貫く妙法に連なり、自らが太陽となるのだ。栄光と勝利の歓喜の輝きを放ち、幸の光彩をもって、一家を、さらに地域を、未来を照らし出していくのだ。


新・人間革命 常楽の章


*******

みなさんは今、何に悩んでいますか?


ぼくは、

職場の直属上司、会社の経営方針、同僚の会社への不満・愚痴、それにつられてしまう自分、2歳の娘のシャンプー、娘のイヤイヤ期、85kgもある体重、そのせいで何をするにも身体が重いこと、リズムのない生活、バスケがしたいです、新しい腕時計、部員さんに会いたい、親友に良い人を紹介したい、大学校生の折伏、自分の折伏…

数えたらきりがないくらいたくさん悩みがあります。

いくつかは、いやほとんどがぼくの宿命的な生命の傾向性からくるものです。
面倒くさがり屋、持続が苦手等々の一凶もそう。

「人間革命したい」

今、改めてそう思っています。


唱題!
そして、折伏!
この人間革命の直道を明るく楽しく進んでいきたい。

ルネサンスの巨人
ダ・ヴィンチは言った
「太陽は 決して
いかなる影をも 見ない」

君たちは
未来に輝く
若き英知の帝王
天真爛漫たる
太陽なのである

長編詩「大空を見つめて」


師匠・池田先生はことあるごとに、弟子であるぼくらに「太陽」たれ!と励ましを贈ってくださっています。
日々の新・人間革命やメッセージで先生の太陽のような生命に触れて、励まされています。

ぼくが信心というより、先生の弟子になりたい、本物の弟子になりたいと思ったのは、学園時代、創大・学生部時代に太陽みたいにキラキラした先輩・友人たちの影響でした。
羨ましいくらい眩しく光るイキイキとした彼らから、先生を感じ、師弟を感じました。

「俺もあーなりたい!」
率直な思いでした。だからこそ、唱題し、折伏しました。

彼らは「栄光と勝利の歓喜の輝きを放ち、幸の光彩」を放っていたのだと思います。
ぼくも絶対にそうなりたい。太陽のように明るく、強く、温かく。
ひとつひとつの悩みに向き合って、祈って、戦って、縁する人みんなを笑顔にできる、縁するみんなと笑顔になれる、そんな人に!!

“今の自分にできることは何か”

“今の自分にできることは何か”を考え、行動することから、使命の歩みは始まる。


新・人間革命 常楽の章


*******

夫として、

父親として、

友人として、

地区リーダーとして、

牙城会員として、

ヤング男子部として、

社員として、

創大生として、

学園生として、

池田先生の弟子として、

・・・今の自分にできることは何かを、真剣に祈り、実行します。


使命の道を、人間革命の道を行きます!

牙城会の精神、指針

【牙城会 永遠の指針】

信念の人
努力の人
忍耐の人


【牙城会のテーマ】

厳護
常識
実践


【牙城会実践五項】

一、唱題根本
一、絶対無事故
一、時間厳守
一、誠実な応対
一、正確な連絡


【師子王の心 牙城会】

一、本陣厳護の大将軍たれ
一、行学率先の開道者たれ
一、地域と社会の勝利王たれ




牙城会歌「誉れの牙城会」の歌詞はこちら
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: