広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

【お知らせ】PC版デザイン変更、スマホ版レイアウト変更

牙の大河です!
ブログ運営面でのお知らせです。

世界広布新時代 拡大の年、心機一転して本ブログのデザインを変更しました!

コンセプトは、「とにかく記事の読みやすさ」です。

大きめの字、サイドバーは右側1列にしました。


6割以上の方がスマートフォンからご覧頂いているということもあり、スマホ版もレイアウトや読者登録の部分で修正を行いました。

「読んでミー」によるブログ更新のお知らせをメールで受け取る以外に、Twitter及びLINEでも更新通知が受け取れるようにして、わかりやすく表示しました。

不具合があるようでしたら、ぜひお知らせください。


よろしくお願いします!


2016年の目標

【2016年 池田先生からの新年のお歌】

人類の
 常楽の軌道
   照らしゆけ
  師弟の太陽
    いやまし燃えて

遂に来ぬ
 創価の女性の
   新世紀
  試練の冬も
    歓喜の春へ

勇猛に
 祈り勝ち切れ
   愛弟子よ
  若き世雄は
    仏法勝負と

  二〇一六年 元旦

*******

あけましておめでとうございます!!
牙の大河です!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!

本年は週1回以上のブログ更新を心掛けていきます!


新年のお歌の三番目にある「世雄」とは仏の異名です。

「夫れ仏法と申すは勝負をさきとし、王法と申すは賞罰を本とせり、故に仏をば世雄と号し」(御書1165㌻、世雄御書)の一節は、四条金吾殿御返事のなかでも「世雄御書」の別名を持つ御書に記されています。


さぁここで、司法試験をあきらめた牙の大河による新年の目標を発表させて頂きます!

※司法試験は出願までに目標としていた過去問試験の結果に達しなかったため、
 弁護士ではなくちがう道で戦うことにしました。
 現時点では、不正対策・不正調査のプロフェッショナルを目指そうと考えています。


①唱題
100万遍!

②折伏
御本尊流布1世帯!

③新聞啓蒙
12部12ポイント以上!

④教学
御書全編読破!

⑤読書
『人間革命』全12巻読破!
『新・人間革命』全26巻読破!

⑥ブログ
平均週1回以上更新!

⑦体重
75kg以下! ※現在約86kg

以上です! 大変にありがとうございましたー!!!!!


最後に昔、友だちに贈った一句を。


負けないと

 決めた僕らの

  笑顔かな

誓いの青年よ(歌詞)

誓いの青年よ(ちかいのきみよ)

作詞:山本伸一
作曲:音楽隊有志

一、
誓いの青年よ 出発は今
広布の大願 いざや果たさん
時代を変える 力はここに
地涌の青春 挑み舞いゆけ

二、
創価の心 嵐は誉れ
希望と正義の 哲理を語れ
人類照らす 英知はここに
民衆の城に 凱歌 轟け

三、
信ずる後継よ 不二の生命よ
師弟の勝利を 永遠に飾れや
未来を創る 連帯ここに
平和の地球を 我らの勇気で
平和の地球を 世界の友と


SOKAnetで曲を聴くことができます。
誓いの青年よ(SOKAnet)

良き先輩、良き同志

 特に彼が、深い信頼と尊敬を寄せたのが、学生部の部長であった。
 この部長から、彼は、広宣流布を担う強い責任感を、信心への確信を、同志を思いやる心の大切さを学んでいった。
 彼は、部長の「Ⅰさん」について、こう日記に記している。
 「Ⅰさんの顔を見るのが楽しい。絶対に安心してついていける人だ。私はこの人を知ったことにより、私の人間革命は大いに駒を進めた」
 人間が精神を磨き鍛えて、成長していくには、触発が不可欠である。それには、良き先輩、良き同志が必要である。ゆえに、学会という善の組織が大切なのである。


『新・人間革命』前進の章


*******

 
先月、大好きな八王子から、大好きになるであろうここ浦安に引っ越してきました。
今まさに、この先生の御指導がよくわかりました。
学生部のときにも、そんな出会いがありましたが、やはり少し遠い気がしていました。
男子部になり、引っ越してきた先の部長さんは、「絶対に安心してついていける人だ」と感じました。

昨日は男子部の部活に参加し、今日は妻と地区の四者の唱題会に参加したあと、さらに県のヤング男子部の唱題会に参加することができました。両方とも初めての会合でしたが、たぶんずっと参加することになると思います。
ほんっとーに楽しくて、心の底から笑えて、生命力がドバーっと湧き上がってきました。

おかげで久しぶりに級友と電話で話せたり、メールで連絡を取れたりできました。


祈りってすごい。みんなで祈るって本当にすごい。
一人で悶々としてても、何も始まらない。会うことで、集うことで、それだけで歯車が回転し始めるんですよね。
善の連帯、学会って組織のすごさ、意味を妻と二人で噛みしめた一日になりました!

全部勝っていきたい!そう思えるようになりました!!!

広宣流布の黄金柱

 「仏法は勝負」である。
 壮年部は、一家の柱、社会の柱、そして広宣流布の偉大なる黄金柱だ。
 皆様が厳然としているからこそ、婦人部も男女青年部も、安心して戦える。
 古代ギリシャの詩人ソフォクレスは誇らしく謳った。
 「男のもっとも尊い仕事は、もっているすべてを、力のすべてをつくして、人を助けるにあるのだ」(高津春繋訳)

随筆 新・人間革命
不屈の人間・壮年部


*******


 大切な人生を、「何のために生きるか」。この一点で、人の輝き、そして大きさは全く異なるものとなります。
 
 池田大作先生(創価学会名誉会長)は、様々な著作・スピーチ等を通して、「人のために」生きる人生のすばらしさを教えてくださっています。
 池田先生の生き方、優しさ、力強さに、人間として僕は惚れています。惚れきっています。

 友人が男惚れしている人に久しぶりに会ったことをきっかけに、「自分もそんな男になりたい」と言っていました。
 僕も激しく同意です。
 池田先生もそうですが、それと同じくらい、先生の弟子として生きる先輩たちのようになりたいと思ったからこそ、学会活動をしました。
 彼らは輝いていて、楽しく、大きく、心の底からあったかい人たちでした。
 そうなりたいと思えたからこそ、今の僕があります。
 
 「何のための人生か」、池田先生は「わが人生は、人への『励まし』」のためにあると決めていらっしゃいます。
 僕もそう生きます。みんなとそう生きたい。そこにあらゆる人の幸福も、平和もあると確信します。

 池田先生は、一家の柱、社会の柱たる壮年部に対して「もっているすべてを、力のすべてをつくして、人を助けるにある」との言葉を紹介してくださいました。
 青年部の僕たちも、いずれ壮年部として黄金柱となる使命をもっています。

 今日も、力のすべてをつくして生き抜きます!!

 
 エマソン曰く、

「全力をつくすのだ。それが君のすべてではないか!」
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: