広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

良き先輩、良き同志

 特に彼が、深い信頼と尊敬を寄せたのが、学生部の部長であった。
 この部長から、彼は、広宣流布を担う強い責任感を、信心への確信を、同志を思いやる心の大切さを学んでいった。
 彼は、部長の「Ⅰさん」について、こう日記に記している。
 「Ⅰさんの顔を見るのが楽しい。絶対に安心してついていける人だ。私はこの人を知ったことにより、私の人間革命は大いに駒を進めた」
 人間が精神を磨き鍛えて、成長していくには、触発が不可欠である。それには、良き先輩、良き同志が必要である。ゆえに、学会という善の組織が大切なのである。


『新・人間革命』前進の章


*******

 
先月、大好きな八王子から、大好きになるであろうここ浦安に引っ越してきました。
今まさに、この先生の御指導がよくわかりました。
学生部のときにも、そんな出会いがありましたが、やはり少し遠い気がしていました。
男子部になり、引っ越してきた先の部長さんは、「絶対に安心してついていける人だ」と感じました。

昨日は男子部の部活に参加し、今日は妻と地区の四者の唱題会に参加したあと、さらに県のヤング男子部の唱題会に参加することができました。両方とも初めての会合でしたが、たぶんずっと参加することになると思います。
ほんっとーに楽しくて、心の底から笑えて、生命力がドバーっと湧き上がってきました。

おかげで久しぶりに級友と電話で話せたり、メールで連絡を取れたりできました。


祈りってすごい。みんなで祈るって本当にすごい。
一人で悶々としてても、何も始まらない。会うことで、集うことで、それだけで歯車が回転し始めるんですよね。
善の連帯、学会って組織のすごさ、意味を妻と二人で噛みしめた一日になりました!

全部勝っていきたい!そう思えるようになりました!!!

広宣流布の黄金柱

 「仏法は勝負」である。
 壮年部は、一家の柱、社会の柱、そして広宣流布の偉大なる黄金柱だ。
 皆様が厳然としているからこそ、婦人部も男女青年部も、安心して戦える。
 古代ギリシャの詩人ソフォクレスは誇らしく謳った。
 「男のもっとも尊い仕事は、もっているすべてを、力のすべてをつくして、人を助けるにあるのだ」(高津春繋訳)

随筆 新・人間革命
不屈の人間・壮年部


*******


 大切な人生を、「何のために生きるか」。この一点で、人の輝き、そして大きさは全く異なるものとなります。
 
 池田大作先生(創価学会名誉会長)は、様々な著作・スピーチ等を通して、「人のために」生きる人生のすばらしさを教えてくださっています。
 池田先生の生き方、優しさ、力強さに、人間として僕は惚れています。惚れきっています。

 友人が男惚れしている人に久しぶりに会ったことをきっかけに、「自分もそんな男になりたい」と言っていました。
 僕も激しく同意です。
 池田先生もそうですが、それと同じくらい、先生の弟子として生きる先輩たちのようになりたいと思ったからこそ、学会活動をしました。
 彼らは輝いていて、楽しく、大きく、心の底からあったかい人たちでした。
 そうなりたいと思えたからこそ、今の僕があります。
 
 「何のための人生か」、池田先生は「わが人生は、人への『励まし』」のためにあると決めていらっしゃいます。
 僕もそう生きます。みんなとそう生きたい。そこにあらゆる人の幸福も、平和もあると確信します。

 池田先生は、一家の柱、社会の柱たる壮年部に対して「もっているすべてを、力のすべてをつくして、人を助けるにある」との言葉を紹介してくださいました。
 青年部の僕たちも、いずれ壮年部として黄金柱となる使命をもっています。

 今日も、力のすべてをつくして生き抜きます!!

 
 エマソン曰く、

「全力をつくすのだ。それが君のすべてではないか!」

厚田の地を、希望が来る「望来」に

「“希望が来る地”か。いい地名だね。
 仏法というのは、一言すれば、希望の哲学だ。万人が己心に仏の生命を具えていると説く仏法には、どんな逆境にあろうが、絶望はない。わが“宿命”は、この世の“使命”であると、確信していくことができる。その確信から、努力が生まれ、人生の勝利への、さまざまな創意工夫が生まれていく。
 心が敗れてしまえば、希望の種子は腐り、芽が出ることはない。希望は、豊かで、強い心の大地から生まれるんだ。自分の心の外にあるものじゃないんだ。
 私たちの手で、厚田の地を、希望が来る『望来』にしていこうよ。それが、戸田先生を本当の意味で顕彰していくことになるし、弟子としてのご恩返しにもなる」


『新・人間革命』厚田の章


*******


 先週2泊3日で、北海道・札幌に住む祖母と伯父さんたちに、妻と結婚の報告をするとともに、望来(もうらい)・戸田記念墓地公園に祖父の墓参に行って参りました。

 新札幌のホテルから、レンタカーで8時前に出発して1時間半強かけて厚田墓園へ。
 9時半ごろの墓園は、とってものどかな心安らぐ雰囲気で、騒音は一切なく小鳥のさえずりが心地よくて、ずっといたいと思ってしまうくらいでした。

 戸田先生と池田先生の胸像が日本海を臨んでいるのには、少しハッとしました。世界からすれば、望来から、世界平和の「希望が来た」という風にも取れるかもしれません。
 それほど、池田先生が戸田先生の御遺志を継いで行ってきた世界平和への貢献は計り知れない。
 緊張状態にあった中国と旧ソ連への訪問・両首脳との会談、日中国交正常化提言、イデオロギーを超えた世界中の国との文化・芸術交流の推進、各国からの創価大学への留学生受け入れ、SGIの日記念提言による毎年発表される具体的な平和提言等々。
 
 僕も弟子として、先生の御構想の一端を担う人材に成長するとの決意を改めました!
 

 そして、希望の哲学である仏法を象徴するような言葉、「宿命を使命に変える!」。
 そのための祈り!
 お題目について書かれた大好きな一節を読み返しました。
 一時期は御祈念帳の最後のページに書いて毎回読んで祈っていました。

  祈り――それは、あきらめない勇気だ。

厚田村(歌詞)

作詞:山本 伸一
作曲:杉野 泰彦

一、
北海凍る厚田村
吹雪果て無く貧しくも
海辺に銀の家在りき
是ぞ栄(はえ)ある有る我が古城

二、
春夏詩情の厚田川
鰊(にしん)の波は日本海
松前藩主の拓(ひら)きしか
断崖屏風(だんがいびょうぶ)と漁村庭

三、
少年動かず月明かり
伝記と歴史の書を読みて
紅顏可憐に涙有り
正義の心の鼓動楽

四、
痛まし針の白髮に
不正に勝てと厚司(あつし)織る
母の祈りに鳳雛も
虹を求めて天子舞

五、
暖炉に語りし父も又
網を繕ひ笑顔皺(じわ)
権威の風に丈夫(ますらを)は
征けと一言父子の譜(うた)

六、
厚田の故郷(ふるさと)忘れじと
北風包みて美少年
無名の地より世の為に
長途の旅や馬上行
厚田の故郷忘れじと
北風包みて美少年
無名の地より世の爲に
長途の旅や馬上行
長途の旅や馬上行

※現代漢字に直しています。

同志の歌(歌詞)

作詞:戸田城聖
作曲:小川昇

我 今 仏の 旨をうけ
妙法流布の 大願を
高く掲げて 一人立つ
味方は少なし 敵多し

誰をか頼りに 戦わん 
丈夫の心 猛けれど
広き戦野は 風叫ぶ
捨つるは己(おの)が 命のみ

捨つる命は 惜しまねど
旗持つ若人 いずこにか
富士の高嶺を 知らざるか
競うて来れ すみやかに
競うて来れ すみやかに


※常用漢字に修正しています。
※元歌:三高寮歌「行春哀歌」
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: