広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

壮年は獅子である。

 壮年は、創価の要であり、広布の勝敗を決する最終ランナーだ。
 壮年は獅子である。堂々たる壮年の姿を見れば、皆が安心する。その厳たる声が響けば、皆が勇気をもち、大衆は勝利する。
 わが獅子たちよ!
 尊き、わが広布の戦友よ!
 21世紀の夜明けを開く、狼煙は上がり、決戦の幕は落ちた。遂に、われら壮年の出番が来た。
 今、立たずして、いつ立つのか! 今日、戦わずして、いつ戦うのか!
 人生とは、限りある命の時間との闘争である。
 使命を果たさずして、人生の価値はない。志をつらぬかずしては、いかに自分を正当化しようが、あとに残るのは空しさと悔恨である。
 御聖訓には「一生空しく過して万歳悔ゆること勿れ」(御書970㌻)と。
 さあ、白馬にまたがり、広宣の旗を掲げ、使命の大舞台を痛快に疾駆せよ。


随筆 新・人間革命
われら壮年の活躍


*******


 挑戦の心を失えば、もはや青年とはいえません。
 先生は、「飽くなき挑戦の心こそ、青年の魂だ。」と『新・人間革命』新世紀の章で教えてくださっています。
 
 人間というものは、歳を重ねるにつれて新しいことに対する興味、好奇心を失いがちになると聞いたことがあります。
 長く生きれば生きるほど、それまでの経験と価値観(人生観)の範囲で出来事を意味付けし、処理することができるようになり、その経験・価値観(人生観)で意味付け、処理できないものを捨象してしまうのではないでしょうか。
 そうなると、新しい経験を得ることが難しくなり、新しい経験をしたときの感動なんかも薄れてしまい、終いには新しい経験に対するインセンティブもなくなる。
 こうして、人は子ども心を失い、挑戦の気概も失せてしまうんじゃないかと思います。
 (「捨象」とは、事物または表象からある要素・側面・性質を抽象するとき、他の要素・側面・性質を度外視すること。)
 

 死ぬまで、青年の心で、挑戦を続ける人生を生きたい。
 牧口先生が日蓮大聖人の南無妙法蓮華経に出会い、入信されたのは、なんと57歳の時。すでにいくつかの小学校の校長の職を経験していました。
 その2年後に1930年には、戸田先生とともに創価教育学会を創立されます。

 そして、晩年の獄中においても、カントの『価値論』等を読み、研鑽を続けられていたといいます。
 すごい。僕らも負けてられません!!


 上記、御指導で引用されている御文は「富木殿御書」にあります。富木常忍も30代後半で入信し、60代で出家し、大聖人の遺文の収集等の重要な役割をしました。

"Do not spend this life in vain and regret it for ten thousand years to come."

The Problem to Be Pondered Night and Day
Major Writings of Nichiren Daishonin, Vol. 5, p167.


Be Young!!

人間の真価

 そして彼は、通教生は、一人も漏れなく、人生の勝者になってほしいと、強く、強く、念じながら、こう呼びかけたのである。
 「まずもって向学の走者は、自己を制覇し、試練の障壁に信念のバネで挑み、生涯の自己錬磨の飛躍台にされんことを念願するものであります。
 人間の真価は、ひとたび険難の峰にさしかかった時に、初めて明らかになるといわれております。前途に立ちはだかる困難をもって、挫折を自己正当化する手だてとするか、成長への好機と意義づけて進んでいくかで、将来の行路を決定づけてしまうといっても過言ではない。その選択は、ほかならぬ自己自身の腕にあるのであります」


『新・人間革命』学光の章
創価大学通信教育部第1期生に対するメッセージ


*******


 今年の司法試験、短答式試験で落ちてしまいました。家族、応援してもらった人たちに対して、すごく申し訳ないし、悔しいです。
 でも、明るく生きます!明るく行きます!!
 あと、2回受験することができます!来年の合格を目指してがんばろうと思います!!
 仕事も始まるし、活動もしたいし、すっごく大変ですが、先生のおっしゃる通り、自己を制覇して、信念のバネで挑んでいきます!!

 自分の戦いが、体験が、実証が、広宣流布を進めることを確信して、日々を生き抜こうと決めました!!
 6月16日、今日からまた、新しい自分で顔晴ります☆

 同じ創大ロースクールで一緒に勉強してきた友だちの一人も短答式で落ちました。電話で話しました。なかなか前向きになれない気持ち、すごくよくわかりました。
 でも、新・人間革命を読んで、僕らの真価を発揮するのは今なんだって思いが、心の奥からふつふつと湧いてきました。
 
 日本一難しい試験、仕事、活動等、挫折を自己正当化する手だては盛りだくさん。でも、チャンスと捉えていきたい!!!
 顔晴りたい!!!
 顔晴ろーう!!!

強くなり、幸福になっていくこと

 北海道の初代女子部長が友に語りかけていた言葉が、今も私の心に響いて離れません。
 「私たち女子部が信心を根本に、一人一人、強くなり、幸福になっていくことこそ、師匠への報恩であり、広宣流布なのです」と。
 幸福になるために、そして皆を幸福にするために、妙法を朗々と唱え、正義を堂々と語りながら、仲良く楽しく戦いましょう!


2012.5.20
新時代第58回本部幹部会(北海道総会)へのメッセージ


*******


 この度、大学時代の友人と結婚致しました。
 お互いに明るく陽気なので、ときどきけんかもしますが、毎日笑って過ごしています。
 二人で力を合わせて、幸せを拡げられるような家庭にします。
 
 「人を幸せにできる人こそ幸せ」
 
 縁する人みんなが、笑顔になれる――そんな二人になりたいと思います☆


 今日からまた週2くらいで更新していきますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

広宣流布に生きるとは

 広宣流布に生きるとは、大きく利他の翼を広げることだ。そして、使命の大空に羽ばたく時、自身の境涯の飛躍があるのだ。


『新・人間革命』人材城の章

*******

 自分の命の使い方を誰かの笑顔のためって決めた時、目の前に広がる青い空は、人間革命の舞台になってるんですよね。
 偽善でもなく、独善でもなく、誰かのためにと自分のためにが全く同じ線上にある生き方、広宣流布に生きるってすごい☆
 
 今日も笑顔で顔晴りましょう!!


p.s.
 5月中旬の司法試験に向けて勉強中で、なかなか更新できず、読者の皆様には大変申し訳なく思っております。
 試験終了まで定期的な更新はできませんが、誰かを励ましたいとき、原点に返りたいとき、先生の言葉をこのブログで探して頂ければ幸いです。
 今後ともよろしくお願い致します。

すべては、そこに尽きていた。

 新設された各支部の幹部の多くは、中心幹部として何を第一に考え、いかに活動すべきであるかが、よくわからなかったといってよい。しかし、行く先々での山本伸一の振る舞いが、それを明確に教えていた。

 同志を、会員を守り、励ます――すべては、そこに尽きていた。


『新・人間革命』勇舞の章


*******


 みなさんの生きる目的はなんですか?


 僕は、人に励ましを贈ること、そうして僕も相手も笑顔になることだと決めています。
 創価学会員として、池田先生の弟子として生きるなかで、こう生きようと決めました。

 僕にとっての幸せは、人に励ましを贈り、自分も相手も笑顔になること。
 僕にとっての平和は、皆が励ましを贈り、皆が笑顔になること。

 
 創価学会の幹部、リーダーの使命は、様々あると思いますが、「守り、励ます」に尽きるという先生のご指導。
 守り、励ますために、祈り、行動する。

 絶対に忘れずに生きていきます!!
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: