こちらこそ、よろしく。私も全力をあげます。本当のことを若い世代に語っておきたい。語り残しておきたい。
 それはなぜか。もはや私の願いは、二十一世紀の本当の指導者を育てる以外にないからです。世界のため、人類のため、広宣流布のため、平和のためには、真実の人間指導者をつくる以外に道はないし、それを全世界が待望しているんです。また、これが私の最大の喜びです。
 かつて戸田先生がいわれていた。「道を求めている純粋な青年たちに会うのが一番楽しい」と。私も同じです。今の高等部、未来部の世代が大切です。
 二十一世紀、人類の最も大事な世紀に活躍する君たちに、私は最大に期待したい。勝利を祈りたい。君たちの成長と活躍が、すなわち広宣流布であるからです。
 ともあれ私は、高校生を決して子ども扱いしたくない。一個の立派な大人として、人格として尊敬しています。紳士とも思い、淑女とも思っています。
 だから、ありのままに、率直に語っていきます。今すぐに全部わからなくてもいい。納得できること、できないこと、両方あるかもしれない。それはそれでいい。自分のために“何か”をくみとってくれればいい。
 
 ただ私は愛する諸君に、ともかく「悔いなき青春を」を送ってもらいたい。大切な、一生の土台である十代に、悔いを残してはいけない。
 自分なりに、自分らしく、何でもいいから、自分はこれだけやった、という満足感をもってもらいたい。掃除でもクラブでも、ボランティアでも、何かやった、何か頑張った。そこで「あいつは、どこか違うな」「あいつは偉いな」と言われる存在になってもらいたい。


『青春対話』


*******


 大好きな、何度も何度も読んでいる『青春対話』です。
 この冒頭の一節、忘れられません。
 
 「あいつは、どこか違うな」「あいつは偉いな」と言われる存在になってもらいたい。

 このお言葉は、当時中学生だった僕の胸に、深く深く突き刺さりました。
 その後、中学時代は先生の言われたことは、読書と日記をつけることくらいしか胸を張れませんが、それでも、高校・大学・大学院と、常にこのお言葉が僕の一つの目標でした。
 牧口先生のお言葉に「いてもらいたいと言われる人になれ。その極限が仏である」というのがあります。
 青春対話の2つの言葉も、突き詰めていけばそうなるのではないかと思います。
 
 ともあれ、弁護士になって、職場で、地域で、日本で、世界で、「あいつは、どこか違うな」「あいつは偉いな」と言われる存在になって、池田先生の正義を証明し、先生の偉大さを宣揚していきます!!