偉大なる
 若き英雄
  君あれば
 多くの友の
  灯台なるかと


1990年1月1日
牙城会の活躍に期待を寄せて


*******


 大好きなお歌です。
 僕は、学生部の人材グループ・首都圏学生部本部牙城会で1年間訓練して頂いた。
 その大学3年生の1年間は、たぶん人生で一番忙しい1年間だったと思う。
 本当に寸暇が惜しかった。移動しているときはずっと祈っているか勉強していた。
 とにかく全てに無事故を勝ち取ることに全生命懸けてた。
 過去の栄光に目を向けるような歳じゃないけど、あの頃は栄光時代だった。