一月二十日、会長山本伸一が出席して、第二十二回「青年部総会」が晴れやかに開催された。
 創価の青年たちは、寒風をついて、新しき社会を建設する息吹をみなぎらせ、会場の北九州市立総合体育館に喜々として集ってきた。
 全国の青年部総会を、首都圏以外の地で初めて行うとあって、九州の青年たちは先駆の誇りに燃えていた。
 伸一が会場に姿を現すと、場内を埋め尽くした参加者から、ひときわ大きな歓声が起こり、怒涛を思わせる大拍手がうねった。
 総会では、九州青年部長の「開会の辞」に続いて、女子部長の吉川美香子が登壇し、「若い女性の連帯を広げよう」と題して語った。
 女子部は学会の花である。さわやかで、はつらつとしたその姿は、皆の希望である。女子部員の躍動があるところ、組織は明るい光に包まれる。
 伸一は、若い女性たちが、人びとの幸福を願って、健気に仏道修行に励む英姿に、人間性の至高の輝きを見ていた。
 「他人のために勇気をもって苦しむところに、気高さがある」(『カーライル選集3 過去と現在』上田和夫訳、日本教文社)とは、歴史家カーライルが導き出した結論である。
 女子部が盤石であるならば、学会の未来は盤石である。ゆえに伸一は、女子部の拡大と育成のために全力を注ごうと深く心に誓いながら、吉川の話に耳を傾けた。
 彼女は、女子部の総ブロック(現在は部)討議の様子から語り始めた。
 「今回は『職場と女子部』がテーマでしたが、ある総ブロックでは、その討議の際に、最近の若い女性の一般的な傾向として、次のような話が出ました。
 自分の手を汚したがらず、苦労を避ける。しかし、自分のことは認めてもらいたい。また、相手を受け入れることはしない――というのです。
 そして、『やはり、これはわがままといわざるをえない。こうした傾向が強まっていることが、女性同士の友情が育たない原因になっている』と分析しておりました。
 皆、心の底では、本当に心を開いて話し合える友を求めているが、自分が傷つくことを恐れて、それができないというのが、悲しむべき現実であると思います」
 自ら手を汚したがらないという若い女性たちの傾向性の根底には、幸福は他から与えられるものだという考えがある。
 しかし、幸福は自分の心が創り出すものなのだ。自らの手でつかみ取るものなのだ。そのためには、労苦を避けて通ることはできない。
 ゲーテは警告した。
 「生活をもてあそぶものは、決して正しいものになれない。
 自分を命令しないものは、いつになっても、しもべにとどまる」(『ゲーテ詩集』高橋健二訳、彌生書房)
 また、苦悩なき人生はないのだ。どんなに華やかそうに見えても、人は悩みをかかえている。一時期は幸せを満喫しているようでも、それが永遠に続くことなどない。
 生きるとは、苦悩することであるといってもよい。それに負けて、希望を失い、自暴自棄になってしまうことから、人は不幸になるのである。
 だから、悩みや苦しみに負けない強い心、大きな心をつくるしかない。
 苦悩が大きければ大きいほど、それに打ち勝つ時、より大きな幸福を感ずることができる。
 いな、その挑戦のなかにこそ、充実と歓喜の生命が脈打ち、わが胸中は幸福の泉となるのだ。
 その能動的な自己をつくり、心を大きく、強くすることが、「人間革命」なのである。
 女子部長の吉川美香子は、そのための信仰であることを強く訴えた。
 さらに、真の友を求めながら自らが傷つくことを恐れ、深い関わりを避ける生き方の背後には、根深い人間不信があることを指摘していった。
 「人の尊さも、自分の可能性や強さも信じることができなければ、人間はどうしても臆病になり、閉鎖的になります。
 しかし、仏法では、すべての人が輝かしい個性をもち、その胸中に〝仏″の生命があると説きます。
 この法理のもとに、互いに信じ合い、助け合い、励まし合う、この世で最も美しい宝石のごとき、若き女性の連帯をつくりあげてきたのが、わが女子部であります。
 今こそ、山本先生と共に、私たちの平和と幸福のスクラムを、社会に広げていく時であると思いますが、いかがでしょうか!」
 賛同の大拍手が会場を揺るがした。
 吉川美香子は、はつらつと、確信にあふれた声で訴えていった。
 「心から他人の生命の痛みを分かち合おうとする時、そこには深い友情の絆が生まれます。
 そして、友を思う真心は、自ずから仏法対話となっていきます。いわば折伏は、友情の帰結であり、また、それによってさらに強い友情が育まれていきます。
 不信と猜疑の渦巻く現代社会を蘇生させゆくものは、確たる信条をもった、春風のごとき人間生命の交流です。
 この最高無二の希望と幸福の道を教えてくださったのが創価学会であり、山本先生です。
 私たち女子部は、『友の幸せのために、私はいかなる苦労も惜しまない。いな、それこそ私の最高の喜びである』と胸を張って、折伏・弘教の実践に邁進していこうではありませんか!」
 さわやかな「はい!」という声が響き、共感と誓いの拍手が広がった。
 山本伸一も、女子部の清純な決意を心から賞讃し、大拍手を送った。
 日蓮大聖人は「女子は門をひら(開)く」(御書一五六六ページ)と仰せである。女子部の友情と仏法対話の広がりもまた、広宣流布の門を大きく開いていくにちがいない。
 女子部時代に折伏に挑戦することは、仏法者として、自分の生き方の芯をつくり上げ、福運を積むうえで、極めて重要なことといえよう。
 折伏は、すぐには実らないかもしれない。しかし、仏法を語り、下種をし、末永く友情を育んでいくならば、いつか、その人も信心に目覚める日が来るものだ。結果を焦る必要はない。
 大事なことは、友の幸福を願う心だ。仏法を語る勇気だ。勇気が慈悲にかわるのである。


『新・人間革命』飛躍の章