決意はたやすい。が、それを実現することは容易ではない。
 反逆者たちも、皆、口がうまかった。それぞれに立派な決意を述べていたが、結局、裏切っていった。
 口ではない。行動である。結果である。事実である。
 一旦、約束したことは必ず実行する――これが私の、また恩師戸田先生の精神である。
 また国際社会における信義の根幹でもある。
 口先だけでは通用しない。その場しのぎの言葉や、ソロバン勘定だけではかえって信頼を失ってしまう。軽蔑の対象となる。
 日本が国際社会において信用を得られるかどうかも、結局、こうした基本を大切にしているかどうかにかかってこよう。
 私は世界に多くの友人をもっているが、一流の人は皆、約束を違えない。私も、同じ信念できた。だから互いに安心し信頼できる。ゆえに、多くの友情が花開き、実を結んできた。
 「約束を守る」人が人間として一番偉い人である。「誓いを果たす」人が、一番苦しそうに見えて、一番幸福な人である。


『創立者とともに』VOL.1
1991.5.5
創価教育同窓の集い


*******


 一番できてないことだ。

 やばいなー。

 
 最後には勝つ、最後には勝つ、最後には勝つ!!!

 行動!行動!!行動!!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ に参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆