青は不思議な色だ。
 青は、いつも「遠く」にある。
 海の青は、手ですくったとたんに、消え去る。空の青は、近づいても近づいても、透き通るばかり。
 水の重なりが海の青になり、空気の重なりが空の青になり、青はいつも「遠く」にある。
 だから、ノヴァーリスは「青い花」を理想の象徴にしたのだろう。
 だから、メーテルリンクは「青い鳥」を幸福の象徴にしたのだろう。
 青――そのように平和も遠くにあるのだろうか。行けども行けども届かない夢のようなものだろうか。そうかもしれない。
 しかし、その「はるかなる夢」に向かって歩み続ける精神力にこそ、人間の人間としての栄光があるのだ。
 「赤は生命の色」「青は精神の色」と言われる。
 精神の力とは、理想に向かって「断じて、あきらめない」力だ。岩をも砕く波のように、障害が大きければ大きいほど、いよいよ大きな力を出せ!

 訪問中、「マウイ研修センター」の開所式をした。センターは、皆の手作りである。友は手を血豆だらけにして、原生林のような荒れ地を整地し、ユーカリの木を植え、木造二階建ての平和のセンターを建設した。何と尊(たっと)い「精神力の勝利」か。
 何でも「手作り」にこそ魂がこもり、不滅のものができていく。
 私が世界への第一歩をここハワイに踏み出したときも、お膳立てされているものなど何一つなかった。「すべて手作り」で、ここまできた。

 精神の力は無限である。その限りないエネルギーは、万人の胸の奥に、ひろびろと広がっている。大海のように、大空のように。
 だから、海を見るとき、わが内なる潮騒が鳴る。空を仰ぐとき、わが内なる永遠が羽ばたく。
 その内と外との交響の色が「青」なのだ。
 はるかなるもの、永遠なるもの、いのちの根源にある偉大なるものが目覚める――その魂の輝きが「青」なのだ。


2000.3.12
池田名誉会長の写真紀行 光は詩う
第20回 ブルーハワイ(抜粋)


*******


 創価学園のスクールカラーである「青・黄・赤」は、それぞれ「英知・栄光・情熱」の意義があります。
 創価学会の三色旗の「青・黄・赤」は、それぞれ「平和・栄光・勝利」の意義があります。

 余談ですが、僕は学生部本部牙城会という人材グループで世界青年会館と創価旭日会館の会館警備を担当するという訓練を受けさせて頂いたので、「赤」が大好きです。牙城会のシンボルカラーは「赤」なのです(朱色とも言えるかもしれませんが…)。
 「青」は永遠のライバルである創価班のシンボルカラーになっています。

 ともあれ、東京に住んでる僕にとっては、八王子は緑が多いと言っても、「青」が一番大きく、一番目にする色と言えるかもしれません。
(僕は普段から結構上向きに生きてるので、あまり下のコンクリートは見ません☆)
 空の「青」が持つ爽やかさは、心まで澄み渡らせてくれる気がしますよね!!

 昨日、創価学園でスクールカラーの「青」が意味する英知を冠した記念日、「英知の日」の記念式典がありました。
 7年前、高校3年生のとき、「英知の日」に向けて、それまでの「英知の日」記念式典での創立者のスピーチを研鑽する機会があり、たくさんのスピーチを読んだのを思い出します。
 あのとき、僕の「精神」の土台は、知らず知らず築かれていたんじゃないかと思います。
 
 今でも、僕の生きる道は、あのとき決めたものとほとんど変わっていないから。