人の「心」を知り、人情の機微に通じゆくことこそ「将に将」たる要件である。民衆の心がわからずして、真実の指導者とはいえない。


『私の人間学 下』


*******


 2006年、池田先生が北京師範大学から200番目の名誉学術称号をご受章したとき、創価大学・創価一貫教育連絡事務所(自治会内の学生団体)の所員全員でお祝いの歌集を作成して、創立者にお届けしました。

 当時、僕は次長兼渉外担当でした。んで大親友が所長。
 なんというか最高のコンビだったし、もう一人の執行部の後輩と合わせて最高のトリオでした☆

 その時、僕と大親友がつくった歌がこれ。


大親友の歌

幸福の
 王子王女を
  育てゆく
 城を築かん
  師子の心で


僕の歌

誓願の
 将の将たる
  師子と立ち
 池田門下の
  城を護らむ


 すごーく似てますが、お互い全く見てない状況で詠んだんですよね(笑)
 息ぴったし☆


 ともかく、生涯、「将の将」として生き抜く!!!