私は戸田先生から、本当に厳しい訓練を受けた。すべて受けきった。 戸田先生が見てくれている ── それだけが私の生きがいだった。これが師弟というものである。 私は365日、一瞬たりとも先生のことを忘れたことはない。いつも先生と一緒である。
 歩いていても、車に乗っても、食事の時も、瞬間瞬間、戸田先生のことを思っている。これが私の人生である。これが本当の師弟不二である。
 師弟不二の道は命がけである。厳しき師の訓練を受けた人間しか、本物にはなれない。未来のためにも、このことを、はっきり言っておきたい。


2006.5.15
5・3記念最高幹部協議会


*******


 先生の弟子として生きる。
 
 今日、この御指導を命に刻んで、もう1度、雄々しく前進していきたい。

 本物にならなきゃ、つまらない。
 たった1度の人生、最高の道を、師弟の道を、歩み抜いて行きたい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆