師匠が言った通りに生き抜く。師匠が言ったことを実現する。これが弟子の道だ。師匠の教えをないがしろにするような者は、断じて弟子ではない。ただ「師弟」という一点で、私は戦い抜いた。1から100まで、師匠のため、学会のため。そしてすべてに勝利した。
 師匠を護ることが、学会を護ることになる。学会の全同志を守ることになる。
 そして、師匠を守ることが、広宣流布の前進である。私は、そう決めて戦い抜いた。


2007.11.20
婦人部最高協議会


*******


 明日は、一つの勝負の試験。
 先生のために、挑み、勝つ!