六十年前、「二月闘争」は、なぜ勝利できたのか。
 それは、目の前の一人を徹して誠実に励ましてきたことに尽きる。
 「広宣流布」は、一人の「人間革命」から始まる。
 決意した一人が、一人を立たせる。その一人が、さらにまた、もう一人を奮い立たせていく。勇気は勇気を呼ぶ。この「一対一」の決意の連鎖こそが、拡大の鉄則である。
 ゆえに、「誓いの一人」を多くつくっていくことが、爆発的な広布伸展の必要条件なのだ。
 戸田先生と同じ二月十一日生まれの発明王エジソンは語った。
 「あらゆるものには輝くダイヤが隠されている。磨けば光る」と。
 全員がダイヤの如き尊い人材である。同士は皆、信心の偉大さを証明する使命を持っているのだ。どれほど大切な方々か。
 そう思えば、最前線で苦労している皆様を励まさずにいられなかった。
 どうすれば皆が元気に戦えるか、思う存分に実力を発揮できるか、私は真剣に祈り、知恵を絞った。
 当時の蒲田の支部幹部では、私が一番若かった。人を集めて偉ぶって指導しても、誰が信用するか。自分が足を運び、顔を合わせ、寒風の中を一緒に歩く以外にない。


2012.2.8
随筆 われらの勝利の大道 68
新時代の二月闘争㊦


*******


 折伏した友人が今年、男子部で創価班大学校に入団しました。
 ほんとにほんとにうれしいです。
 彼が任用試験合格のときも、すごくうれしかったけど、今回のうれしさはまた格別でした。

 形式的に入団したこともうれしかったんですが、さらにうれしさ爆発だったのは、方面の入卒式で聞いた体験発表、活動報告がとても心に入ったらしく、彼が燃えていることです。
 
 
 僕も、燃えます!
 もう1度、燃えます!!