世界各地で災害が起こった時、多くの国から真心の支援や励ましの声が寄せられますが、こうした「同苦の心」「連帯の心」が、どれだけ被災者の心を明るくし、勇気づけるか計り知れません。
 「一切衆生の異の苦を受くるは悉く是れ日蓮一人の苦なるべし」(御書758㌻)と叫ばれた大聖人が、「立正安国論」を通して打ち出されたのも、現実社会で苦しみに直面している人々の心に共振して、わが身を震わせつつ、人々の苦しみが取り除かれることを願い、行動しようとする人間の生き方でした。
 そして、立正安国の「国」や、「四表」の意味するところも、大聖人の御書に「一閻浮提」や「尽未来際」といった言葉が何度も記されているように、広く“世界”を包含するものであると同時に、はるか“未来”をも志向していたものだったのです。
 その二つのベクトル(方向性)を今様に表現するならば、「世界のどの地で起こる悲劇も決して看過しない生き方」であり、「将来世代に負の遺産を断じて引き継がせない生き方」だといえましょう。前者には「世界市民としての自覚」、後者には「持続可能性に基づく責任感」に通じる精神が脈打っています。
 同じ地球に生き、環境を子どもたちに引き継いでいかねばならない私たちは、この横と縦に広がる二つの生命の連鎖を意識し、行動する必要があります。


2012.1.26
第37回「SGIの日」記念提言
「生命尊厳の絆 輝く世紀を」


*******


 「立正安国」とは、日蓮大聖人が鎌倉時代の権力者に宛てて書いた諌暁の書である「立正安国論」の題名となった言葉で、「正(正法)を立て国を安んずる」と読みます。
 「四表」とは、「汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か」(御書31㌻)にある「四表」、すなわち、東西南北の四方、自らの周りという意味。
 「一閻浮提」とは全世界のこと、「尽未来際」とは未来の果てに至るまでということを指します。

 
 創価学会版の日蓮大聖人の御書約1600ページには430編程のお手紙と論文が掲載されています。
 この中で、「尽未来際」は4回(「未来」は135回。ただし、必ずしも尽未来際と同義に使われているわけではありません)、「一閻浮提」はなんと90回(ほぼ同義の「閻浮提」は170回)も登場します。
 大聖人が“世界”と“未来”という横と縦に広がる2つの生命の連鎖を意識していたのは間違いありません。
 これは釈尊(ブッダ)が未来の衆生(末法の衆生)のためにも法華経を説いたこととも符合しているといえるでしょう。

 「世界市民としての自覚」も、「持続可能性に基づく責任感」も、カギになるのは教育であることは明らかです。
 関西創価学園の平和教育原点の碑には、「他人の不幸の上に自分の幸福を築くことはしない」との言葉が刻まれています。これは、関西創価中学・高校の第1回入学式の祝辞の中で述べられた言葉です。
 池田先生は青年に対して幾度もこの言葉を贈っています。


 「他人の不幸の上に自分の幸福を築くことはしない」


 まさに、横と縦の生命の連鎖を重視する仏法の根本的な理念(縁起感)を、実感の湧く現代的表現に昇華しているいえます。
 

 自他共の幸福を目指す仏法の生き方、創価学会の活動を広めていきたい!!