この人生
 溢れんばかりの
  勇気 持ち
 己が使命を
  断固と果たせや

 真の勇気にとっては なにごとも不可能ではないーこれは、若きアレクサンダー大王の大確信であった。
勝利の歴史は、勇気ある前進から生まれる。
 私たちが朝な夕なに読誦する法華経の方便品には、「勇猛精進」と説かれている。師・釈尊が弟子・舎利弗に、自ら過去世において「勇猛精進」を貫いてきたことを語られたのだ。
 さらに宝塔品では、未来世の大難のなか、妙法を持つ弘めゆく「勇猛精進」の弟子を、諸仏が誉め讃えると宣言されている。
 「勇猛精進」こそ、仏道修行の根幹であり、師弟不二の証しなのである。我ら仏勅の創価学会は、1930年(昭和5年)の11月18日の創立以来、初代も、二代も、そして三代も、「勇猛精進」で勝ってきた。これからも、永遠に勝ち抜いていくのだ。


大白蓮華2008年11月号 巻頭言
創価の魂は「勇猛精進」


*******


 人生で最も必要なこと――それは勇気。
 勇猛精進(ゆうみょうしょうじん)という言葉は、法華経の中で出てきます。大聖人も3度言及されています。

~~~~~~~

 法華経に云く「此の経は持ち難し若し暫くも持つ者は我即ち歓喜す諸仏も亦然なり是の如き人は諸仏の歎めたもう所なり、是れ則ち勇猛なり是れ則ち精進なり是を戒を持ち頭陀を行ずる者と名く」(御書42㌻)

~~~~~~~ 

 砕いて言えば、法華経という信じ持(たも)っていくことが難しいものを持っていくことを勇猛精進というんだと。

 どういう人間が唱題し、折伏し、法華経を持って弘めているのか。
 日蓮正宗の坊主たちは、折伏してんのかと。
 説法して法華講の人たちを教導しているといっても、自分は折伏しなくていいのかと。
 日蓮正宗内部の人間にだけ法華経を説いて、それで勇猛精進といえるのかと。
 
 日蓮大聖人直結の信心を継承していると自負する学会の幹部たるもの、絶対にそうであってはいけないと思います。
 勇猛精進でいきましょう!!


 勇猛精進の意義に関しては、先生も法華経方便品・寿量品講義の中で詳しく教えてくださっています。
 →「勇猛精進」