たゆみなく
 精進ありたる
  人こそが
 最後の勝利者
  永遠の勝利者

 日寛上人は、「勇猛精進」とは「信心唱題」であると示された。「依義判文抄」では「敢んで為すを勇と言い、智をつくすを猛と言う」「無雑の故に精、無間の故に進」と引かれている。すなわち、
 「勇」とは、勇んで行動すること。
 「猛」とは、智慧の限りを尽すこと。
 「精」とは、不純な雑じり気のないこと。
 「進」とは、間断なき前進また前進である。
 「日月天の四天下をめぐり給うは仏法の力なり」(1146㌻)と仰せの通り、妙法は天体をも動かしゆく本源のリズムである。
 その題目の音律を轟かせながら、苦難を乗り越え、たゆみなく前進しゆく生命は、大宇宙の最極の法則に合致していくのだ。

<中略>

勇猛の
精進ありて
勝ち戦
諸天を動かし
大河のごとくに


大白蓮華2008年11月号 巻頭言
創価の魂は「勇猛精進」


*******


 母に何度言われたかわからない。

――「唱題した人が勝つ」 「祈った人が勝つ」


 二乗的な合理的思考では、「勝つ」ってなんだよと突っ込みを(心の中でも実際にも)入れていた時期もありました。
 が、今となっては「ほぼ間違いない」と感じています。
 そこがまだ、圧倒的な体験に基づく絶対的な確信を掴んでいない僕の信心に対する確信の程度。
 
 でも、池田先生もおっしゃてるんだから、信じられる。
 僕の信心に対する確信は、先生がおっしゃているからという点で深くなっています。

 もっともっと確信を深めるために、目標を決めて、祈りを叶え、勝っていきたい。
 そして、僕の人間革命を通して、広宣流布を進めていきたい。
 自分も、家族も、友だちも、縁する人みんなを笑顔にしたい。幸せにしたい。

 だから、明日も祈ります!!!