作詞:山本 伸一
作曲:杉野 泰彦

一、
北海凍る厚田村
吹雪果て無く貧しくも
海辺に銀の家在りき
是ぞ栄(はえ)ある有る我が古城

二、
春夏詩情の厚田川
鰊(にしん)の波は日本海
松前藩主の拓(ひら)きしか
断崖屏風(だんがいびょうぶ)と漁村庭

三、
少年動かず月明かり
伝記と歴史の書を読みて
紅顏可憐に涙有り
正義の心の鼓動楽

四、
痛まし針の白髮に
不正に勝てと厚司(あつし)織る
母の祈りに鳳雛も
虹を求めて天子舞

五、
暖炉に語りし父も又
網を繕ひ笑顔皺(じわ)
権威の風に丈夫(ますらを)は
征けと一言父子の譜(うた)

六、
厚田の故郷(ふるさと)忘れじと
北風包みて美少年
無名の地より世の為に
長途の旅や馬上行
厚田の故郷忘れじと
北風包みて美少年
無名の地より世の爲に
長途の旅や馬上行
長途の旅や馬上行

※現代漢字に直しています。