「仏法は勝負」である。
 壮年部は、一家の柱、社会の柱、そして広宣流布の偉大なる黄金柱だ。
 皆様が厳然としているからこそ、婦人部も男女青年部も、安心して戦える。
 古代ギリシャの詩人ソフォクレスは誇らしく謳った。
 「男のもっとも尊い仕事は、もっているすべてを、力のすべてをつくして、人を助けるにあるのだ」(高津春繋訳)

随筆 新・人間革命
不屈の人間・壮年部


*******


 大切な人生を、「何のために生きるか」。この一点で、人の輝き、そして大きさは全く異なるものとなります。
 
 池田大作先生(創価学会名誉会長)は、様々な著作・スピーチ等を通して、「人のために」生きる人生のすばらしさを教えてくださっています。
 池田先生の生き方、優しさ、力強さに、人間として僕は惚れています。惚れきっています。

 友人が男惚れしている人に久しぶりに会ったことをきっかけに、「自分もそんな男になりたい」と言っていました。
 僕も激しく同意です。
 池田先生もそうですが、それと同じくらい、先生の弟子として生きる先輩たちのようになりたいと思ったからこそ、学会活動をしました。
 彼らは輝いていて、楽しく、大きく、心の底からあったかい人たちでした。
 そうなりたいと思えたからこそ、今の僕があります。
 
 「何のための人生か」、池田先生は「わが人生は、人への『励まし』」のためにあると決めていらっしゃいます。
 僕もそう生きます。みんなとそう生きたい。そこにあらゆる人の幸福も、平和もあると確信します。

 池田先生は、一家の柱、社会の柱たる壮年部に対して「もっているすべてを、力のすべてをつくして、人を助けるにある」との言葉を紹介してくださいました。
 青年部の僕たちも、いずれ壮年部として黄金柱となる使命をもっています。

 今日も、力のすべてをつくして生き抜きます!!

 
 エマソン曰く、

「全力をつくすのだ。それが君のすべてではないか!」