山本伸一は、今、創価学会という大ジェット機は安定飛行を続けているが、広宣流布の旅路には、熱原の農民信徒や牧口初代会長の時代のように、激しき乱気流も待ち受けていることを覚悟していた。
 しかし彼は、会長として、“断じて殉教者を出すような状況をつくってはならない。もしも殉難を余儀なくされるなら、私が一身に受けよう!”と固く心に誓い、必死に操縦桿を握っていたのである。

 だが、広宣流布を推進していくには、それぞれに死身弘法の覚悟が必要である。その決定した一念に立ってこそ、一生成仏も、宿命を転換することもできるのだ。
 死身弘法の覚悟とは、“人生の根本目的は広布にあり”と決めることだ。そして、名聞名利のためではなく、人びとに仏法を教えるために、自らの生活、生き方をもって、御本尊の功力、仏法の真実を証明していくのだ。

 広宣流布のために、“健康になります。健康にしてください” “経済革命します。経済苦を乗り越えさせてください” “和楽の家庭を築きます。築かせてください”と祈りに祈り、学会活動していくのだ。広布誓願の祈りは、仏、地涌の菩薩の祈りであり、それゆえに諸天を、宇宙の一切を動かしていく。


新・人間革命 常楽の章

*******

みなさん、いまどんなことを祈っていますか?
どんなふうに祈っていますか?

祈りには、たくさんの学会指導がありますよね。

「必ずこうします!という決意を込めて祈る」

「感謝を込めて祈る」

「師匠に誓願を立てて祈る」

「自分のことだけでなく人のことも祈る」

「細かく、具体的に祈る」

「紙に書いて祈る、御宝前に掲げて祈る」

「みんなと共有して祈る」

「100万遍を目標に祈る」


ぼくはよく「広宣流布のための祈りは叶う(叶いやすい)」という指導を聞きます。

御書の「法華経の行者の祈りのかなはぬことはあるべからず」という一節を言い換えると、法華経の行者=広宣流布に生き抜く者であり、広宣流布に生き抜く者の広宣流布のための祈りで叶わないことはないというように読めます。
そういう意味では、「広宣流布ための祈りは叶う」というのは全くその通りだと感じます。

恥ずかしながら、ぼくは叶わなかったなという祈りがいくつかあります。
それは実は「広宣流布のため」と思って掲げた祈りではなかったなーということをうっすら考えています。
というよりも、実際問題「広宣流布のため」って思ってちゃんと祈れているのか怪しいもんなのです。
毎日ふとした瞬間に、広宣流布のことなんか考えていない時間はたくさんあるわけです。
そんなぼくの境涯で叶う祈りはたかが知れているんじゃないかと思うのです。

だからこそ先生は、「祈りに祈り、学会活動していくのだ。」と祈りと学会活動に徹していくことをご指導してくださっています。
学会活動しているときは、すなわち広宣流布へ身も心も捧げている状態です。その状態が続けば続くほど、自然と生命、行動、思考、祈りは「広宣流布のため」へと染まっていく。
そうしてどんどん大きな祈りも叶っていく。


ともかくも、1日1時間の唱題をやっていきます!