広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

箴言

挑んでみせる

苦痛に耐えて 進むところに
 後悔がないことを知った僕は
  今日も 全精神を奮い起こして
   艱難(かんなん)に挑んでみせる 


『若き友へ贈る』


*******


 「全精神を奮い起す」
 
 そんなに簡単じゃないけど、そんなに難しく考えることもない。
 目標をしっかり心に入れて、祈る。動く。


*******


一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり所謂南無妙法蓮華経は精進行なり
(御書790㌻)


*******


 この御文通り、行くんだと。
 うんうん。唱題から出発!!
 
 勉強に全力!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

人間革命の絶対的要件

青春とは 苦悩の連続でいいと思う

 そこにのみ

人間革命の絶対的要件があるからだ


『若き友へ贈る』

すがすがしい笑い

 私は人生にはすがすがしい笑いがなくてはならないと思っている。さわやかな笑いは、まさしく“家庭の太陽”である。また人の喜びを心から喜んであげられるゆとりがほしい。そうした生き方のなかに一日一日すがすがしい何ものかが残っていくものである。人間のウラばかりを見ていこうとする生き方は、しょせん、ぎすぎすした暗い陰鬱な世界を広げるばかりであり、自身の敗北につながっていくだろう。


『人生抄』

ただ夢見る鑑賞者にはなりたくない

 僕は ただ夢見る鑑賞者になりたくない
 星座を仰ぎ
  砂丘の上を征く
   騎馬の人になりたい


『若き友へ贈る』

本物の恋

 恋愛のために、まわりと折りあいが悪くなり、仕事も手につかなくなって、自身がいい加減になってきたら、その恋は本物ではない。恋するがゆえに、生命が、生きいきと躍動し、仕事に張り合いが感じられ、まわりの人びとからも、いよいよ親しまれるようになったら、その恋は本物であると考えて、まず間違いなかろう。


『人生抄』


*******


 お互いの「生命が、生きいきと躍動し、仕事に張り合いが感じられ、まわりの人びとからも、いよいよ親しまれる」ようになっているかどうか。
 一つの判断基準として、大切にしたい。
 
 そんな恋をするには、自分がしっかりすると同時に、相手もしっかりしていなきゃ、ダメなんだろーな。
 
 
 僕がしっかりしてなかったからいけなかった。
 申し訳ない気持ちでいっぱい。
 お題目を送るばかり。
 そして感謝でいっぱい。
 

 ありがとう。
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: