広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

箴言

創大生に贈ることば

創大生に贈ることば


私は
侮辱を受けても
復讐など求めない!

しかし
絶対に大勝利者となりて
悪の確執に
決着をつけてみせる!


2005.10.8

自分に打ち勝つ勇気

 自分に打ち勝つ勇気をもつことである。人間というものは、自分のことに関しては、甘く、弱いものだ。ふだん強そうなことをいっていても、いざ自分のこととなると、いっていることの半分も実行できない。またよいことは自分の手柄にし、悪いことは他人のせいにする醜い面も、だれもがもっている。その弱い自分、醜い自分に打ち勝つことこそ、最大の勇気だといえる。


『人生抄』

結婚生活に大事なこと

 結婚生活にとって大事なことは、相手の立場になって考えるという姿であると思う。男性のエゴイズムと女性のエゴイズムが衝突しあう家庭は悲惨である。愛情とは、相互の理解のなかに育まれていくものである。二つの心が、一つに溶け合うなかに、つねに新鮮な生命が蘇っていくにちがいない。


『人生抄』

あらゆる角度から

 自分を愛する人が、一生を託するにふさわしい人であるかどうか、たんなる一時的な情熱だけで、長つづきしない人ではないかどうか、二人で仲よく、力を合わせて家庭を築いていけるかどうか。あらゆる角度から慎重に考え、判断をくだしていくべきであろう。そうした、あらゆる条件を考慮したうえで、もし、互いの愛情が十分に強いものであり、自信もあり、人びとからも祝福されるようなものであったならば、堂々と胸をはって結婚にゴールインするのが正しい。


『人生抄』

恋愛という滑走、結婚という離陸、上昇

 恋におぼれ、自己を見失ってしまうか、自己を客観視しつつ、恋を生かしきっていけるかが大事である。恋愛という滑走を経て、結婚という離陸、上昇の成否が決定されるのである。恋愛と結婚の激動は、長い人生航路のスタートである。行く手に、いかなる嵐や気流の乱れがあろうと、びくともしないだけの機体整備を飛び立つ前にしっかり、二人の力でやっておくように願いたい。


『人生抄』
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: