広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

随筆 新・人間革命

嵐の「4・24」 断じて忘れるな!学会精神を

 1979年(昭和54年)の4月24日――。
 この日、私は、19年間にわたって務めた、創価学会第三代会長を退き、名誉会長となった。
 全国の、いや、全世界の同志は、その発表に、愕然として声をのんだ。
 その背後には、悪辣(あくらつ)なる宗門の権力があり、その宗門と結託した反逆の退転者たちの、ありとあらゆる学会攻撃があった。
 なかんずく、私を破壊させようとした、言語に絶する謀略と弾圧であった。
 正義から転落した、その敗北者たちは、今でも、その逆恨みをはらさんと、卑劣な策略を続けている。これは、ご存じの通りである。

 御聖訓には、随所に説かれている。
「法華経の行者は諸々の無智の人のために必ず悪口罵詈等の迫害を受ける」と(趣旨、140頁等)。
 広宣流布の闘争のゆえに、悪口罵詈されるのが、真の法華経の行者といえるのである。
さらに「佐渡御書」には、「賢人・聖人は罵詈して試みるものである」(通解、958頁)と。
 真実の信仰者は、罵詈され、讒言され、嘲笑されて、初めてわかる。

 畜生のごとき坊主らの暴圧による、わが友たちの苦悩を、悲鳴を、激怒の声を聞くたびに、私の心は血の涙に濡れた。
 心痛に、夜も眠れなかった。
 私は、けなげな創価の同志を守るため、一心不乱に、僧俗の和合の道を探り続けた。   
 しかし、後に退転した、ある最高幹部の不用意な発言から、その努力が、いっさい水泡に帰しかねない状況になってしまったのである。
 それは、最初から、学会破壊を狙っていた仮面の陰謀家どもの好餌となった。
 坊主らは、狂ったように「責任をとれ」と騒ぎ立てた。

 私は苦悩した。
 ――これ以上、学会員が苦しみ、坊主に苛(いじ)められることだけは、防がねばならない。
 戸田先生が「命よりも大事な組織」といわれた学会である。
 民衆の幸福のため、広宣流布のため、世界の平和のための、仏意仏勅の組織である。
 私の心中では、一身に泥をかぶり、会長を辞める気持ちで固まっていった。
 また、いずれ後進に道を譲ることは、何年も前から考えてきたことであった。

 ある日、最高幹部たちに、私は聞いた。
「私が辞めれば、事態は収まるんだな」
 沈痛な空気が流れた。
 やがて、誰かが口を開いた。
「時の流れは逆らえません」

 沈黙が凍りついた。
 わが胸に、痛みが走った。
 ――たとえ皆が反対しても、自分が頭を下げて混乱が収まるのなら、それでいい。
 実際、私の会長辞任は、避けられないことかもしれない。
 また、激しい攻防戦のなかで、皆が神経をすり減らして、必死に戦ってきたこともわかっている。
 しかし、時流とはなんだ!
 問題は、その奥底の微妙な一念ではないか。
 そこには、学会を死守しようという闘魂も、いかなる時代になっても、私とともに戦おうという気概も感じられなかった。
 宗門は、学会の宗教法人を解散させるという魂胆をもって、戦いを挑んできた。それを推進したのは、あの悪名高き弁護士たちである。
 それを知ってか知らずか、幹部たちは、宗門と退転・反逆者の策略に、完全に虜になってしまったのである。
 情けなく、また、私はあきれ果てた。

 戸田会長は、遺言された。
「第三代会長を守れ! 絶対に一生涯守れ! そうすれば、必ず広宣流布できる」と。
 この恩師の精神を、学会幹部は忘れてしまったのか。なんと哀れな敗北者の姿よ。
 ただ状況に押し流されてしまうのなら、一体、学会精神は、どこにあるのか!

 そんな渦中の、4月12日、私は、中国の周恩来総理の夫人であるトウ穎超(とうえいちょう)女史と、迎賓館でお会いした。
 その別れ際に、私は、会長を辞める意向をお伝えした。
「いけません!」
“人民の母”は笑みを消し、真剣な顔で言われた。
「まだまだ若すぎます。何より、あなたには人民の支持があります。人民の支持のあるかぎり、やめてはいけません。一歩も引いてはいけません!」
 生死の境を越え、断崖絶壁を歩み抜いてこられた方の、毅然たる言葉であった。

 やがて、暗き4月24日を迎えた。火曜日であった。
 全国の代表幹部が、元気に、新宿文化会館に集って来た。
 しかし、新たな“七つの鐘”を打ち鳴らす再出発となるべき、意義ある会合は、私の「会長勇退」と、新会長の誕生の発表の場となってしまったのである。
 大半の幹部にとって、まったく寝耳に水の衝撃であった。
 私は途中から会場に入った。
「先生、辞めないでください!」「先生、また会長になってください!」
「多くの同志が、先生をお待ちしております!」などの声があがった。
 皆、不安な顔であった。
「あんなに暗く、希望のない会合はなかった」と、後に、当時の参加者は、皆、怒り狂っていた。
 私は、厳然として言った。
「私は何も変わらない。恐れるな!
 私は戸田先生の直弟子である! 正義は必ず勝つ!」と。

 あまりにも 悔しき この日を 忘れまじ
   夕闇せまりて 一人 歩むを

 これは、4月24日に記された日記帳の一首である。
 わが家に帰り、妻に、会長を辞めたことを伝えると、妻は、何も聞かずに「ああ、そうですか……。ご苦労様でした」と、いつもと変わらず、微笑みながら、迎えてくれた。



随筆 新・人間革命79
聖教新聞1999.04.27


*******


 昔、学生部本部牙城会の指導会で、「4・24、絶対に忘れちゃいけない日だ」と、当時の学生部指導部長があまりに真剣な面持ちで言っていたのが忘れられません。
 弟子が負けたからこそ、先生がここまで悔しい思いをしなければならなかった。
 この時と同じ、あるいはもっと厳しい状況が、激しい時流の逆巻きが間違いなくある。
 そのときに、「先生の命よりも大切な学会を護るのか」それとも「自分を守るのか」。
 人を見るときいつも思うのは、「僕が一番大変なときに駆けつけてくれる友かどうか」と、そして「いざという時に、学会を護る人か、自分を守る人かどうか」。
 心の底から信用できるかどうかは、それにかけています。

 僕自身、絶対に友を裏切らない、学会を護り抜くリーダーとなりたい。そうやって生き抜きたい。

新生のリーダー

 新しき時代の歯車は、勢いよく回り始めた。
 青年部の第一線組織の役職名が変わり、男子部の班長は「ニュー・リーダー」に、女子部のブロック長は「ヤング・リーダー」に、学生部の班長は「ビクトリー・リーダー」の新名称になってから、間もなく一カ月を迎える。
 それぞれが「初代」「先駆者」の誇りに燃え、「新生」の心で、はつらつと活動を開始していると伺った。
 その報告が何よりも嬉しい。

 ◇
 
 この新しい名称には、私の願いが込められている。
 男子部の「ニュー・リーダー」には、新しき世紀を担う、新しき指導者にとの熱い期待がある。
 二十一世紀は、まさに君たちの腕にあるからだ。
 また、女子部の「ヤング・リーダー」の「ヤング」には、「若い」というだけでなく、「清新な」「青春時代の」との意味もある。
 常に組織に清新の息吹を巻き起こし、幸福と友情のスクラムを広げゆく、”誉れの青春”のヒロインにというのが、私の願いである。
 そして、学生部の「ビクトリー・リーダー」は、広布の勝利の決定打を放つ使命を担った人である。
 断じて勝ち、人間主義の夜明けを――と、私は日々、祈り念じている。

 ◇

 大樹を支えているのは根である。根は地中にあって幾つにも分かれ、さらに、広く、深く張り巡らされ、その一本一本が、水分や養分を吸い上げていく。
 根が強く、伸び続けていれば、木は生長し続け、緑の葉を茂らせる。しかし、根が腐れば大樹も倒れる。
 大樹は学会である。そして、一本一本の根こそ、最前線の組織を守る、君たち、あなたたちなのだ。
 地中にある根は見えない。同じように、毎日の活動は地味かもしれない。だが、その地道な実践こそが、広布を支える生命線であり、自身の大成長の原動力となるのだ。

 ◇

 戸田先生は、青年部の最前線で戦うリーダーを、最も大切にされ、育成に力を注がれた。
 「新しき世紀を創るものは、青年の熱と力である」で始まる、あの有名な「青年訓」も、当初は、第一線の闘将である、班長に与えられたものであった。
 私も班長であり、この「奮起せよ! 青年諸氏よ。闘おうではないか! 青年諸氏よ」との先生の呼びかけに、奮い立ったのである。
 ”同じ戦うなら、後世永遠に輝く、班長の模範、青年の模範をつくろう!”
 それが、弟子としての私の誓いであった。

 ◇

 「青年訓」が最初に聖教新聞に発表されてから約一カ月後の、一九五一年(昭和二十六年)十一月、学会の第六回総会で、私は男子部を代表し、「青年の確信」と題して、決意を発表した。
 「じつにじつに宗教革命の道のいかに苦難であるかは、覚悟のうえです。また、この革命を遂行することも、いな革命は死であることも、自覚しております」と。
 さらに、戸田先生の心を心として、新しい世紀を建設せんと宣言した。
 総会終了後、先生が、私の決意を称えてくださった。
 そして、漢詩を書いてくださった。
 真玉(しんぎょく)は焼けども熱せず
 宝剣は拗(ま)げれども折れず

 ◇

 そのころ先生の会社は、再建の緒についたばかりで、師の事業のいっさいを陰で支えていた私は、多忙に多忙を極めていた。帰宅は、連日、深夜である。
 しかも、胸を病み、微熱にさいなまれ続けていた。
 だが、私は戦い抜いた。
 工夫に工夫を重ねて、活動の時間をつくり出しては、座談会に、折伏に、個人指導に、力の限り走った。
 一九五一年七月の男子部結成時には、部員十人であったわが池田班は、年末には、三十一人にまで拡大した。
 会長になられた戸田先生のもと、私は、緒戦の勝利を飾ったのである。
 勝利の実証を示してこそ、まことの弟子である。
 役職や立場ではない。また、口先だけの決意でもない。現実に何をなしたかが、広布を、そして、自身を荘厳しゆくのだ。
 この班長時代の苦闘が、私の人生の最高最大の財産となっている。

 ◇

 最前線の組織こそが、広宣流布の主戦場である。
 そこにこそ、仏道修行の道場がある。その勝利のなかに、創価の燦然たる未来がある。
 二十一世紀を頼む。
 学会を頼む。
 わが愛する青年部員を頼む。
 私は、皆さんの大成長をひたすら祈り、待っている。


随筆 新・人間革命41
新任のリーダー
――最前線こそ「広布の主戦場」――
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: