広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

青年部幹部会

人生と社会の堂々たる大勝利者と

 日蓮大聖人は、若き南条時光に「願くは我が弟子等・大願ををおせ」(御書1561㌻)と仰せになられました。
 戦後、19歳で入信した私が、命に刻んだ御聖訓です。
 当時、無数の青年の尊き命を奪った戦争の傷跡は、あまりにも深かった。わが家も空襲で破壊され、私自身も肺病で苦しみました。しかし偉大な戸田先生の弟子として、私は広宣流布の大願に立ち上がった。
 ありとあるゆる難を受けながら、妙法を持った一人の青年がどれだけ強くなれるか、どれだけ民衆の幸福に尽くし、世界の平和のために仕事ができるか、悔いなき歴史を残してきました。
 何ものにも負けない、この「人間革命」の勇気の力を、私は後継の青年に譲り託します。
 君たちは勝つために生まれてきた。
 皆を幸福にするために生まれてきた。
 一人ももれなく、妙法とともに、学会とともに、明るく充実した青春を生き抜き、人生と社会の堂々たる大勝利者となっていただきたい。


2010.11.3
青年文化総会へのメッセージ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

中途半端でなく わが道に徹せよ

 きょうは、日本の、そして世界的な芸術家も集まっておられる。
 芸術部の皆様、そして、スポーツ界で奮闘される皆様、ご苦労様です!
 皆さんの姿を見ると、元気になる。さらなるご活躍を、大勝利を、全同志が一生懸命、祈り待っています。心から応援しています。
 もちろん、人生には、勝てない時もある。苦難に押しつぶされそうな時もあるだろう。
 しかし、「心」は断じて負けてはならない。「将来」は断じて負けてはならない。勝つための仏法である。
 格好ではない。まずは真剣に題目をあげてあげてあげ抜くことだ。
 題目を唱えれば、生命力がわき上がり、表情もパッと明るくなる。ジェット機のように、ぐんぐんと上昇することができる。“生命のエンジン”が勢いよく回転していくのである。
 何事も一番を目指せ! 自分に勝て! 「どうだ! わが勝利を見よ!」と胸を張れる歴史をつくるのだ。そう言える人生は、気持ちがいい。
 信心半分、仕事半分という中途半端では、絶対にだめだ。自ら決めた栄光の目標に向かって、信心に徹し抜き、仕事も練習も、徹し抜くのだ。その人が勝つ。最後に勝つ。
 勝とう! わが使命の本舞台で!


2007.9.22
第1回全国青年部幹部会


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ に参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

就職

 おうおうにして、親が社会的に偉くなると、子どもにしっかりと信心をさせない場合がある。
 学会のおかげで福運をつけ、偉くなったにもかかわらず、その恩を忘れてしまうのか。または社会に見栄をはってしまうのか。
 私事で恐縮だが、我が家では、絶対にそうさせなかった。恩師・戸田先生の指導通り、信心根本、学会中心の生き方を子どもたちに教えてきた。
 就職先を考える際にも、妻は子どもたちに「有名な企業などに行くことも反対はしないが、創価学会のために働きなさい。絶対に創価学会の組織から離れてはならない。また、できることならば、創価学会に尽くしていけるところで働かせてもらいなさい。これが一番のご恩返しであり、広宣流布につながる道だからです」と話していたようだ。
 もちろん、企業がいけないと言っているのではない。皆が学会の関連の職場で働く必要もない。要は、精神である。
 「見えっぱりには本当の信心はできない」ということである。
 社会的に偉くなればなるほど、その分、感謝して広宣流布に一層、尽くしていくのが本当の信心ではないだろうか。


1999.1.18
全国青年部幹部会でのスピーチ

更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: