広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

『創立者とともに』

「約束を守る」人、「誓いを果たす」人

 決意はたやすい。が、それを実現することは容易ではない。
 反逆者たちも、皆、口がうまかった。それぞれに立派な決意を述べていたが、結局、裏切っていった。
 口ではない。行動である。結果である。事実である。
 一旦、約束したことは必ず実行する――これが私の、また恩師戸田先生の精神である。
 また国際社会における信義の根幹でもある。
 口先だけでは通用しない。その場しのぎの言葉や、ソロバン勘定だけではかえって信頼を失ってしまう。軽蔑の対象となる。
 日本が国際社会において信用を得られるかどうかも、結局、こうした基本を大切にしているかどうかにかかってこよう。
 私は世界に多くの友人をもっているが、一流の人は皆、約束を違えない。私も、同じ信念できた。だから互いに安心し信頼できる。ゆえに、多くの友情が花開き、実を結んできた。
 「約束を守る」人が人間として一番偉い人である。「誓いを果たす」人が、一番苦しそうに見えて、一番幸福な人である。


『創立者とともに』VOL.1
1991.5.5
創価教育同窓の集い


*******


 一番できてないことだ。

 やばいなー。

 
 最後には勝つ、最後には勝つ、最後には勝つ!!!

 行動!行動!!行動!!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ に参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

教育の核心

 「志」が「人」をつくる。大きな志は大きな人生をつくる。教育の核心は、その「志」をどう引き出し、力を発揮させるかにあろう。


『創立者とともに』VOL.1
1991.5.5
創価教育同窓の集い


*******


 日本一 人を励ます弁護士
 日本一 組織を強くする弁護士になる。


 こんな大きな夢を持てるようになったのは、創価学園、創価大学、池田先生のもとで教育を受けたから。
 
 あとは力を発揮する!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ に参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

「あの、わが学園時代ほど、人は偉大には生きられない」

 最後に、パブリック・スクールの最名門校とされるイートン校を出た、あるイギリス首相の言葉を紹介したい。
 「のちの人生で、どんなに成功しようと、どんな満足や大望が達せられようと、どんな勝利が得られようと、あのイートン校の第六学年の生徒だった昔ほど、人は偉大にはなれない」――。
 社会的成功や勝利は、華やかに見えるかもしれない。地道な忍耐の「学びの時代」は、つまらないように思えるかもしれない。しかし、そうではない、と。
 むしろ、この「学びの庭」にこそ、偉大なる光があった。偉大なる可能性があり、希望があり、偉大なる魂の力があった。生命の輝きがあった。瞳が理想に燃えていた。「人間」として美しく崇高であった――。
 “結果”は大事である。しかし、そこへ向かう“プロセス(過程)”は、ある意味で、結果以上に大切である。
 その人が何をしようとしているのか。何を願い、目指し、どう未来へと生きているのか。その“因”としての姿にこそ、何ものにもかえがたい人生の躍動がある。その人の「人間として」の精髄がある。
 その意味で、大いなる希望に生きる「青年」は、いわゆる成功者よりも、いかなる権力者や富豪よりも、優れた宝をもっている。
 皆さんもまた、「あの、わが学園時代ほど、人は偉大には生きられない」と言い切れる、誇り高き三年間、また六年間を勝ち取っていただきたい。
  そして偉大なる先輩に続き、偉大なる後輩のために、偉大なる「人格」と「英知」を鍛えゆく日々であってほしいと念願し、晴れの日の、祝福のスピーチとしたい。


『創立者とともに』VOL.1
1991.4.8
創価中学・高校第24回、関西創価中学・高校第19回入学式


*******


 ロースクール生活、「あんときほどは偉大には生きられない」って言い切れるようにしたい。
  
 うん。

 
 する!!!

“創立者はかく生きた”

 偉大な人間は寸暇を惜しんで仕事をする。決して横着はしない。立場が上になっても、ただ要領よく立派そうな姿を見せるだけでは、信頼されるはずがない。虚像にすぎない。
 何より、一生は短い。限られた時間をどれだけ充実させることができるか――そこに人生の真の勝負も決まってくる。だから私も働いている。人の何倍の仕事ができるか、平々凡々のみの人生の十倍、二十倍、百倍の価値を、この一生でどう創り、残していけるか。
 それはまた、“創立者はかく生きた”“これほどまでに戦い、働き抜いた人間がいた”との歴史を、諸君のため、後世のために示しきっておきたいからである。


1991.7.17
創価中学・高校第24回栄光祭、関西創価小学・中学・高校合同第4回学園祭

勝利と敗北、幸福と不幸の分かれ目

 「自分なんかもう駄目だ」と思うような瀬戸際の時が、諸君にもあるにちがいない。じつは、その時こそが、自身の新しい可能性を開くチャンスなのである。人生の勝利と敗北、幸福と不幸、その分かれ目が、ここにある。
 「自分」という人間を決めるのは、だれか――。自分である。「自分」という人間をつくるのは、だれか。これも結局は自分以外にない。他人の目や言動に一喜一憂する弱さは、それ自体、敗北に通じる。
 ロダンは、その後二十年にもわたり、彫刻家の助手、建築彫刻、石膏取りなど下積みの仕事を重ねながら、徹底して勉強し、実力をつけていった。
 ほめてくれる人は、だれもいない。苦労して作った作品も、少しも売れない。貧しい身なりのため、図書館から本の貸し出しも制限されてしまう。
 しかし、わが道を定め、行動に撤しゆく人の心は、どんな境遇に置かれても、きょうの青空のように晴れやかである。
 下積みもなく、歯をくいしばるような辛苦もなく、簡単に得られた名声や成功は、ホタル火のようにはかない。人間としての黄金の光を放つことはできない。労苦こそが自身の不滅の「人格」を磨くのである。
 ロダンはのちに、こう振り返っている。「仕事さえしていれば決して悲観しなかった。いつでも嬉しかった。私の熱心さは無眼でした。休む間もなく勉強していました。勉強がいっさいを抱擁していたのです」(『ロダンの言葉抄』高村光太郎訳、岩波書店)と。
 努力即幸福である。努力即勝利である。とともに、後年、ロダンは、弟子たちに“青年は焦ってはならない”と繰り返し教えていたという。「一滴一滴、岩に食ひこむ水の辛抱強さ」(『高村光太郎全集』第七巻〈ロダンの生涯〉、筑摩書房)を持たねばならない、と。これは芸術部のみならず、万般にわたって、大事を成しゆくためのポイントであろう。
 岩に刻む忍耐で、鍛えの青春を送った人は、年とともに光ってくる。「人格」が輝き、「知性」が輝く。「精神」の果実の豊かな味わいがでてくる。その人こそ、真の栄光の人である。


1990.3.16
関西創価中学・高校第15回卒業式、創価中学・高校第20回卒業式
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: