日蓮大聖人は「持(たも)たるる法だに第一ならば、持(たも)つ人随って第一なるべし」と御断言です。
 君たちが、若くして持った、この日蓮仏法は――
 大宇宙の根本の「法則」です。生命尊厳の真髄の「哲学」です。
 そして、いかなる戦いにも断じて打ち勝てる、無敵の「兵法」です。
 いまは悩みのなか、悪戦苦闘の日々のなかにいるかも知れない。
 しかし、ひとたび、この世界第一の仏法を持ったならば――
 君たちは、人間として最も正しい道を歩む青年です。
 いかなる苦難にも絶対に負けない、必ず勝利できる青年です。
 社会に貢献し、正義の時代を創る青年です。世界一の青年なのです。
 君たちに、古代ローマの信念の哲学者セネカの言葉を贈りたい。
 「人は勇敢であればあるほど幸せである」と。
 勇気は明るい。勇気は朗らかです。信心とは究極の勇気です。
 本陣学生部は、第一に勇敢であれ!第二にも勇敢であれ!


2006.12.3
学生部本部牙城会入卒団式へのメッセージ