広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

一念

“誓願”の唱題

 “この人は自分なりに、一生懸命に働いてきたにちがいない。しかし、誰もが一生懸命なのだ。それだけで良しとしているところに、「甘さ」があることに気づいていない”
 伸一は、力強く語り始めた。
 「まず、同じ失敗を繰り返さないためには、なぜ、不作に終わってしまったのか、原因を徹底して究明していくことです。成功した人の話を聞き、参考にするのもよいでしょう。そして、失敗しないための十分な対策を立てることです。真剣勝負の人には、常に研究と工夫がある。それを怠れば成功はない。信心をしていれば、自分の畑だけが、自然に豊作になるなどと思ったら大間違いです。仏法というのは、最高の道理なんです。ゆえに、信心の強盛さは、人一倍、研究し、工夫し、努力する姿となって表れなければなりません。そして、その挑戦のエネルギーを湧き出させる源泉が真剣な唱題です。それも“誓願”の唱題でなければならない」
〈中略〉
 「“誓願”というのは、自ら誓いを立てて、願っていくことです。〈中略〉日蓮仏法の祈りは、本来、“誓願”の唱題なんです。その“誓願”の根本は広宣流布です。
 つまり、“私は、このブラジルの広宣流布をしてまいります。そのために、仕事でも必ず見事な実証を示してまいります。どうか、最大の力を発揮できるようにしてください”という決意の唱題です。これが私たちの本来の祈りです。
〈中略〉
 仕事は生活を支える基盤です。その仕事で勝利の実証を示さなければ、信心即生活の原理を実証することはできない。どうか、安易な姿勢はいっさい排して、もう一度、新しい決意で、全魂を傾けて仕事に取り組んでください」
〈中略〉
 伸一は、農業移住者の置かれた厳しい立場をよく知っていた。そのなかで成功を収めるためには、何よりも自己の安易さと戦わなくてはならない。敵はわが内にある。逆境であればあるほど、人生の勝負の時と決めて挑戦し抜いていくことである。そこに御本尊の功力が現れるのだ。ゆえに逆境はまた、仏法の力の証明のチャンスといえる。


『新・人間革命』開拓者の章


*******


 今の自分には、本当に本当に耳の痛い言葉でした。
 結果が全ての資格試験。
 
 勝ちたい、きっと勝てるはず、そう自信を持っていたつもりでしたが、それは砂上の楼閣のような儚い拠り所でした。
 人より努力せずに、人より工夫せずに、最難関の相対評価の試験で絶対に勝てるわけがないのに、そこに正面から向き合わず、自分なりにがんばることで良しとしていた自分がいました。

 
=======

中島敦『山月記』より

己(おのれ)の珠に非ざることを惧(おそ)れるが故に、敢て刻苦して磨こうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々(ろくろく)として瓦に伍することも出来なかった。己(おれ)は次第に世と離れ、人と遠ざかり、憤悶と慙恚(ざんい)とによって益々己(おのれ)の内なる臆病な自尊心を飼いふとらせる結果になった。人間は誰でも猛獣使であり、その猛獣に当るのが、各人の性情だという。己(おれ)の場合、この尊大な羞恥心が猛獣だった。虎だったのだ。これが己を損い、妻子を苦しめ、友人を傷つけ、果ては、己の外形をかくの如く、内心にふさわしいものに変えて了(い)ったのだ。今思えば、全く、己は、己の有(も)っていた僅かばかりの才能を空費して了った訳だ。人生は何事をも為さぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、事実は、才能の不足を暴露するかも知れないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己の凡(すべ)てだったのだ。己よりも遥かに乏しい才能でありながら、それを専一に磨いたがために、堂々たる詩家となった者が幾らでもいるのだ。虎と成り果てた今、己は漸(ようや)くそれに気が付いた。それを思うと、己は今も胸を灼かれるような悔を感じる。


※『山月記』は1969(昭和44)年9月20日初版発行から50年が経過し、著者は亡くなっています。
青空文庫でテキストが公開されています。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/card624.html

=======


 高校1年の時だったか、『三月記』を読んで、抜き書きした一節です。
 「こうなっちゃいけない」という戒めのために。


 今月の本幹、創大時代からの親友のがんばりで、友人を本幹に連れ出し、一緒に勤行することができました。
 3人でお互いの祈りを共有して、唱題することができたのは大きな前進でした。
 本幹の親子活動体験も凄く心に響きました。

 それもこれも、真剣な題目があったからこそなんだと思います。
 
 
 7/26とその1ヶ月後に、人生左右する大事な試験。

 “誓願”の唱題で、一日一日、勝利の因を積み重ねていくこと。
 人生の勝負の時と決めて、挑戦し抜いていきます!!
 自分磨いていきます!!

先生の構想は、必ず実現してみせる!

 人生の戦いも、広布の活動も、すべては強き決意の一念によって決まる。
 敗北の原因も、障害や状況の厳しさにあるのではない。自己自身の一念の後退、挫折にこそある。
 山本伸一が会長に就任して以来、未曾有の弘教が成し遂げられてきた源泉も、彼の確固不動なる一念にあった。それは戸田城聖の弟子としての、誇り高き決定した一心であった。
“先生の構想は、必ず実現してみせる!”
 それが、伸一の原動力であり、彼の一念のすべてであったといってよい。
 伸一には、障害の険しさも、状況の難しさも、眼中になかった。困難は百も承知のうえで、起こした戦いである。困難といえば、すべてが困難であった。無理といえば、いっさいが無理であった。
 人間は、自らの一念が後退する時、立ちはだかる障害のみが大きく見えるものである。そして、それが動かざる“現実”であると思い込んでしまう。実は、そこにこそ、敗北があるのだ。いわば、広宣流布の勝敗の鍵は、己心に巣くう臆病との戦いにあるといってよい。
 伸一は今、一人ひとりの一念の変革を成そうとしていた。人間革命といっても、そこに始まるからである。


『新・人間革命』仏法西還の章

→この言葉の一節全てはコチラ

ブルーハワイ

 青は不思議な色だ。
 青は、いつも「遠く」にある。
 海の青は、手ですくったとたんに、消え去る。空の青は、近づいても近づいても、透き通るばかり。
 水の重なりが海の青になり、空気の重なりが空の青になり、青はいつも「遠く」にある。
 だから、ノヴァーリスは「青い花」を理想の象徴にしたのだろう。
 だから、メーテルリンクは「青い鳥」を幸福の象徴にしたのだろう。
 青――そのように平和も遠くにあるのだろうか。行けども行けども届かない夢のようなものだろうか。そうかもしれない。
 しかし、その「はるかなる夢」に向かって歩み続ける精神力にこそ、人間の人間としての栄光があるのだ。
 「赤は生命の色」「青は精神の色」と言われる。
 精神の力とは、理想に向かって「断じて、あきらめない」力だ。岩をも砕く波のように、障害が大きければ大きいほど、いよいよ大きな力を出せ!

 訪問中、「マウイ研修センター」の開所式をした。センターは、皆の手作りである。友は手を血豆だらけにして、原生林のような荒れ地を整地し、ユーカリの木を植え、木造二階建ての平和のセンターを建設した。何と尊(たっと)い「精神力の勝利」か。
 何でも「手作り」にこそ魂がこもり、不滅のものができていく。
 私が世界への第一歩をここハワイに踏み出したときも、お膳立てされているものなど何一つなかった。「すべて手作り」で、ここまできた。

 精神の力は無限である。その限りないエネルギーは、万人の胸の奥に、ひろびろと広がっている。大海のように、大空のように。
 だから、海を見るとき、わが内なる潮騒が鳴る。空を仰ぐとき、わが内なる永遠が羽ばたく。
 その内と外との交響の色が「青」なのだ。
 はるかなるもの、永遠なるもの、いのちの根源にある偉大なるものが目覚める――その魂の輝きが「青」なのだ。


2000.3.12
池田名誉会長の写真紀行 光は詩う
第20回 ブルーハワイ(抜粋)


*******


 創価学園のスクールカラーである「青・黄・赤」は、それぞれ「英知・栄光・情熱」の意義があります。
 創価学会の三色旗の「青・黄・赤」は、それぞれ「平和・栄光・勝利」の意義があります。

 余談ですが、僕は学生部本部牙城会という人材グループで世界青年会館と創価旭日会館の会館警備を担当するという訓練を受けさせて頂いたので、「赤」が大好きです。牙城会のシンボルカラーは「赤」なのです(朱色とも言えるかもしれませんが…)。
 「青」は永遠のライバルである創価班のシンボルカラーになっています。

 ともあれ、東京に住んでる僕にとっては、八王子は緑が多いと言っても、「青」が一番大きく、一番目にする色と言えるかもしれません。
(僕は普段から結構上向きに生きてるので、あまり下のコンクリートは見ません☆)
 空の「青」が持つ爽やかさは、心まで澄み渡らせてくれる気がしますよね!!

 昨日、創価学園でスクールカラーの「青」が意味する英知を冠した記念日、「英知の日」の記念式典がありました。
 7年前、高校3年生のとき、「英知の日」に向けて、それまでの「英知の日」記念式典での創立者のスピーチを研鑽する機会があり、たくさんのスピーチを読んだのを思い出します。
 あのとき、僕の「精神」の土台は、知らず知らず築かれていたんじゃないかと思います。
 
 今でも、僕の生きる道は、あのとき決めたものとほとんど変わっていないから。

祈りとは、燃え上がる生命の勝利の炎

 「祈り」とは、観念ではありません。燃え上がる生命の勝利の炎です。この一念の炎があれば、祈った瞬間、生命はすでに勝っている。「百千年くら(暗)き所にも燈(ともしび)を入れぬればあか(明)くなる」(御書1403㌻)と仰せの通りです。


御書と師弟



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ に参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

自分が責任をもつ

 食事をしながら、十条が伸一に尋ねた。
「沖縄の同志は、本当に、はつらつとしているし、功徳と歓喜にあふれている。また、大変な発展をしています。海外ということで、本部の指導の手もあまり入らなかったのに、どうしてなんでしょうか」
「沖縄のメンバーは、沖縄を幸福にするのは、自分たちしかいないと自覚して頑張ってきた。人に言われてやっているのではなく、それぞれが広宣流布の主体者の使命と責任を感じている。だから、歓喜がわき、功徳も受け、発展もするんだよ」
「なるほど。主体者としての自覚の如何ですね」
 相槌を打ちながら、十条が語り始めた。
「実は、私は海軍兵学校におりました時に、よくカッターの帆走をやりましたが、どうしても舟に酔うものが出ます。ところが、カジをとらせると酔わないのです。
 自分がやるしかないという責任感と緊張感によるものと思えます。結局、舟に酔うのは、自ら舟を操ろうというのではなく、舟に乗せられているという、受け身の感覚でいるからだということを学びました」
 伸一は十条の話を聞くと、面白そうに頷いた。
「そうかもしれない。広布の活動を推進するうえでも、自らが責任をもってカジをとろうとするのか、それとも、ただ舟に乗せられている乗客になろうとするのかによって、自覚も行動も全く違ってくる。
 乗客のつもりでいれば、何かあるたびに舟が悪い、カジ取りが悪いということになって、グチと文句ばかりが出る。それでは、自分を磨くことはできない。
 私は戸田先生の会社に勤めた時から、先生の会社も、学会のことも、すべて自分が責任をもつのだと決意した。当時は、職場でも一介の社員に過ぎなかったし、学会でも役職はなかった。しかし、立場の問題ではない。自覚の問題です。
 そう決意した私には、給料が遅配になっても不平など微塵もなかった。また、自分の部署を完璧なものにするだけでなく、常に全体のことを考えてきた。それが現在の私の、大きな力になっていると思う」


『新・人間革命』先駆の章


*******


 大好きな先輩の話を聞いていて、大河の章の一節とともに思い出した一節。
 自分にもう一度言い聞かせ、生命に刻んでくつもりで投稿。

 どんな組織、どんなメンバーの中にあっても、立場に関係なく、「主体者」としての「責任感」持って生きなきゃつまらない。
 「いてほしい人」になるって意味でも!!

 一番楽しいのは、やっぱり自分が責任をもって勝っていく、みんなの笑顔をつくってくってことだと思う!
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: