広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

一念三千

最強

 「一念三千」こそ、仏法の真髄の極理だ。
 真剣に祈れば、智慧が湧く。
 真剣に動けば、道は開ける。
 真剣に語れば、敵も味方に変わる。
 真剣に戦えば、必ず諸天善神の守護が現れる。
 妙楽大師が「必ず心の固きに仮りて神の守り則ち強し」と記された通りだ。
 策でもなければ、要領でもない。「法華経の兵法」に徹して戦い抜く執念こそが、最強なのだ。


大白蓮華2006-7巻頭言
「人生は真剣勝負なり」


*******


真剣!!
これしかない!!
昨日よりも真剣に!!
明日ために真剣に!!
今を真剣に!!

「自身」が変われば「世界」が変わる

 自身の心に赫々と正義の太陽が輝いている人は、いかなる困難、いかなる苦悩の闇の中に飛び込んでいっても、希望を失うことはありません。
 むしろ自らが人々の苦悩の闇を照らす光源となり、希望の光を放ち、人々の不安を除き、勇気を与えていけるのです。
 「自身」が変われば「世界」が変わる。
 「我が一念の変革」が、すべての変革の鍵なのです。これが「人間革命」です。
 そして、誰にでも、その変革の力が具わっている。この生命の真実に気づけば、いつでも、どこでも、どのような状況にあっても、その力を現実に開き顕していくことができます。
 仏法が「変革の宗教」であることを明示した法華経の理念に基づき、偉大なる「変革の道」を万人に開いた教えが、日蓮大聖人の仏法です。そして、この「変革の道」の根幹となる実践が、唱題行なのです。


『一生成仏抄講義』

“こうしてみせる”

 「一念三千の仏法だ。まず“こうしてみせる”と決めなさい。
 広宣流布のいかなる闘争も、一人一人の宿命転換と人間革命の戦いだ。
 大変だからこそ、偉大な勝利がある。
 ゆえに、悔いなく戦いきれ!」
 この恩師の指導のままに、私は走ってきた。
〈中略〉
 去年より今年、昨日より今日と、一歩でも前進すること―――
 それが人間革命だ。自らが変われ!そして勝利を開きゆけ!


大白蓮華2010-1 巻頭言
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: