広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

人権

人間らしく開花し、使命をまっとうしていく権利がある。

 だれもが、人間として、人間らしく開花し、人間としての使命を全うしていく権利がある。自分にもある。人にもある。それが人権です。
 人権を尊重しないで、人の人権を侵害するのは、すべての秩序を破壊しているようなものです。


創価大学法曹会指針集
『正義と人間の勝利へ』

「賢明な自分」

 法律を知れば、自分の身を守ることができる。「自分の人権」は、自分で守るものです。だから第一にも、第二にも、「賢明な自分」になる以外にない。そして民衆同士が力を合わせて、情報を教え合い、体験を紹介し、協力して、素晴らしい「人権社会」をつくっていきたい。
 そのために、法律家も人生を捧げ、生命をかけて戦ってほしいのです。


創価大学法曹会指針集
『正義と人間の勝利へ』

人権を勝ちとる

 叫ばず、戦わずして、人権は勝ちとれない。
 たとえ、制度や法律で保障されていても、人権闘争を続けなければ空洞化してしまう。中身が、からっぽになってしまう。なぜか。それは権力というものは、人権を好まない魔性があるからです。


創価大学法曹会指針集
『正義と人間の勝利へ』
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: