広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

信心

勇敢な信心

 「あいかまへて・あひかへて・信心つよく候て」です。
 信心は、成り行きでいつか深まってくるものではない。「あひかまへて」とは、発心をしなさいということです。何があろうとも、よし、これを転機に御本尊根本に一歩前進していこう、という勇敢な信心が大切です。その信心のあるところ、釈迦、多宝、十方の諸仏の守護が、厳然と働きをあらわしてくるのです。


池田大作全集 第24巻
「諸法実相抄」講義


*******


 ただ歳を重ねるだけでは、落ち着きは得られても、信心が深まるわけじゃない。
 ただ学会活動を長く続けるだけでは、経験は得られても、信心が深まるわけじゃない。
 
 「勇敢な信心」

 たぶん、日々発心していくこと、日々決意していくこと。何があろうとも。
 勤行でも唱える「勇猛精進」という言葉を思い出しました。
 勇気を持って、心ひとすじに物事(修行)に打ち込むというような意味です。
 

 先週の『新・人間革命』の連載では、人材育成の模範が示されています。
 自身の信心もそうであるように、後輩の信心も年月とともに深まるわけじゃない。勇敢な信心が大切であることに変わりはない。
 
 共に祈り、共に動く。
 友のために祈り、友のために動く。
 
 そうできるように、発心してもらうのが一番難しいことかもしれません。
 勇敢な信心を奮い起こし、発心してもらう。それは折伏とほとんど同じか、それ以上に大変なことです。

 勇猛精進、言い換えれば、勇気と誠実しかない。
 長編詩「大空を見つめて」にはこうあります。


*******

 勇気とは
 誠実とは
 自分の決めた この道を
 どこまでも貫いていく
 その決心の深さだ
 その持続の強さだ

*******


 今日も明日も、そしてずっと、師弟の道を貫いていきたい。

真実の喜びとは何か

真実の喜びとは何か。
御義口伝には
「自他共に
 智慧と慈悲と有るを
 喜とは云うなり」
と仰せである。

呪われたような生命には
幸福は永遠に
逃げ去ってしまうものだ。
だからこそ 人生を
確かなる幸福の方軌(ほうき)に
導く哲学が必要である。
必ず人間には
必要なのである。

いな
それよりも
深い哲理である
永遠の生命を説いた
大乗仏教が
厳然とあることを
決して忘れてはならない。
また避けてはならない。
究極の信仰のみが
幸福の
確かなる直道であることを
釈尊は訴えた。
末法の救世主
大聖人も断言なされたのだ。

わが尊き青春を歩みゆく
女子部の皆さま
女子学生部の皆さまは
一人も もれなく
幸福の勝利者に
絶対になってもらいたい。

勝利を
そして
幸福の人生を
貴女(あなた)も
また貴女たちも
大いなる光を放ちながら
飾ってもらいたい。

汝自身のために
そして
大切な家族のために
さらに
多くの同志のために
世界の平和のために!

<中略>

学べ!
自分自身の勝利のために。
学べ!
汝自身の幸福の歩みのために。
学べ!
人のため
平和のため
文化のため
人生を飾るために。

そしてまた
学べ!
戦え!
人生は勝つのだ。
勝負だ!
敗北者は地獄だ。

勝利の宝冠は
貴女の頭上に!
天光(てんこう)が輝く
人間の女王となるのだ。


2006年7月28日

21世紀の花 爛漫 大切な女子学生部に贈る
「学びゆく乙女に 幸よ 多かれ!」より抜粋


*******


 昨日に引き続き、「学びゆく乙女に 幸よ 多かれ!」の一節を紹介します。

 「自他共に智慧と慈悲と有るを喜とは云うなり」の御聖訓は、御書761㌻の御義口伝・第一妙法蓮華経随喜功徳の事にあります。
 「喜とは自他共に喜ぶ事なり」との御金言もここで仰せです。
 
 開目抄等で教示されている仏が備える主師親の三徳はそれぞれ、「主徳=勇気」、「師徳=智慧」、「親徳=慈悲」に言い換えることができます。
 三徳のうちの智慧と慈悲があることを「喜」という。
 勇気が入っていないのは、もしかすると戸田先生が仰っていた、慈悲を持つためには勇気を出すことだというのと関連するのかもしれません。
 池田先生は『法華経の智慧』や開目抄を講義する中で、智慧は慈悲の祈りと行動から生まれると教えてくださっています。
 勇気を出すためのお題目、南無妙法蓮華経。そこから慈悲が生まれ、智慧が湧き、喜びとなる。
 信仰の意味、必要性がここにあるんだと。

 
 ところで、この長編詩では、勝利と幸福の人生を飾る目的を、

 汝自身のために
 大切な家族のために
 多くの同志のために
 世界の平和のために

 と、4つ教えてくださっています。少しずつ広い境涯(心の広さ)での視野に立っています。
 朝晩、勤行要典にある御祈念で世界平和を祈ってはいますが、改めて心を込めて祈ろうと思いました。

 たくさんのこと、たくさんの人を自分の胸中に入れて祈れば祈るほど、その分だけ自分の生命(心)が広がっていくとの指導を受けたことがあります。
 その通りだと思います。
 師匠のこと、家族のこと、友人のこと、日本・世界のこと、未来のこと、祈りたいことは全て祈って、もっともっと境涯を広く大きくしていきたい。

 だから、もっと祈ろうと思います!!
 そして、もっと学ぼうと思います!!

最高の祈り、最高の作戦・行動

「まず、全関西の強盛な祈りから始めるわけでありますが、ただ唱題して祈りに祈って祈りあげればよいかというと、それだけではどうにもなりません。誤解のないように言いますが、これが第一の要諦です。第二の要諦は、最高の作戦、最高の行動です。これがなければ、勝機を掴むことは絶対にできない。第一の要諦だけでも駄目であり、第二の要諦だけでも駄目である。この二つの要諦が調和したとき、不可能も可能となり、勝利を得ることができると確信いたします。この調和をさせるものは何かというと、それが信心なのです。ですから、信心が根本であると申し上げるのも、そのためです。わかりますか。
 最高の作戦、最高の行動というと、すぐ世間通例の選挙作戦なんかを思いうかべて、真似をしたがりますが、これはとんでもない間違いです。
 日蓮大聖人は四条金吾を戒められたお手紙に『なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし』とお書きになっています。
 これは、どんな作戦、行動よりも法華経の兵法、つまり信心から出た作戦、行動を用いる以外にないのだ、それが最高の作戦であり、最高の行動となるということです。右往左往する必要はさらにありません」


『人間革命』一念の章


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

信仰と理性

 パスカルが、信仰なき人々に対して「宗教が理性に反するものではないことを示さなければならない」(「パンセ」『世界の名著24』所収、前田陽一・由木康訳、中央公論社)と言った言葉は今も生きている。多くの現代人にとって、「信じること」なかんずく「信仰」は、理性に反する行為か、少なくとも理性を眠らせる側面をもつと考えられている。
 確かに、そういう狂信的宗教が存在することも事実ですが、だからといって、検証もせず「すべての宗教が同じだ」というのは飛躍であり、それこそ理性に反する。根拠なき盲信の類と断じてよいでしょう。
 高等宗教は本来、理性をないがしろにしていない。人間の理性を抑圧しながら、人類の普遍的な信頼を勝ち取ることは不可能です。
 なかんずく「智慧の宗教」といわれる仏教は、きわめて理性的な宗教です。人間を超越した人格神などを信じないゆえに、西洋的な宗教観からは「仏教は宗教と言えるのか」と疑問を呈する人さえいるほどです。


『法華経の智慧②』


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

法華経の説く「信仰」

 法華経の説く「信仰」は、人生という難問題に対して、安易な回答を得ようとするのではない。むしろ、そういう安易さを拒否し、「信」と「解(げ)」という、“生命探求の二つの武器”を握りしめて、限りなく問い続け、限りなく向上していく。そのエネルギーを与えてくれるものなのです。


『法華経の智慧②』


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: