広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

勤行

勤行・唱題とは

名誉会長 宗教の「宗」とは根本ということ。人生の根本、宇宙の根本を教えようとしたのが「宗教」です。
井桁 そういう根っこを知らないと、人生が根なし草になるということですね。
名誉会長 宗教は人間としての証です。動物に、祈ることはできない。祈りは、人間にしかできない崇高な行為です。
 古来、あまりにも偉大な大自然に対して、山を対象にして祈ったり、火を対象にして祈ったり、海を対象にして祈ったりしていた。
 大自然という、あまりにも無限性と崇高さ、広大さ、人知では計り知れない超現実的なものへの畏敬から、自然のうちに「祈る」という行為が生まれてきた――こう考えられる。
 たとえば「災害から身をまもってもらいたい」「夫が死なないように守ってもらいたい」というように、本当に困った時に人間が欲する心がある。
 その心を強く凝縮させると「祈り」となるのです。理屈でも、学問でもない。それらを超えたものです。
 「祈る」と言うことは、自分の全生命の中で一番大事な、一番の強い思いを訴えたいということであり、それを願望するという行為です。
木村 そういう心なら、だれにでもありますね。

無宗教の人にも祈りの心がある。

名誉会長 人間には、祈らざるを得ない本然的な心がある。それに応えて宗教が生まれた。「宗教があって祈りが生まれた」のではなく、「祈りがあって宗教が生まれた」のです。
〈中略〉
 「自分は無宗教」と称する人でも、何か祈っている。「子どもが健康であってもらいたい」「もっと自分は向上したい」というような決意とか願望は、形を変えた祈りといってよい。これらを、もっと明快に、生命の法則のうえから、祈りと現実がきちんと合致していくようにしたのが、仏法の祈りです。
 要するに、人間が「幸福になる」ために宗教は生まれたのです。
〈中略〉
名誉会長 「ともかく御本尊の前に」――その心が大事です。「少しでも、お題目を唱えていこう!」「毎日、御本尊に祈っていこう!」と挑戦を続ける心が尊いのです。
 仏法では、「煩悩即菩提」と説く。わかりやすく言うと、煩悩とは「悩み」であり、悩みを起こさせる欲望です。菩提とは「幸福」であり、境涯が開けることです。ふつうは、煩悩と菩提はバラバラです。悩みと幸福は正反対です。しかし日蓮大聖人の仏法では、そうではない。
 悩みという「薪」を燃やして、はじめて幸福の「炎」が得られると説く。幸福の光とエネルギーが得られるのです。題目によって「薪」を燃やすのです。
木村 煩悩即菩提の「即」とは題目のことなんですね。
名誉会長 題目をあげれば、悩みが全部、幸福へのエネルギーに変わる。前進への燃料に変わる。
井桁 すると悩みが大きいほど幸福になれるということでしょうか。
名誉会長 その通りです。一番苦しんだ人が一番幸福になる。一番悩みをもった人が、一番偉大な人生となっていく。これが仏法です。だから素晴らしいのです。
 悩みといっても、いろいろある。自分のこともあれば、お父さん、お母さんに長生きしてもらいたい――これも悩みです。友だちが元気になってほしい――これも悩みです。
 さらには、もっと大きく、世界の平和をどうするか、新世紀をどういう方向にもっていくか――これは偉大な悩みです。どんな悩みも全部、題目によって、自分のガソリンに変わる。生命力に変わる。人間性に変わる。福運に変わるのです。だから、大いに悩み、大いに題目をあげきって、成長していけばよいのです。
 信仰とは、目標という悩みの「山」をつくり、「山」を目指し、「山」を登りながら、山を登りきるたびに大きな自分になっていく軌道なのです。


『青春対話』


*******


 僕は未だに、「祈る」ことが人生においてすごく「特別」なことになっている。
 他の生き物と比べて、人間にとって、祈ることができるというのは特別。
 だけど、一人の人間にとって、「祈る」ことはもっと「普通」なことなんだと感じた先生の言葉でした。

 人を不幸にするようなものでなければ、何でもいい。
 自然に、素直に、全て、祈っていきたい。

 御本尊様の前に座っていても、座っていなくても、いつでも祈っていきたい。
 どこにいようと、本気で、真剣に、願いを、悩みを、祈りにしていきたい。

 
 ともすれば、僕ら(特に幹部)は、「祈りとして叶わざるなしの信心」を証明しようと、

「祈ったことは絶対に叶え、仏法の正しさを示さなきゃいけない」

 ≒ 「叶わなさそうなものは祈れない」「叶って当たり前のものなんか祈っても仕方ない」

 と、無意識のうちに縛られ、「祈り」を特別にしているような気がする。

 
 もっともっと、ナチュラルに祈れる自分でありたい。
 司法試験合格も、あと7kg痩せるのも、友だちの笑顔も、バスケ上手くなるのも、日本の変革も、結婚も、後輩の成長も、何でも祈っていきたい。

 欲張りに、その分、強盛に☆
 楽しく、かつ、真剣に☆
 

朝晩の勤行をやりきる

 「では、模範のブロックを作るにはどうしたらよいか。――まず、全会員が、しっかり勤行できるようにすることです。柔道にも、剣道にも、基本がありますが、幸せになるための信心の基本は勤行にあります。日々、真剣に勤行・唱題を重ねた人と、いい加減な人とでは、表面は同じように見えても、三年、五年、七年とたっていったときには、歴然たる開きが出てきます。宿業の転換といっても、人間革命といっても、そのいっさいの源泉は勤行・唱題にほかなりません。ですから、日蓮大聖人は『深く信心を発して日夜朝暮に又懈らず磨くべし何様にしてか磨くべき只南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを是をみがくとは云うなり』と仰せになっているのです。
 また、勤行の姿勢が、その人の行き方に表れます。弱々しい勤行の人は、生命力も乏しく、どうしても弱々しい生き方になっていくし、義務的な勤行であれば、信心の歓喜はなかなか得られません。お互いに、白馬が天空を駆けるような、リズム感あふれる、すがすがしい勤行をしていきましょう。そして、真剣な祈りをこめ、大宇宙をも動かしゆくような、力強い、最高の勤行を、日々、目指して行こうではありませんか。その意味から、私は、わが葛飾総ブロックは、朝晩の勤行をやりきるということをスローガンに掲げて、前進したいと思いますが、皆さん、いかかがでしょうか」
 学会の飛躍的な発展の源泉は、一人ひとりの会員に、勤行と唱題の実践を徹底して教えてきたことにあった。また、そこに偉大なる宗教革命もあったのである。およそ経文とは民衆に、勤行を教えることは、想像を絶する労作業であったが、それゆえに仏法を、民衆の手に取り戻すことができたといってよい。


『人間革命』宣言の章

願いのかなう信心

 日蓮大聖人は、「願いのなかう信心」について、わかりやすく教えられている。
 「水が澄めば月が映り、風か吹けば木が揺れるように、皆の心は水のようなものである。信心が弱いのは、水が濁っているようなものである。信心がすがすがしいのは、水が澄んでいるようなものである。木は道理のようなものである。風が(その木を)揺り動かすのは、経文を読むようなものと思っていかれることである」(御書1262㌻)
 水が澄めば映ると仰せの「月」とは、仏界の智慧と力とも拝されようか。
 日寛上人は「我等この本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身即ち一念三千の本尊、蓮祖聖人(=日蓮大聖人)なり」(文段集)と明かされている。わが胸中の「本尊」を輝かせ、わが身の中の「大聖人の境涯を顕すための、御本尊であり、信心なのである。また、「経文を読む」と表現されている仏法の実践とは、勤行・唱題であり、広くいえば、自行化他にわたる広布の「行動」も含まれると拝される。
 真剣な祈りと行動の「風」を起こした時、「道理」の木を揺るがして、すべてを勝利の方向へ、幸福の方向へ、願いどおりの方向へと転換していける。不可能に思えることをも可能にできるのである。「風」を起こすことである。「木」を揺るがすことである。


『輝きの人間世紀へ』
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: