広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

境涯

人間性の光彩

 人間性の光彩とは、利他の行動の輝きにある。人間は、友のため、人びとのために生きようとすることによって、初めて人間たりうるといっても過言ではない。そして、そこに、小さなエゴの殻を破り、自身の境涯を大きく広げ、磨き高めてゆく道がある。


『新・人間革命』錦秋の章


*******


 クラスで、仕事場で、趣味のサークルで、あらゆるところで、こういう人がいる。

 「あいつ光ってるな。」 

 「この人、輝いてる!」

 必ずと言っていいほど、ある程度の人数が集まると、そこには人間性の光彩を放つ人っているんですよね。


 「自分の今いる場所で、光る人間になる」

 それが、人間革命の一つの目標だと、学生部では指導してきました。
 今、自分自身はあまり光っていないと感じています。
 でも、蛍のような光でもいいから、縁する人に光を感じてもらえるように、日々祈り、勉強していきます。


 瞳の奥の輝き、声の響きに宿る覇気、全身に纏う明るさ。
 人間性の光彩を放つ人の魅力は、周りにいる人を惹きつけ、その人たちの輝きすら引き出してしまう。

 人を見下す視線、傲慢で偏屈な態度、挙動から放たれるどす黒さ。
 隠そうとしても、隠せない。誤魔化そうとしても、誤魔化せない。
 一見、仁義礼智信の徳を備えているように見せかけても、最後には馬脚を現す。
 
 悪しき人間性の持ち主は、自分より強い者と対峙したときや、自分より弱い者と接するとき、特にその本性を表しやすい。それが敵対する者であればなおさら。

 独善的な者と、そうでない者を見分ける一つの指標は、「耳の痛い意見に対してどう反応するか」だといわれる。
 冷徹に見抜いていきたい。

 「対話」と「議論」の性質の違いを理解しない人もいる。
 全人格的な対話と違い、一定のテーマを有する議論において意見が食い違ったとしても、それは議論を深め、(ヘーゲルの)弁証法的により良いもの(高次元のもの)を導く可能性を秘めた歓迎すべきことだ。意見が合わないことを理由に相手の人間性までも否定するような頓珍漢とは話したくもなくなる。
 かわいそうなことだけど、そういう頓珍漢には、良い人間は近付かないし、離れていく。稀に本当に心配をして忠告をする人がいても、頓珍漢にはわからない。

 どす黒く曇った人間性では、六根(眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根)全てが曇り、自分以外何も見えなくなってしまう。
 いな、むしろ自分すら見えていないから、ネット上で他人を攻撃し、自分という存在を証明しようとするのかもしれない。
 そうすることでしか、生きていることを感じられないのかもしれない。

 かわいそう。


 まだ、間に合う。生きている限り。
 信心に目覚め、または信心を奮い起し、現実に目の前にいる人と笑顔で生きるために戦ってほしい。
 誰もいなくても、創価学会にいれば、地区がある。


 届くかなぁ・・・
 
 僕らは、今日も明日も、祈り、行動し、自身の人間性の光彩を放ちまくって参りたい。

「友よ強く」の歌

 荒川の記念撮影では、写真を撮ったあと、合唱や踊りも披露された。
 なかでも、高等部員が歌った「友よ強く」の歌は、参加者の心を激しく揺さぶった。
 この「友よ強く」の詩は、山本伸一が青年時代に作ったものであった。
 神奈川の会員宅を訪問した折のことである。
 その家の婦人から、家計を助けるために他県に働きに出ている、十代半ばの子息から来た手紙を見せられた。
 手紙には、一部屋で数人が共同生活しており、勤行をするにも、大変に苦労していることがつづられていた。
 ――タオルと石鹸を持って、風呂に行くと言っては裏山に登り、そこで勤行をしているというのである。
 手紙を読み終えると、伸一は直ちにペンをとった。励まさずにはいられなかった。そして、一詩をしたためた。
 それが、「友よ強く」であった。


 友よ強く 雄々しく立てよ 僕が信ずる君が心を 苦しき仕事 深夜の勉強

 これも修行ぞ 苦は楽し 君が信念 情熱を 仏は じっとみているぞ


 それから二十年近くして、荒川区に住むある学生部員は、先輩の家で、この詩を目にした。
 彼は、大きな感動を覚えた。働き、学ぶ、青春の模範が、そこにあると思った。
 かつてピアノを習い、音楽好きであった彼は、これを歌にして、二部学生に教え、元気づけたいと思った。
 ギターを使いながら曲を考え、楽譜にした。
 出来上がった曲を、皆で口ずさんだ。
 「いい歌だ! 困難に立ち向かう勇気が出てくるよ」
 好評であった。やがてこの歌は、友から友へと静かに広まっていった。
 そして、荒川区の記念撮影会を迎えるに当たって、高等部の担当幹部から、「当日、高等部員で『友よ強く』の歌を合唱したい」との要請があったのである。
 そこで、音楽隊長を務めた有村武志のアドバイスを受け、楽譜を手直しして、この日の発表となったのだ。
 高等部員による「友よ強く」の合唱には、若々しい力があふれていた。
 歌が終わると、山本伸一は、立ち上がって拍手を送りながら絶讃した。
 「うまいね! 感動しました」
 それから、作曲者の青年を呼んで言った。
 「すばらしい曲です。
 このメロディーを永遠に残すために、レコードにしよう」
 高校生たちの間から、歓声があがった。
 感極まり、目を潤ませるメンバーもいた。
 そして、この「友よ強く」の歌は、高等部をはじめ、広く、学会の愛唱歌として歌われていくようになるのである。
 伸一は、行く先々で、喜びの種子を、向上の種子を植え続けた。それが大いなる前進の活力となるからだ。
 〝どうすれば、皆が、元気になるのか。信頼の柱となる力あるリーダーに成長できるのか。
 何があっても退転することなく、幸福への道を歩み抜けるのか……″
 伸一は、どこにあっても、そのことを真剣に悩み、考え続けた。
 法華経の寿量品に「毎自作是念」(毎に自ら是の念を作す)とある。
 これは、仏が、常に衆生をいかにして「悟り」に導くかを考え、法を語り続けていることを説いたものだ。
 伸一もまた、広宣流布に生きる仏法者として、自分も、そうあらねばならないと、心を定めていたのである。
 仏法は、自らの実践のなかにこそ、脈動する。
 自分は、常に何を考え、一念をどこに定めているか――そこに、自身の境涯が端的に表れるといってよい。


『新・人間革命』入魂の章


*******


 学会歌「友よ強く」の誕生のいきさつが描かれています。
 師弟不二の途を行くため、僕も、「毎自作是念」でいきたい。「先生であればどうされるか」で生き抜きたい。


「リーダー」に関する先生の言葉はコチラ
http://blog.livedoor.jp/taiga0120sokagakkai/archives/1312485.html">
学会歌「友よ強く」

3月14日 『女性に贈る言葉365日』

 勇んで労苦を引き受け、友と同苦し、
 人びとに、社会に、奉仕しゆく人生であれ!
 大きく悩んだ分、大きく境涯が広がる。


『女性に贈る言葉365日』3月14日

3月9日 『女性に贈る言葉365日』

 幸福というも、地獄というも、
 皆、自分自身の胸のなかにある。
 心のなかにある。


『女性に贈る言葉365日』3月9日
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: