広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

女性

幸福は魂の中にある

人生は
幸福と不幸との戦いである。
人生は
正義と邪義との戦いである。
そして
善と悪との戦いである。
宿命との戦いである。
人間革命の戦いである。

戦い抜いた人
学び抜いた人が
勝利者の大道へと
歩み進む。
足どりも軽い。
険しき山河がありても
すべてを悠々と
汝自身の幸福へと
深く人間の価値を
知りながら進む。

そこには喜びがある。
そこには満足がある。
そこには後悔はない。
そこには痛快な
諸天に囲まれた
勝者の姿がある。

王宮(おうぐう)に生まれても
幸福の達人にはなり得ない。
著名な名門の家に生まれても
必ずしも
幸福はついて来ない。
巨万の富のある環境にあっても
不滅にして満足の幸福は“
絶対にあり得ない。
これが現実だ。
これが歴史だ。
これが人生だ。

若々しく
希望の光に包まれた
貴女の闘争の力こそが
すべてを
幸福に変えていくのだ。

それが
人生と宇宙の法則にかなった
若き躍動の
春の命であるからだ。
その先には
あらゆる命運を乗り越えて
確固たる
広大にして幸福な空間がある。

春四月
掲げられた
桜の絵を見ながら
私は語った。
「木も大きな花を咲かせ
皆の心を楽しませてくれる。
人間も
何か人のために
ならねばならない」

私は即座に
その絵の脇に
「春だ
  桜だ
   人生だ」
と認(したた)めた。

幸不幸は
人生の戦いだ。
宿命との戦いに
勝ちゆく人生が
尊いのだ。

それには
学ぶことだ。
戦うことだ。
勝つことだ。
前進することだ。
忍耐強く歩み抜くことだ。
弱い自身の生命を
強力な生命に変えゆく
人間革命をすることだ。
幸福は
魂の中にあるからだ。


2006年7月28日

21世紀の花 爛漫 大切な女子学生部に贈る
「学びゆく乙女に 幸よ 多かれ!」より抜粋


*******


 毎日生きていく中で、自分の幸せに目が眩むようになることがあります。
 それほど今の僕は幸せを感じています。
 一緒に生きてくれる人(たち)がいるからです。

 夢のために勉強ができ、大好きなバスケがあり、愛する人がいて、最高の信仰を持っている。
 師匠・池田先生に毎日励まされ、心配し応援してくれる同志がいる。
 1日に何回も何回も「ありがとう」っていえる。
 
 けれども、よく連絡を取っている友人の職場環境の厳しい状況を聞き、はっとさせられたのです。
 僕だけ幸せを感じていても全然面白くない。それだけじゃあ意味がない。悲しくて仕方ない。

 すぐに状況は変わらない。自分が変わらなきゃ変わらない。彼が変わらなきゃ変わらない。
 でも、一緒に祈れる。一緒に考えられる。一緒に学べる。一緒にがんばれる。
 それがもう、人間革命であり、幸せなんだと思いました。

 大好きな長編詩「大空を見つめて」の一節を思い起こします。

*******

最後の一歩まで
断じて退くな!
幸福は 前にあるからだ
後ろに引き下がる青春は
自らの宝を
捨て去ってしまうからだ

断じて 前へ進め!
断じて 前へ歩め!
断じて 前へ行け!
必ず そこには
希望と金の汗と
勝ちゆく鼓動と
満足の魂の輝きがある

*******

 幸福は、前進する人の、何があっても前進し続ける人の魂の中にあることを確信します。

 今日も学びます!!
 今日も学びましょう!!

女子部が大事

 「女子部が大事です。学会の将来は、女子部がどれだけ成長するかによって、すべて決まってしまう。
 二十一世紀は女性の世紀となるでしょう。その時に、堂々たる大女性リーダーとして、一家を、学会を支えるのが、女子部のみなさんです。
 ですから、女子部の時代に、あらゆる人を折伏し、広宣流布の未来の、堅固な陣列をつくっていただきたい。
 また、未来のために、自分を磨き抜いてください。それには、学会活動で、うんと苦労することです。今は大変であっても、その苦労が自分の人生を輝かせ、何があっても崩れない、大福運となっていきます」


『新・人間革命』光城の章



*******


 ワンピースでサンジはこう言った。



 「男ってのは、



  女のウソは



  許すもんだ。」

 
 カッコよかったな―。
 まぁそれは一つの場面に過ぎないけど、女性を大切にする人間になりたい。
 俺がこんなこと書くと、「ふざんけんな、てめぇ!」って怒る人がいるかもしれないけど……
 でも、ほんとにそう思います。
 

 大好きな先輩から、たくさん気の使い方を教えてもらって(というか盗んでw)、それを実践すると先輩がいつも誉めてくれるのが、すごく嬉しかったりして、「もっと紳士になろう」なんて密かに決意したりしてた。

 けど、ほんとに女性を大切にするってどーゆーことなのか、男性中心でもなく、極端なフェミニズムでもなく、人と人との関係を基軸にして、考えて、行動していくんだと。

 なんかまとまりなくなってきちゃったけど、植物にあったかい光が必要なように、人も人から大事にされないとみんな枯れちゃう!!


 ぼくも、福運あるヤツにならなくては!!

夫婦――「愛情」と「忍耐」の戦友

 中国の鄧穎超(とうえいちょう)さんに、周恩来総理とのなれそめを伺ったことがある。
 「私たちには、いわゆる仲人はいません。しいて言えば、『五・四運動』(1999年5月4日、日本をはじめ諸外国の圧迫に、青年たちが立ち上がった民衆運動)が仲人です」
 海棠やライラックの花々の香る、北京のご自宅での語らいであった。
 お二人は、結婚する青年たちに、よく、夫婦としての「八つの原則」を語られたという。
 その八項目とは、何か?
 それは、「互いに愛し合う」「互いに尊敬し合う」「互いに励まし合う」「互いにいたわり会う」「互いに譲り合う」「互いに許し合う」「互いに助け合う」、そして「互いに学び合う」――と。
 ともあれ、結婚は、それ自体が目的ではない。
 大事なことは、あくまでも、一人の人間としての尊厳であろう。
 人は、誰も皆、生まれてくる時も一人、死んでいく時も一人である。
 結婚するかどうか等で、幸福は決まらない。
 幸福を決めるのは、生き甲斐があるかどうか、充実があるかどうかである。
 周囲に「希望」がなければ、自分で創ればよい。
 心というものは、名画家のように、いくらでも自由自在に「希望」を描き出していけるからだ。
 真の愛情とは、歳月を経るほどに、深まりゆくものである。
 周総理ご夫妻も、半世紀以上にわたって、戦友として、生死を共に超えながら、愛情をより深めてこられた。それは、その愛情が同志のため、友人のため、人民のため、そして後継の青年たちのためにと、広がっていったからだと、鄧穎超さんは振り返っておられた。
 私たち夫婦の実際の仲人は、師・戸田城聖先生である。
 その恩師からの結婚のはなむけも、ありきたりのお祝いではなく、「二人で力を合わせて戦い、人々に尽くしていきなさい」という一点であった。


『新・女性抄』

9月3日 『女性に贈ることば365日』

 悲しみを糧にして、もっと大きな自分になればいい。もっと素敵な自分になればいい。苦しんだあなただからこそ、そうなれる。
 顔をあげればいい。自分は一生懸命生きたのだから、最高の勝利者なのである。
 自分で自分を励ますことだ。


『女性に贈ることば365日』9月3日

幸福の泉

 一月二十日、会長山本伸一が出席して、第二十二回「青年部総会」が晴れやかに開催された。
 創価の青年たちは、寒風をついて、新しき社会を建設する息吹をみなぎらせ、会場の北九州市立総合体育館に喜々として集ってきた。
 全国の青年部総会を、首都圏以外の地で初めて行うとあって、九州の青年たちは先駆の誇りに燃えていた。
 伸一が会場に姿を現すと、場内を埋め尽くした参加者から、ひときわ大きな歓声が起こり、怒涛を思わせる大拍手がうねった。
 総会では、九州青年部長の「開会の辞」に続いて、女子部長の吉川美香子が登壇し、「若い女性の連帯を広げよう」と題して語った。
 女子部は学会の花である。さわやかで、はつらつとしたその姿は、皆の希望である。女子部員の躍動があるところ、組織は明るい光に包まれる。
 伸一は、若い女性たちが、人びとの幸福を願って、健気に仏道修行に励む英姿に、人間性の至高の輝きを見ていた。
 「他人のために勇気をもって苦しむところに、気高さがある」(『カーライル選集3 過去と現在』上田和夫訳、日本教文社)とは、歴史家カーライルが導き出した結論である。
 女子部が盤石であるならば、学会の未来は盤石である。ゆえに伸一は、女子部の拡大と育成のために全力を注ごうと深く心に誓いながら、吉川の話に耳を傾けた。
 彼女は、女子部の総ブロック(現在は部)討議の様子から語り始めた。
 「今回は『職場と女子部』がテーマでしたが、ある総ブロックでは、その討議の際に、最近の若い女性の一般的な傾向として、次のような話が出ました。
 自分の手を汚したがらず、苦労を避ける。しかし、自分のことは認めてもらいたい。また、相手を受け入れることはしない――というのです。
 そして、『やはり、これはわがままといわざるをえない。こうした傾向が強まっていることが、女性同士の友情が育たない原因になっている』と分析しておりました。
 皆、心の底では、本当に心を開いて話し合える友を求めているが、自分が傷つくことを恐れて、それができないというのが、悲しむべき現実であると思います」
 自ら手を汚したがらないという若い女性たちの傾向性の根底には、幸福は他から与えられるものだという考えがある。
 しかし、幸福は自分の心が創り出すものなのだ。自らの手でつかみ取るものなのだ。そのためには、労苦を避けて通ることはできない。
 ゲーテは警告した。
 「生活をもてあそぶものは、決して正しいものになれない。
 自分を命令しないものは、いつになっても、しもべにとどまる」(『ゲーテ詩集』高橋健二訳、彌生書房)
 また、苦悩なき人生はないのだ。どんなに華やかそうに見えても、人は悩みをかかえている。一時期は幸せを満喫しているようでも、それが永遠に続くことなどない。
 生きるとは、苦悩することであるといってもよい。それに負けて、希望を失い、自暴自棄になってしまうことから、人は不幸になるのである。
 だから、悩みや苦しみに負けない強い心、大きな心をつくるしかない。
 苦悩が大きければ大きいほど、それに打ち勝つ時、より大きな幸福を感ずることができる。
 いな、その挑戦のなかにこそ、充実と歓喜の生命が脈打ち、わが胸中は幸福の泉となるのだ。
 その能動的な自己をつくり、心を大きく、強くすることが、「人間革命」なのである。
続きを読む
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: