広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

幸福

強くなり、幸福になっていくこと

 北海道の初代女子部長が友に語りかけていた言葉が、今も私の心に響いて離れません。
 「私たち女子部が信心を根本に、一人一人、強くなり、幸福になっていくことこそ、師匠への報恩であり、広宣流布なのです」と。
 幸福になるために、そして皆を幸福にするために、妙法を朗々と唱え、正義を堂々と語りながら、仲良く楽しく戦いましょう!


2012.5.20
新時代第58回本部幹部会(北海道総会)へのメッセージ


*******


 この度、大学時代の友人と結婚致しました。
 お互いに明るく陽気なので、ときどきけんかもしますが、毎日笑って過ごしています。
 二人で力を合わせて、幸せを拡げられるような家庭にします。
 
 「人を幸せにできる人こそ幸せ」
 
 縁する人みんなが、笑顔になれる――そんな二人になりたいと思います☆


 今日からまた週2くらいで更新していきますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

「幸福は励ましの絆から広がる」

 きょう、私は、皆さん方と一緒に宣言したいことがあります。それは、「幸福は励ましの絆から広がる」ということであります。
 大聖人は、最愛の家族を亡くして悲しむ一人の母に、「法華経をたも(持)ちたてまつるものは地獄即寂光とさとり候ぞ」(御書1504㌻)と励まされました。
 いかに深い苦しみの暗闇も、幸福の光り輝く世界に変えることができる。これが妙法の大哲学です。
 この妙法を唱え弘めながら、一人一人に「どんな宿命も必ず転換できる」「どんな人も絶対に幸福になれる」と言い切って、励まし抜いてきたのが、我ら創価の師弟であります。
 この励ましの拡大こそが、大聖人から託された「立正安国」の理想を実現する道でもあります。
 民衆の励ましの絆がある限り、いかなる災難も共に乗り越え、共々に幸福と平和の社会を勝ち開いていけるからです。
 今、出口の見えない長いトンネルのような時代であるからこそ、私たちは、いよいよ、はつらつと、励ましの対話に打って出て、あの友にも、この友にも、仲良く朗らかに、勇気と希望の光を贈っていこうではありませんか!


2012.3.3
新時代第56回本部幹部会へのメッセージ

*******


 「幸福は励ましの絆から広がる」――

 「幸福」も、「励まし」も、「絆」も、言葉としては巷に溢れています。
 そのありふれた言葉たちを仏法の視点から紡ぐと、そこには透徹した幸福観、平和観が現れる。
 師匠・池田先生が世界一の指導者であることの理由の一つは、仏法哲学に裏打ちされた、この言葉の巧みさにあると思います。

 僕たち創価学会が目指す「立正安国」、また「広宣流布」というムーブメントの根本理念は、まさに「幸福は励ましの絆から広がる」という言葉で説明できます。
 
 学会活動の家庭訪問、個人指導も折伏も、全部励ましを送るためです。
 僕は、相手も自分も笑顔になるためだと思っています。
 笑顔は幸福の素。その幸福の素をみんなで分け合うための学会活動です。

 そしてまた、「法自ら弘まらず人法を弘むる故に人法ともに尊し」(御書856㌻)とあるように、人と人との絆によって妙法は広まります。
 言い換えれば、「誰にでも仏性(最高の個性、無限の可能性)があり、それを表すことで幸せになれる」という思想を広めるのは、人と人との絆である、と。
 
 この幸福観は、社会的な成功や経済的な充足等を土台とする個人主義的な幸福の発想とは全く異なります。
 他者との関係性の中にこそ幸福があるというものです。
 仏法の「縁起」思想に基づく幸福です。
 地域の繋がり、縁する人を大切にする創価学会の一人ひとりの生き方に、その幸福は息付いています。


 今、現代社会が希求する幸福は、創価学会の信心に答えがあると確信します。

真実の喜びとは何か

真実の喜びとは何か。
御義口伝には
「自他共に
 智慧と慈悲と有るを
 喜とは云うなり」
と仰せである。

呪われたような生命には
幸福は永遠に
逃げ去ってしまうものだ。
だからこそ 人生を
確かなる幸福の方軌(ほうき)に
導く哲学が必要である。
必ず人間には
必要なのである。

いな
それよりも
深い哲理である
永遠の生命を説いた
大乗仏教が
厳然とあることを
決して忘れてはならない。
また避けてはならない。
究極の信仰のみが
幸福の
確かなる直道であることを
釈尊は訴えた。
末法の救世主
大聖人も断言なされたのだ。

わが尊き青春を歩みゆく
女子部の皆さま
女子学生部の皆さまは
一人も もれなく
幸福の勝利者に
絶対になってもらいたい。

勝利を
そして
幸福の人生を
貴女(あなた)も
また貴女たちも
大いなる光を放ちながら
飾ってもらいたい。

汝自身のために
そして
大切な家族のために
さらに
多くの同志のために
世界の平和のために!

<中略>

学べ!
自分自身の勝利のために。
学べ!
汝自身の幸福の歩みのために。
学べ!
人のため
平和のため
文化のため
人生を飾るために。

そしてまた
学べ!
戦え!
人生は勝つのだ。
勝負だ!
敗北者は地獄だ。

勝利の宝冠は
貴女の頭上に!
天光(てんこう)が輝く
人間の女王となるのだ。


2006年7月28日

21世紀の花 爛漫 大切な女子学生部に贈る
「学びゆく乙女に 幸よ 多かれ!」より抜粋


*******


 昨日に引き続き、「学びゆく乙女に 幸よ 多かれ!」の一節を紹介します。

 「自他共に智慧と慈悲と有るを喜とは云うなり」の御聖訓は、御書761㌻の御義口伝・第一妙法蓮華経随喜功徳の事にあります。
 「喜とは自他共に喜ぶ事なり」との御金言もここで仰せです。
 
 開目抄等で教示されている仏が備える主師親の三徳はそれぞれ、「主徳=勇気」、「師徳=智慧」、「親徳=慈悲」に言い換えることができます。
 三徳のうちの智慧と慈悲があることを「喜」という。
 勇気が入っていないのは、もしかすると戸田先生が仰っていた、慈悲を持つためには勇気を出すことだというのと関連するのかもしれません。
 池田先生は『法華経の智慧』や開目抄を講義する中で、智慧は慈悲の祈りと行動から生まれると教えてくださっています。
 勇気を出すためのお題目、南無妙法蓮華経。そこから慈悲が生まれ、智慧が湧き、喜びとなる。
 信仰の意味、必要性がここにあるんだと。

 
 ところで、この長編詩では、勝利と幸福の人生を飾る目的を、

 汝自身のために
 大切な家族のために
 多くの同志のために
 世界の平和のために

 と、4つ教えてくださっています。少しずつ広い境涯(心の広さ)での視野に立っています。
 朝晩、勤行要典にある御祈念で世界平和を祈ってはいますが、改めて心を込めて祈ろうと思いました。

 たくさんのこと、たくさんの人を自分の胸中に入れて祈れば祈るほど、その分だけ自分の生命(心)が広がっていくとの指導を受けたことがあります。
 その通りだと思います。
 師匠のこと、家族のこと、友人のこと、日本・世界のこと、未来のこと、祈りたいことは全て祈って、もっともっと境涯を広く大きくしていきたい。

 だから、もっと祈ろうと思います!!
 そして、もっと学ぼうと思います!!

幸福は魂の中にある

人生は
幸福と不幸との戦いである。
人生は
正義と邪義との戦いである。
そして
善と悪との戦いである。
宿命との戦いである。
人間革命の戦いである。

戦い抜いた人
学び抜いた人が
勝利者の大道へと
歩み進む。
足どりも軽い。
険しき山河がありても
すべてを悠々と
汝自身の幸福へと
深く人間の価値を
知りながら進む。

そこには喜びがある。
そこには満足がある。
そこには後悔はない。
そこには痛快な
諸天に囲まれた
勝者の姿がある。

王宮(おうぐう)に生まれても
幸福の達人にはなり得ない。
著名な名門の家に生まれても
必ずしも
幸福はついて来ない。
巨万の富のある環境にあっても
不滅にして満足の幸福は“
絶対にあり得ない。
これが現実だ。
これが歴史だ。
これが人生だ。

若々しく
希望の光に包まれた
貴女の闘争の力こそが
すべてを
幸福に変えていくのだ。

それが
人生と宇宙の法則にかなった
若き躍動の
春の命であるからだ。
その先には
あらゆる命運を乗り越えて
確固たる
広大にして幸福な空間がある。

春四月
掲げられた
桜の絵を見ながら
私は語った。
「木も大きな花を咲かせ
皆の心を楽しませてくれる。
人間も
何か人のために
ならねばならない」

私は即座に
その絵の脇に
「春だ
  桜だ
   人生だ」
と認(したた)めた。

幸不幸は
人生の戦いだ。
宿命との戦いに
勝ちゆく人生が
尊いのだ。

それには
学ぶことだ。
戦うことだ。
勝つことだ。
前進することだ。
忍耐強く歩み抜くことだ。
弱い自身の生命を
強力な生命に変えゆく
人間革命をすることだ。
幸福は
魂の中にあるからだ。


2006年7月28日

21世紀の花 爛漫 大切な女子学生部に贈る
「学びゆく乙女に 幸よ 多かれ!」より抜粋


*******


 毎日生きていく中で、自分の幸せに目が眩むようになることがあります。
 それほど今の僕は幸せを感じています。
 一緒に生きてくれる人(たち)がいるからです。

 夢のために勉強ができ、大好きなバスケがあり、愛する人がいて、最高の信仰を持っている。
 師匠・池田先生に毎日励まされ、心配し応援してくれる同志がいる。
 1日に何回も何回も「ありがとう」っていえる。
 
 けれども、よく連絡を取っている友人の職場環境の厳しい状況を聞き、はっとさせられたのです。
 僕だけ幸せを感じていても全然面白くない。それだけじゃあ意味がない。悲しくて仕方ない。

 すぐに状況は変わらない。自分が変わらなきゃ変わらない。彼が変わらなきゃ変わらない。
 でも、一緒に祈れる。一緒に考えられる。一緒に学べる。一緒にがんばれる。
 それがもう、人間革命であり、幸せなんだと思いました。

 大好きな長編詩「大空を見つめて」の一節を思い起こします。

*******

最後の一歩まで
断じて退くな!
幸福は 前にあるからだ
後ろに引き下がる青春は
自らの宝を
捨て去ってしまうからだ

断じて 前へ進め!
断じて 前へ歩め!
断じて 前へ行け!
必ず そこには
希望と金の汗と
勝ちゆく鼓動と
満足の魂の輝きがある

*******

 幸福は、前進する人の、何があっても前進し続ける人の魂の中にあることを確信します。

 今日も学びます!!
 今日も学びましょう!!

「広宣流布」とは

 「広宣流布」とは、全人類の平和と幸福を実現する大闘争である。
 それは、理屈でもなければ、格好でもない。
 「苦しんでいる人を、放っておけない」――この迸る思いで、悩める友のもとに駆けつけ、ともに涙し、ともに祈り、ともに立ち上がっていく慈愛と勇気の実践であるといってよい。
 その尊貴な庶民の熱誠の行動によって築かれた正義と栄光の城こそ、わが創価学会なのである。


『わが忘れ得ぬ同志』


*******


 広宣流布の実像を浮かび上がらせて頂いたような御指導です。

 僕は、「人間革命」にしても、「広宣流布」にしても、漠然とした意味の言葉として使っていると、「何のため」かが不明確になってしまうと思います。
 御書ないし仏法の教義から照らした定義を踏まえた上で、先生の御指導を通してイメージを明確にしておくことが、日々唱題し、活動するのが「何のため」なのか見失わずに前進する基盤になると考えます。
 
 「唱題根本」「日々成長」「生涯前進」「勝つ!」「同志と共に歓喜する」「困難を乗り越える」「悩みに負けない」・・・これらのようなものが僕の人間革命のイメージです。
 そして、その人間革命のドラマの連鎖反応が、僕の広宣流布のイメージです。

更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: