広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

幹部

良き先輩、良き同志

 特に彼が、深い信頼と尊敬を寄せたのが、学生部の部長であった。
 この部長から、彼は、広宣流布を担う強い責任感を、信心への確信を、同志を思いやる心の大切さを学んでいった。
 彼は、部長の「Ⅰさん」について、こう日記に記している。
 「Ⅰさんの顔を見るのが楽しい。絶対に安心してついていける人だ。私はこの人を知ったことにより、私の人間革命は大いに駒を進めた」
 人間が精神を磨き鍛えて、成長していくには、触発が不可欠である。それには、良き先輩、良き同志が必要である。ゆえに、学会という善の組織が大切なのである。


『新・人間革命』前進の章


*******

 
先月、大好きな八王子から、大好きになるであろうここ浦安に引っ越してきました。
今まさに、この先生の御指導がよくわかりました。
学生部のときにも、そんな出会いがありましたが、やはり少し遠い気がしていました。
男子部になり、引っ越してきた先の部長さんは、「絶対に安心してついていける人だ」と感じました。

昨日は男子部の部活に参加し、今日は妻と地区の四者の唱題会に参加したあと、さらに県のヤング男子部の唱題会に参加することができました。両方とも初めての会合でしたが、たぶんずっと参加することになると思います。
ほんっとーに楽しくて、心の底から笑えて、生命力がドバーっと湧き上がってきました。

おかげで久しぶりに級友と電話で話せたり、メールで連絡を取れたりできました。


祈りってすごい。みんなで祈るって本当にすごい。
一人で悶々としてても、何も始まらない。会うことで、集うことで、それだけで歯車が回転し始めるんですよね。
善の連帯、学会って組織のすごさ、意味を妻と二人で噛みしめた一日になりました!

全部勝っていきたい!そう思えるようになりました!!!

すべては、そこに尽きていた。

 新設された各支部の幹部の多くは、中心幹部として何を第一に考え、いかに活動すべきであるかが、よくわからなかったといってよい。しかし、行く先々での山本伸一の振る舞いが、それを明確に教えていた。

 同志を、会員を守り、励ます――すべては、そこに尽きていた。


『新・人間革命』勇舞の章


*******


 みなさんの生きる目的はなんですか?


 僕は、人に励ましを贈ること、そうして僕も相手も笑顔になることだと決めています。
 創価学会員として、池田先生の弟子として生きるなかで、こう生きようと決めました。

 僕にとっての幸せは、人に励ましを贈り、自分も相手も笑顔になること。
 僕にとっての平和は、皆が励ましを贈り、皆が笑顔になること。

 
 創価学会の幹部、リーダーの使命は、様々あると思いますが、「守り、励ます」に尽きるという先生のご指導。
 守り、励ますために、祈り、行動する。

 絶対に忘れずに生きていきます!!

「広宣流布」は、一人の「人間革命」から

 六十年前、「二月闘争」は、なぜ勝利できたのか。
 それは、目の前の一人を徹して誠実に励ましてきたことに尽きる。
 「広宣流布」は、一人の「人間革命」から始まる。
 決意した一人が、一人を立たせる。その一人が、さらにまた、もう一人を奮い立たせていく。勇気は勇気を呼ぶ。この「一対一」の決意の連鎖こそが、拡大の鉄則である。
 ゆえに、「誓いの一人」を多くつくっていくことが、爆発的な広布伸展の必要条件なのだ。
 戸田先生と同じ二月十一日生まれの発明王エジソンは語った。
 「あらゆるものには輝くダイヤが隠されている。磨けば光る」と。
 全員がダイヤの如き尊い人材である。同士は皆、信心の偉大さを証明する使命を持っているのだ。どれほど大切な方々か。
 そう思えば、最前線で苦労している皆様を励まさずにいられなかった。
 どうすれば皆が元気に戦えるか、思う存分に実力を発揮できるか、私は真剣に祈り、知恵を絞った。
 当時の蒲田の支部幹部では、私が一番若かった。人を集めて偉ぶって指導しても、誰が信用するか。自分が足を運び、顔を合わせ、寒風の中を一緒に歩く以外にない。


2012.2.8
随筆 われらの勝利の大道 68
新時代の二月闘争㊦


*******


 折伏した友人が今年、男子部で創価班大学校に入団しました。
 ほんとにほんとにうれしいです。
 彼が任用試験合格のときも、すごくうれしかったけど、今回のうれしさはまた格別でした。

 形式的に入団したこともうれしかったんですが、さらにうれしさ爆発だったのは、方面の入卒式で聞いた体験発表、活動報告がとても心に入ったらしく、彼が燃えていることです。
 
 
 僕も、燃えます!
 もう1度、燃えます!!
 

全学会をリードしていく。

 話をする時も、力強い声で、生き生きと語るのだ。大情熱がなければだめだ。皆と心がバラバラになってはいけない。同志から離れずに、集い合っていくのだ。
 どんな立場であろうとも、広宣流布を、どんどん引っ張っていく。全学会をリードしていく。その気概と責任感を断じて失ってはならない。


2008.4.23
新時代第17回本部幹部会

先生にどうすれば近づけられるか

 幹部は、どこまでも、(戸田)先生と会員をつなぐパイプなのです。ですから、幹部は、同志を自分に付けようとするのではなく、先生にどうすれば近づけられるかを、つねに考えていくことです。


『人間革命』宣言の章
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: