広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

御書

横と縦に広がる二つの生命の連鎖

 世界各地で災害が起こった時、多くの国から真心の支援や励ましの声が寄せられますが、こうした「同苦の心」「連帯の心」が、どれだけ被災者の心を明るくし、勇気づけるか計り知れません。
 「一切衆生の異の苦を受くるは悉く是れ日蓮一人の苦なるべし」(御書758㌻)と叫ばれた大聖人が、「立正安国論」を通して打ち出されたのも、現実社会で苦しみに直面している人々の心に共振して、わが身を震わせつつ、人々の苦しみが取り除かれることを願い、行動しようとする人間の生き方でした。
 そして、立正安国の「国」や、「四表」の意味するところも、大聖人の御書に「一閻浮提」や「尽未来際」といった言葉が何度も記されているように、広く“世界”を包含するものであると同時に、はるか“未来”をも志向していたものだったのです。
 その二つのベクトル(方向性)を今様に表現するならば、「世界のどの地で起こる悲劇も決して看過しない生き方」であり、「将来世代に負の遺産を断じて引き継がせない生き方」だといえましょう。前者には「世界市民としての自覚」、後者には「持続可能性に基づく責任感」に通じる精神が脈打っています。
 同じ地球に生き、環境を子どもたちに引き継いでいかねばならない私たちは、この横と縦に広がる二つの生命の連鎖を意識し、行動する必要があります。


2012.1.26
第37回「SGIの日」記念提言
「生命尊厳の絆 輝く世紀を」


*******


 「立正安国」とは、日蓮大聖人が鎌倉時代の権力者に宛てて書いた諌暁の書である「立正安国論」の題名となった言葉で、「正(正法)を立て国を安んずる」と読みます。
 「四表」とは、「汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か」(御書31㌻)にある「四表」、すなわち、東西南北の四方、自らの周りという意味。
 「一閻浮提」とは全世界のこと、「尽未来際」とは未来の果てに至るまでということを指します。

 
 創価学会版の日蓮大聖人の御書約1600ページには430編程のお手紙と論文が掲載されています。
 この中で、「尽未来際」は4回(「未来」は135回。ただし、必ずしも尽未来際と同義に使われているわけではありません)、「一閻浮提」はなんと90回(ほぼ同義の「閻浮提」は170回)も登場します。
 大聖人が“世界”と“未来”という横と縦に広がる2つの生命の連鎖を意識していたのは間違いありません。
 これは釈尊(ブッダ)が未来の衆生(末法の衆生)のためにも法華経を説いたこととも符合しているといえるでしょう。

 「世界市民としての自覚」も、「持続可能性に基づく責任感」も、カギになるのは教育であることは明らかです。
 関西創価学園の平和教育原点の碑には、「他人の不幸の上に自分の幸福を築くことはしない」との言葉が刻まれています。これは、関西創価中学・高校の第1回入学式の祝辞の中で述べられた言葉です。
 池田先生は青年に対して幾度もこの言葉を贈っています。


 「他人の不幸の上に自分の幸福を築くことはしない」


 まさに、横と縦の生命の連鎖を重視する仏法の根本的な理念(縁起感)を、実感の湧く現代的表現に昇華しているいえます。
 

 自他共の幸福を目指す仏法の生き方、創価学会の活動を広めていきたい!!
 
 

かけがえのない信心の財産

 戸田先生は、青年部の私たちに、徹底して御書を学ばせた。その訓練は、厳しかった。「この御文は、すべて覚えておきなさい!」と言われることも、しばしばだった。寸暇を惜しんで、学び抜き、言われた通り必死で暗記もした。若き魂に刻み込んでいった。そうして努力したぶんがすべて、かけがえのない信心の財産になっている。


2004.9.29
各部代表者会議

創立100周年へ、いよいよ「今から」、いよいよ「これから」

 日蓮大聖人は、若き南条時光に「願くは我が弟子等・大願ををこせ」(御書1561㌻)と仰せになられました。
 戦後、19歳で入信した私が、命に刻んだ御聖訓です。
 当時、無数の青年の尊き命を奪った戦争の傷跡は、あまりにも深かった。わが家も空襲で破壊され、私自身も肺病で苦しみました。しかし偉大な戸田先生の弟子として、私は広宣流布の大願に立ち上がった。
 ありとあるゆる難を受けながら、妙法を持った一人の青年がどれだけ強くなれるか、どれだけ民衆の幸福に尽くし、世界の平和のために仕事ができるか、悔いなき歴史を残してきました。
 何ものにも負けない、この「人間革命」の勇気の力を、私は後継の青年に譲り託します。
 君たちは勝つために生まれてきた。
 皆を幸福にするために生まれてきた。
 一人ももれなく、妙法とともに、学会とともに、明るく充実した青春を生き抜き、人生と社会の堂々たる大勝利者となっていただきたい。
 大聖人の立宗宣言より80年後、不二の弟子・日興上人は獅子吼されました。「未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通致す可き事」(同1618㌻)
 人類は、妙法を渇仰しています。
 創立100周年へ、いよいよ「今から」、いよいよ「これから」です。
 われら創価の師弟は、無限の信力・行力を奮い起し、無量の仏力・法力を湧き出しながら、新たな広宣流布の躍進を開始しよう!
 創立の父・牧口先生の励ましを、わが友に贈ります。
 「年齢はどうあれ、一日一日、進歩する人が、青年である」
 「地上を踏み占めて、一歩一歩進め」と。
 全学会員の健康と、常楽我浄の人生を祈ります。
 「青年部、万歳!全世界の同志、万歳!創価学会、万歳!」と叫びつつ――。


2010.11.3
青年文化総会へのメッセージ(抜粋)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

人生と社会の堂々たる大勝利者と

 日蓮大聖人は、若き南条時光に「願くは我が弟子等・大願ををおせ」(御書1561㌻)と仰せになられました。
 戦後、19歳で入信した私が、命に刻んだ御聖訓です。
 当時、無数の青年の尊き命を奪った戦争の傷跡は、あまりにも深かった。わが家も空襲で破壊され、私自身も肺病で苦しみました。しかし偉大な戸田先生の弟子として、私は広宣流布の大願に立ち上がった。
 ありとあるゆる難を受けながら、妙法を持った一人の青年がどれだけ強くなれるか、どれだけ民衆の幸福に尽くし、世界の平和のために仕事ができるか、悔いなき歴史を残してきました。
 何ものにも負けない、この「人間革命」の勇気の力を、私は後継の青年に譲り託します。
 君たちは勝つために生まれてきた。
 皆を幸福にするために生まれてきた。
 一人ももれなく、妙法とともに、学会とともに、明るく充実した青春を生き抜き、人生と社会の堂々たる大勝利者となっていただきたい。


2010.11.3
青年文化総会へのメッセージ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

広布の重責を担い立て

 諸君の成長は、「日本の希望」である。そして、諸君は「学会の宝」である。
先輩の皆さんも、学生部の諸君に、さまざまなことを期待し、希望を寄せている。きょうは、その先輩の期待の一端を、そのままお伝えしておきたい。
 第一番目に、情熱をもって信心に取り組み、学業に進み抜いていただきたいということである。
 次に、目的観をもって進んでもらいたい。また、大志を抱いて、人生を生ききってもらいたい。
 最後に期待することは、偉大なる人材へと、すくすく育っていただきたいということである。学生部の皆さんは、学会内でも重要なリーダーとして活躍してもらいたい。あらゆる分野で、伸び伸びと、広宣流布の重責を担い立つ人材になっていただきたい。
 日蓮大聖人の御金言に「蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり身の財よりも心の財第一なり」(御書1173㌻)との仰せがある。
 「蔵の財」とは、名誉や財産にあたる。それは、自分自身の外にあるものであり、限りのあるものである。
 「身の財」とは、たとえば、知識の蓄積です。これは、勝利の人生を開く、一つの基盤になる。
 「心の財」とは、つきつめていえば、信心である。信心が根本でなければ、真実の幸福を実現することはできない。
 信心を根本にしながら、身の財を蓄えていったときに、幸福と勝利への道が開かれていく。どうか、「信心第一」を合言葉に、未来の総会まで、しっかりと頑張っていただきたい。
(要旨)


学生部結成50周年記念指導集『先駆の先陣』
1959.6.28 第2回学生部総会



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ に参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: