広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

心を鍛え魂を磨きあげていく「溶鉱炉」

 哲学者のアルベール・ジャカールは、情報科学の意義を過不足なく評価した上で、情報科学がもたらすのは「急速冷凍したコミュニケーションでしかありません。沈黙と言葉からなる真の対話においては、創造性のある驚きが自然に生まれます。しかし、情報科学によってそれを引き起こすことは不可能」(吉沢弘之訳『世界を知るためのささやかな哲学』徳間書店)と。「急速冷凍」とは、言い得て妙であります。
 もちろん、情報科学の発達が一面で、人間同士の新しいつながりの輪を広げる可能性を持っていることは事実です。
 しかし、その情報科学を介したつながりが“匿名性”“非人称性”を特徴とするものと化せば、そこには“顔”がなくなってしまう。無機質かつニュートラルで、顔と顔、魂と魂との触発作業からのみ生まれる新鮮な驚き、肉感を伴う手応えや充足感とは縁遠い世界であります。
 こうした時流にあって、特筆しておきたいことは、私どもSGIが世界的に展開している仏法対話、特に座談会運動の有する精神史における意義付けです。
 私どもが日々、何千カ所、何万カ所、否、何十万カ所で行っている“顔”を突き合わせての、双方向の語らい──それは、まさしく「沈黙と言葉からなる真の対話」であります。
 言葉が相手の心に届いた時の喜び、充足感。届かなかった時の戸惑い、もどかしさ、そして沈黙。沈黙の中で、懸命に新たな言葉を探す忍耐と苦闘。探し当てた言葉がようやく相手に届いた時のさらなる充足感──こうした倦むことなき対話の織りなすグラデーション(徐々に変化すること)こそ、心を鍛え魂を磨きあげていく「溶鉱炉」なのであります。「急速冷凍」とは対極に位置する醸成、錬成の場なのであります。


2011.1.26
第36回「SGIの日」記念提言 「轟け!創造的生命の凱歌」


*******


 昨日(6/27)、親友(仮にA)から電話があった。
 仕事での人間関係etcについて。
 僕のER(緊急救命室)でもあるAとは、2人で話していると、おっきな悩みもなんだか楽しくなってきちゃうから不思議(^∀^)
 ほんとに感謝感謝☆

 Aからはたくさんの笑顔と、たくさんの励ましと、たくさんの勇気をもらった。
 そして、親友Bと共に、僕にとって人生ですごく大きなきっかけを作ってくれた親友でもある。

 大学1年のとき、Bからは通学の大変さんと同期・同学部の友人の少なさで悩んでることについて打ち明けられ、全く悩みを理解できず(同苦できず)、自分の力のなさに愕然とした。
 Aからは病気(現在は完治☆)について打ち明けられ、あまりのショックに絶句してしまい、自分の力のなさに茫然とした。

 その2つの「沈黙」の経験を通して、自分に対して「自分の一番近くにいる友だちのことも満足に励ませなくて、何が世界平和だ。何が池田先生の弟子だ。これっぽちも“力”なんてないじゃないか。」と思いました。
それからでした。

 「力がほしい。人を励ます力が。
  大きくなりたい。
  強くなりたい。
  賢くなりたい。」

 そう、祈るようになりました。

 どうやったら、相手の心に届く言葉を贈り、励ましを、勇気を、希望を、笑顔を贈れるのか。
 それが人生のテーマになりました。


 今、AやBだけでなく、たくさんの親友たちとぶつかり合い、励まし合って、「溶鉱炉」をつくってきました。

 もっともっと、アツいコミュニケーションが図れる人になりたい。
 もっともっと、目の前にいる人を励ませる力をつけたい。

 と同時に、世界中の人を笑顔にする社会システムをつくりあげたい。
 そのために専門分野を磨きたい。


 「言葉が相手の心に届いた時の喜び、充足感。届かなかった時の戸惑い、もどかしさ、そして沈黙。沈黙の中で、懸命に新たな言葉を探す忍耐と苦闘。探し当てた言葉がようやく相手に届いた時のさらなる充足感」

 これは、ネット上では味わえない。
 ただ、そうした喜びやもどかしさ、沈黙の中での忍耐と苦闘を経てきた人か、逃げてきた人か、それはなんとなく伝わってきてしまう。

 ネット上であっても、共に「溶鉱炉」をつくれる人との出会いは格別の嬉しさがある。
 ネットで知り合ったあるヤツとは、まだ知り合って1年も経たないけど、数十年来の親友のような仲になった(まだ25年しか生きてないけどw)。
 それは、少しばかりだけど、「溶鉱炉」を経験してきた2人だったからこそのシンパシーがあったんだと思う。

 これからも、縁する人みんなと「溶鉱炉」をつくって、「急速冷凍」されたコミュニケーションを、「無縁社会」を打ち破っていきたい。

「将に将」たる要件

 人の「心」を知り、人情の機微に通じゆくことこそ「将に将」たる要件である。民衆の心がわからずして、真実の指導者とはいえない。


『私の人間学 下』


*******


 2006年、池田先生が北京師範大学から200番目の名誉学術称号をご受章したとき、創価大学・創価一貫教育連絡事務所(自治会内の学生団体)の所員全員でお祝いの歌集を作成して、創立者にお届けしました。

 当時、僕は次長兼渉外担当でした。んで大親友が所長。
 なんというか最高のコンビだったし、もう一人の執行部の後輩と合わせて最高のトリオでした☆

 その時、僕と大親友がつくった歌がこれ。


大親友の歌

幸福の
 王子王女を
  育てゆく
 城を築かん
  師子の心で


僕の歌

誓願の
 将の将たる
  師子と立ち
 池田門下の
  城を護らむ


 すごーく似てますが、お互い全く見てない状況で詠んだんですよね(笑)
 息ぴったし☆


 ともかく、生涯、「将の将」として生き抜く!!!

京都の「紅の秋」

京都の「紅の秋」

 「燃えて生きよ」と告げていた。
 「ひた紅に生きてみよ」と歌っていた。
 華よりも華やかに、金襴の錦よりも豪奢に、京の秋色(しゅうしょく)は、柔らかな炎を噴あげていた。
 光の具合によって紅葉(もみじ)の枝に、金、銀、瑠璃、玻璃(はり)、瑪瑙(めのう)、珊瑚、赤真珠。七宝の輝きが、全部見えた。

 秋の京都は、久しぶりだった。
 昭和六十一年の十一月。京都の青年平和文化祭に出席するためである。
 文化祭の日の午前、友のすすめで、洛北の錦秋の庭を、しばし歩いた。
 天を衝く北山杉や、苔むした庭石の緑の上にも、落葉の緋色が鏤(ちりば)められている。紅葉(もみじ)を透かして見る空は、一足ごとに万華鏡のように変化し、青空は小さな無数の青の花びらとなって、赤の舞踏と戯れていた。

 「春は桜、秋は紅葉(もみじ)」
 自然を友に暮らした王朝人は、心まで、その色に染めなして生きた。
 光源氏の君の、あの絶唱。
 運命の人・藤壺の中宮を喪った時、彼は底なき悲しみを古歌に託した。
 「深草の野べの桜し心あらば
   今年ばかりは墨染に咲け」
 野べの桜よ、心あらば、この春ばかりは喪の色に咲け、わが心の色に染まりて咲け。
 紅葉もまた、心を映して咲いた。
 あるときは人生の慶事に纏う紅衣(ころも)となり、交歓の宴の帳となり、平穏な温もりの灯(ひ)ともなった。
 またあるときは修羅の雷火の色となり、鬼女の紅涙ともなり、身を焼く愛染(あいぜん)の焔となった。
 何より、王朝文化の華麗の底には、死を見つめ、人生の無常を見つめる仏教哲学の根があった。
 「死を見つめてこそ、生は輝く」。秋の紅葉(もみじ)は、その象徴であった。

 紅葉(こうよう)は、葉の熟年であり、老年と言える。
 「もみじ」は、本来「もみづ」(もみいづる)という動詞だという。秋の風や時雨が、ひと葉ひと葉の中から、それぞれの色を「揉み出して」いく。人も年齢とともに、よきにつけ悪しきにつけ、心の底のものが表に出てくるように。
 秋が暮れると、葉の中の葉緑素は壊れて、緑は消える。すると、緑は消える。すると、緑に隠れて見えなかった黄色の色素が表に出てくる。これが黄金(きん)の葉となる。
 紅い色素は、葉の中の糖分が変化したもの。日光による光合成でできた糖だ。いわば「自分の体に貯えた太陽」を燃やしているのが紅葉(こうよう)なのである。
 蛍が、わが命の中の光を振り絞り、吐き出し尽くして、逝くように――。
 秋という蒔絵を彩る木の葉の朱も金箔も、生涯の最終章を飾る渾身の光だ。
 千葉(せんよう)が舞い、万葉が謡う、生の最後の祭りなのだ。

 紅葉(もみじ)は、自らの姿で語っている。
 「人よ、あなたよ、炎(も)えて生きよ。死ぬほど生きよ。ひた紅に生きてみよ。
 生命に貯えた人生の春を燃やし、夏を燃やし、悩みを燃やし、惑いも焼き切り、希望を燃やし、全知全能を燃やし尽くして、生きてみよ。
 いのちある限り、前へ前へ、年とともに、いよいよ華やげ。最後の最後のその日まで、鮮烈に、前のめりに、死を焼き滅ぼすくらいに激しく生きよ。
 その炎が、古き後悔も傷も、過ちさえも浄化する。その聖火こそが、次の世までも照らしゆく光となる。夕焼けの荘厳が、明日の晴天を約束するように」と。
 紅葉(もみじ)は、木々の夕映えなのだ。

 庭を行くと、池にも、遣水(やりみず)にも、楓(かえで)が散り掛っていた。
 色葉匂えど、ちりぬるを。
 水を染めて浮かぶ紅。水の底に沈む紅。水に影を映す紅。三重(さんじゅう)の絵重(えがさ)ねが、流れに揺れては砕けた。
 身を一部、朽ちさせた葉もあった。しかし、病めるとも、負けずに燃えていた。
 病は死とは違う。病は生の一部なのだ。だから人生、病む日もある。病と心と、どっちが勝つかの競争だ。がんの告知をされて、ある女性は宣言した。「私の本当の人生が、きょう始まりました」と。

 私は思う。苦しみを耐え抜き、乗り越え、格好わるく、もがきながらも、気取りも、小さなプライドも捨てて、すさまじく命を燃やし切る。そこにこそ人間の尊厳があり、喝采を贈るべき勝利があると。
 ある葬儀。遺族は「父は一生を立派に戦い、逝きました。きょうは晴れの門出です」と、涙の万歳三唱で送り出した。
 ある欧州の青年は、ファシズムと戦い、牢獄での拷問にも耐え抜いて死んだ。人目を避けた、近しい人だけのわびしい埋葬。捧げる花もない。荒れ野の片すみに彼を埋める瞬間、一人が思わず拍手を鳴らした。皆が、「そうだ、友よ聞け」。彼の美しき人生に熱い拍手を捧げ続けた。
 見上げると、楓も掌(てのひら)の形をしている。燃え尽きた一葉(いちよう)が枝を出発(たびだ)つ時、見送る仲間は喝采を贈るかのように、風に、さんざめくのだろうか。

 庭にいたのは二十分ばかりか。
 御礼を言って立ち去ると、やがて雨が降り始めた。雨もまた良い。
 冷たい時雨に降られるたびに、紅葉(こうよう)は、いよいよ華やかに、いよいよ深き色に染まるからだ。
 京の染色が、染汁(そめじる)に何度もつけて、紅を八入(やしお)に染めていくように。

 夕には青年文化祭。古都に、新しい力が燃えていた。
 「この炎を、君よ生涯」と祈らずにいられなかった。
 楓は「心は変えで」の樹とも詠まれた。誓いを深く胸に染め、「変わらぬ心」の象徴でもあったのだ。
 無常の人生だからこそ、「変わらぬ心」で、ひた紅に生きる。そこに京都の美の心があり、日本の美の真髄があろうか。その心を今、だれよりも真実に生きているのが、わが友であると信ずる。
 人々の幸福のために、身の平安もかえりみず、軽侮(けいぶ)の時雨にも耐え、そしりの霜にも耐え、誇り高く燃えて生きてきた、あなたたち。
 ただひたすらに「きょうもまた、あすもまた」と。「きょうもまた、あすもまた」と。
 その真紅の人間絵巻こそ、いかなる紅林(こうりん)にもまさる絢爛の錦である。


1999.11.28
池田名誉会長の写真紀行 光は詩う
第8回 京都の「紅の秋」

ブルーハワイ

 青は不思議な色だ。
 青は、いつも「遠く」にある。
 海の青は、手ですくったとたんに、消え去る。空の青は、近づいても近づいても、透き通るばかり。
 水の重なりが海の青になり、空気の重なりが空の青になり、青はいつも「遠く」にある。
 だから、ノヴァーリスは「青い花」を理想の象徴にしたのだろう。
 だから、メーテルリンクは「青い鳥」を幸福の象徴にしたのだろう。
 青――そのように平和も遠くにあるのだろうか。行けども行けども届かない夢のようなものだろうか。そうかもしれない。
 しかし、その「はるかなる夢」に向かって歩み続ける精神力にこそ、人間の人間としての栄光があるのだ。
 「赤は生命の色」「青は精神の色」と言われる。
 精神の力とは、理想に向かって「断じて、あきらめない」力だ。岩をも砕く波のように、障害が大きければ大きいほど、いよいよ大きな力を出せ!

 訪問中、「マウイ研修センター」の開所式をした。センターは、皆の手作りである。友は手を血豆だらけにして、原生林のような荒れ地を整地し、ユーカリの木を植え、木造二階建ての平和のセンターを建設した。何と尊(たっと)い「精神力の勝利」か。
 何でも「手作り」にこそ魂がこもり、不滅のものができていく。
 私が世界への第一歩をここハワイに踏み出したときも、お膳立てされているものなど何一つなかった。「すべて手作り」で、ここまできた。

 精神の力は無限である。その限りないエネルギーは、万人の胸の奥に、ひろびろと広がっている。大海のように、大空のように。
 だから、海を見るとき、わが内なる潮騒が鳴る。空を仰ぐとき、わが内なる永遠が羽ばたく。
 その内と外との交響の色が「青」なのだ。
 はるかなるもの、永遠なるもの、いのちの根源にある偉大なるものが目覚める――その魂の輝きが「青」なのだ。


2000.3.12
池田名誉会長の写真紀行 光は詩う
第20回 ブルーハワイ(抜粋)


*******


 創価学園のスクールカラーである「青・黄・赤」は、それぞれ「英知・栄光・情熱」の意義があります。
 創価学会の三色旗の「青・黄・赤」は、それぞれ「平和・栄光・勝利」の意義があります。

 余談ですが、僕は学生部本部牙城会という人材グループで世界青年会館と創価旭日会館の会館警備を担当するという訓練を受けさせて頂いたので、「赤」が大好きです。牙城会のシンボルカラーは「赤」なのです(朱色とも言えるかもしれませんが…)。
 「青」は永遠のライバルである創価班のシンボルカラーになっています。

 ともあれ、東京に住んでる僕にとっては、八王子は緑が多いと言っても、「青」が一番大きく、一番目にする色と言えるかもしれません。
(僕は普段から結構上向きに生きてるので、あまり下のコンクリートは見ません☆)
 空の「青」が持つ爽やかさは、心まで澄み渡らせてくれる気がしますよね!!

 昨日、創価学園でスクールカラーの「青」が意味する英知を冠した記念日、「英知の日」の記念式典がありました。
 7年前、高校3年生のとき、「英知の日」に向けて、それまでの「英知の日」記念式典での創立者のスピーチを研鑽する機会があり、たくさんのスピーチを読んだのを思い出します。
 あのとき、僕の「精神」の土台は、知らず知らず築かれていたんじゃないかと思います。
 
 今でも、僕の生きる道は、あのとき決めたものとほとんど変わっていないから。

教育の核心

 「志」が「人」をつくる。大きな志は大きな人生をつくる。教育の核心は、その「志」をどう引き出し、力を発揮させるかにあろう。


『創立者とともに』VOL.1
1991.5.5
創価教育同窓の集い


*******


 日本一 人を励ます弁護士
 日本一 組織を強くする弁護士になる。


 こんな大きな夢を持てるようになったのは、創価学園、創価大学、池田先生のもとで教育を受けたから。
 
 あとは力を発揮する!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ に参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: