広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

牙城会

牙城会の活躍に期待を寄せて

偉大なる
 若き英雄
  君あれば
 多くの友の
  灯台なるかと


1990年1月1日
牙城会の活躍に期待を寄せて


*******


 大好きなお歌です。
 僕は、学生部の人材グループ・首都圏学生部本部牙城会で1年間訓練して頂いた。
 その大学3年生の1年間は、たぶん人生で一番忙しい1年間だったと思う。
 本当に寸暇が惜しかった。移動しているときはずっと祈っているか勉強していた。
 とにかく全てに無事故を勝ち取ることに全生命懸けてた。
 過去の栄光に目を向けるような歳じゃないけど、あの頃は栄光時代だった。

勇敢であれ!

 日蓮大聖人は「持(たも)たるる法だに第一ならば、持(たも)つ人随って第一なるべし」と御断言です。
 君たちが、若くして持った、この日蓮仏法は――
 大宇宙の根本の「法則」です。生命尊厳の真髄の「哲学」です。
 そして、いかなる戦いにも断じて打ち勝てる、無敵の「兵法」です。
 いまは悩みのなか、悪戦苦闘の日々のなかにいるかも知れない。
 しかし、ひとたび、この世界第一の仏法を持ったならば――
 君たちは、人間として最も正しい道を歩む青年です。
 いかなる苦難にも絶対に負けない、必ず勝利できる青年です。
 社会に貢献し、正義の時代を創る青年です。世界一の青年なのです。
 君たちに、古代ローマの信念の哲学者セネカの言葉を贈りたい。
 「人は勇敢であればあるほど幸せである」と。
 勇気は明るい。勇気は朗らかです。信心とは究極の勇気です。
 本陣学生部は、第一に勇敢であれ!第二にも勇敢であれ!


2006.12.3
学生部本部牙城会入卒団式へのメッセージ
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: