広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

生命

横と縦に広がる二つの生命の連鎖

 世界各地で災害が起こった時、多くの国から真心の支援や励ましの声が寄せられますが、こうした「同苦の心」「連帯の心」が、どれだけ被災者の心を明るくし、勇気づけるか計り知れません。
 「一切衆生の異の苦を受くるは悉く是れ日蓮一人の苦なるべし」(御書758㌻)と叫ばれた大聖人が、「立正安国論」を通して打ち出されたのも、現実社会で苦しみに直面している人々の心に共振して、わが身を震わせつつ、人々の苦しみが取り除かれることを願い、行動しようとする人間の生き方でした。
 そして、立正安国の「国」や、「四表」の意味するところも、大聖人の御書に「一閻浮提」や「尽未来際」といった言葉が何度も記されているように、広く“世界”を包含するものであると同時に、はるか“未来”をも志向していたものだったのです。
 その二つのベクトル(方向性)を今様に表現するならば、「世界のどの地で起こる悲劇も決して看過しない生き方」であり、「将来世代に負の遺産を断じて引き継がせない生き方」だといえましょう。前者には「世界市民としての自覚」、後者には「持続可能性に基づく責任感」に通じる精神が脈打っています。
 同じ地球に生き、環境を子どもたちに引き継いでいかねばならない私たちは、この横と縦に広がる二つの生命の連鎖を意識し、行動する必要があります。


2012.1.26
第37回「SGIの日」記念提言
「生命尊厳の絆 輝く世紀を」


*******


 「立正安国」とは、日蓮大聖人が鎌倉時代の権力者に宛てて書いた諌暁の書である「立正安国論」の題名となった言葉で、「正(正法)を立て国を安んずる」と読みます。
 「四表」とは、「汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か」(御書31㌻)にある「四表」、すなわち、東西南北の四方、自らの周りという意味。
 「一閻浮提」とは全世界のこと、「尽未来際」とは未来の果てに至るまでということを指します。

 
 創価学会版の日蓮大聖人の御書約1600ページには430編程のお手紙と論文が掲載されています。
 この中で、「尽未来際」は4回(「未来」は135回。ただし、必ずしも尽未来際と同義に使われているわけではありません)、「一閻浮提」はなんと90回(ほぼ同義の「閻浮提」は170回)も登場します。
 大聖人が“世界”と“未来”という横と縦に広がる2つの生命の連鎖を意識していたのは間違いありません。
 これは釈尊(ブッダ)が未来の衆生(末法の衆生)のためにも法華経を説いたこととも符合しているといえるでしょう。

 「世界市民としての自覚」も、「持続可能性に基づく責任感」も、カギになるのは教育であることは明らかです。
 関西創価学園の平和教育原点の碑には、「他人の不幸の上に自分の幸福を築くことはしない」との言葉が刻まれています。これは、関西創価中学・高校の第1回入学式の祝辞の中で述べられた言葉です。
 池田先生は青年に対して幾度もこの言葉を贈っています。


 「他人の不幸の上に自分の幸福を築くことはしない」


 まさに、横と縦の生命の連鎖を重視する仏法の根本的な理念(縁起感)を、実感の湧く現代的表現に昇華しているいえます。
 

 自他共の幸福を目指す仏法の生き方、創価学会の活動を広めていきたい!!
 
 

勤行・唱題とは

名誉会長 宗教の「宗」とは根本ということ。人生の根本、宇宙の根本を教えようとしたのが「宗教」です。
井桁 そういう根っこを知らないと、人生が根なし草になるということですね。
名誉会長 宗教は人間としての証です。動物に、祈ることはできない。祈りは、人間にしかできない崇高な行為です。
 古来、あまりにも偉大な大自然に対して、山を対象にして祈ったり、火を対象にして祈ったり、海を対象にして祈ったりしていた。
 大自然という、あまりにも無限性と崇高さ、広大さ、人知では計り知れない超現実的なものへの畏敬から、自然のうちに「祈る」という行為が生まれてきた――こう考えられる。
 たとえば「災害から身をまもってもらいたい」「夫が死なないように守ってもらいたい」というように、本当に困った時に人間が欲する心がある。
 その心を強く凝縮させると「祈り」となるのです。理屈でも、学問でもない。それらを超えたものです。
 「祈る」と言うことは、自分の全生命の中で一番大事な、一番の強い思いを訴えたいということであり、それを願望するという行為です。
木村 そういう心なら、だれにでもありますね。

無宗教の人にも祈りの心がある。

名誉会長 人間には、祈らざるを得ない本然的な心がある。それに応えて宗教が生まれた。「宗教があって祈りが生まれた」のではなく、「祈りがあって宗教が生まれた」のです。
〈中略〉
 「自分は無宗教」と称する人でも、何か祈っている。「子どもが健康であってもらいたい」「もっと自分は向上したい」というような決意とか願望は、形を変えた祈りといってよい。これらを、もっと明快に、生命の法則のうえから、祈りと現実がきちんと合致していくようにしたのが、仏法の祈りです。
 要するに、人間が「幸福になる」ために宗教は生まれたのです。
〈中略〉
名誉会長 「ともかく御本尊の前に」――その心が大事です。「少しでも、お題目を唱えていこう!」「毎日、御本尊に祈っていこう!」と挑戦を続ける心が尊いのです。
 仏法では、「煩悩即菩提」と説く。わかりやすく言うと、煩悩とは「悩み」であり、悩みを起こさせる欲望です。菩提とは「幸福」であり、境涯が開けることです。ふつうは、煩悩と菩提はバラバラです。悩みと幸福は正反対です。しかし日蓮大聖人の仏法では、そうではない。
 悩みという「薪」を燃やして、はじめて幸福の「炎」が得られると説く。幸福の光とエネルギーが得られるのです。題目によって「薪」を燃やすのです。
木村 煩悩即菩提の「即」とは題目のことなんですね。
名誉会長 題目をあげれば、悩みが全部、幸福へのエネルギーに変わる。前進への燃料に変わる。
井桁 すると悩みが大きいほど幸福になれるということでしょうか。
名誉会長 その通りです。一番苦しんだ人が一番幸福になる。一番悩みをもった人が、一番偉大な人生となっていく。これが仏法です。だから素晴らしいのです。
 悩みといっても、いろいろある。自分のこともあれば、お父さん、お母さんに長生きしてもらいたい――これも悩みです。友だちが元気になってほしい――これも悩みです。
 さらには、もっと大きく、世界の平和をどうするか、新世紀をどういう方向にもっていくか――これは偉大な悩みです。どんな悩みも全部、題目によって、自分のガソリンに変わる。生命力に変わる。人間性に変わる。福運に変わるのです。だから、大いに悩み、大いに題目をあげきって、成長していけばよいのです。
 信仰とは、目標という悩みの「山」をつくり、「山」を目指し、「山」を登りながら、山を登りきるたびに大きな自分になっていく軌道なのです。


『青春対話』


*******


 僕は未だに、「祈る」ことが人生においてすごく「特別」なことになっている。
 他の生き物と比べて、人間にとって、祈ることができるというのは特別。
 だけど、一人の人間にとって、「祈る」ことはもっと「普通」なことなんだと感じた先生の言葉でした。

 人を不幸にするようなものでなければ、何でもいい。
 自然に、素直に、全て、祈っていきたい。

 御本尊様の前に座っていても、座っていなくても、いつでも祈っていきたい。
 どこにいようと、本気で、真剣に、願いを、悩みを、祈りにしていきたい。

 
 ともすれば、僕ら(特に幹部)は、「祈りとして叶わざるなしの信心」を証明しようと、

「祈ったことは絶対に叶え、仏法の正しさを示さなきゃいけない」

 ≒ 「叶わなさそうなものは祈れない」「叶って当たり前のものなんか祈っても仕方ない」

 と、無意識のうちに縛られ、「祈り」を特別にしているような気がする。

 
 もっともっと、ナチュラルに祈れる自分でありたい。
 司法試験合格も、あと7kg痩せるのも、友だちの笑顔も、バスケ上手くなるのも、日本の変革も、結婚も、後輩の成長も、何でも祈っていきたい。

 欲張りに、その分、強盛に☆
 楽しく、かつ、真剣に☆
 

祈りとは、燃え上がる生命の勝利の炎

 「祈り」とは、観念ではありません。燃え上がる生命の勝利の炎です。この一念の炎があれば、祈った瞬間、生命はすでに勝っている。「百千年くら(暗)き所にも燈(ともしび)を入れぬればあか(明)くなる」(御書1403㌻)と仰せの通りです。


御書と師弟



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ に参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

信心の指導

 生命力なき指導は、人々に感動を与えない。
 信心の指導は、学問でも、知識の教授でもない。生命の姿勢、生命の躍動、それ自体が根本だ。


『若き日の日記 4』


*******


 そーなんですよねー!!!!
 同じ御書を引いた、同じような指導でも、勢い・声・表情で全く違う指導になってしまう!!
 今まで何度も幹部指導を聞いてきたけど、(池田先生以外で)やっぱり今でも、そして生涯残るだろう幹部指導をしてくださった幹部は、生命の姿勢・躍動が半端なかった。
 僕もそういう風な話ができる人間になりたい。

わが人生は、人への「励まし」

 伸一は、わが人生は、人への「励まし」のためにあると決めていたのである。
 本来、地涌の菩薩の使命をもつ私たちは、友を、家族を、自分に連なるすべての人びとを励ますために、生を受けているのだ。
 いかなる苦境にあろうが、病床にあろうが、体が動けなくなろうが、生命ある限り、人を励まし続けるのだ。
 たとえ言葉がしゃべれなくなっても、表情で、微笑で、眼差しで励まし、地涌の使命を果たし抜くのだ。
 そこには、人間としての、能動性、主体性がある。その時、生命は美しき太陽の輝きを放ちゆくのだ。
 それが「生きる」ということなのだ。


『新・人間革命』 陽光の章
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: