広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

真剣

人間の真価

 人間の真価というのは、学歴や立場、肩書によって決まるのではない。
 信義を守るかどうか、誠実であるかどうかです。真剣であるかどうかです。


『新・人間革命』歓喜の章


*******


 高校時代、各学年の同じ出席番号の男女6人のメンバーで対話した時のこと、当時3年生の僕が仕切る感じだったんだけど、なかなかうまくいかない。
 なんとかみんなに振ってるなかで、振られた後輩から、思わずといった感じで笑われた。その1個下の後輩は、笑いながらこう言ってくれた。

 「なんか、一生懸命すぎて…(笑)」

 それを聞いて、僕も、そしてみんなも大笑いで、すごくいい雰囲気になって、笑顔の懇談会になった☆
 うまいことはあまり言えなかったけど、でも、一生懸命さだけはしっかり伝わってることがすごくうれしかったことを覚えてるんですよね。
 

 「言(ことば)と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(御書563頁)

 先生が次のようなことをおっしゃったことがある。
 「言葉」自体に力があるわけではない。人の胸を打つのは、「言葉」に乗ったその人の「心」だと。同じ「言葉」でも、発する人の「心」によって、響き方が違ってくる。

 同じ「がんばれ」でも、「お前に何がわかる!!」なんて反発したり(笑)、「そうだ!もう少し踏ん張ろう!!俺は一人じゃない!」なんて奮起したりすることもある。
 

 これからの長い人生、どれだけ心に響く励ましを、心を乗せた言葉を贈ってあげられるかが、人生の満足の指標なんだと思う!!

青年は真剣になった時に光る。

 一流の人物は真剣である。自らの信念の道を、一心不乱に突き進む気迫に漲っている。
 いい加減な人間には、責任がない。
 真剣な人間は、誠実である。
 ふざけ半分の人生は、虚しい。
 真剣な人生は、充実がある。
 とくに、青年は真剣になった時に光る。
 戸田城聖先生は、峻厳に叫ばれた。
 「人生は真剣勝負だ。勝つか負けるかの熾烈な戦いだ。
 いわんや、広宣流布は、『仏の生命』と『権力の魔性』との大闘争である。
 甘えや気取りがあったら、絶対に勝てない。
 勝つためには、命がけで戦うのだ」


大白蓮華巻頭言
「人生は真剣勝負なり」


*******


 光るしかない!!
 

最強

 「一念三千」こそ、仏法の真髄の極理だ。
 真剣に祈れば、智慧が湧く。
 真剣に動けば、道は開ける。
 真剣に語れば、敵も味方に変わる。
 真剣に戦えば、必ず諸天善神の守護が現れる。
 妙楽大師が「必ず心の固きに仮りて神の守り則ち強し」と記された通りだ。
 策でもなければ、要領でもない。「法華経の兵法」に徹して戦い抜く執念こそが、最強なのだ。


大白蓮華2006-7巻頭言
「人生は真剣勝負なり」


*******


真剣!!
これしかない!!
昨日よりも真剣に!!
明日ために真剣に!!
今を真剣に!!

1月29日 『女性に贈ることば365日』

 真剣ほど強いものはない。物事に真剣に取り組んでいる姿ほど若々しく、美しいものはない。


『女性に贈ることば365日』1月29日

真剣勝負

 ひとことで言えば、「言いわけをしない」という真剣勝負の生き方が大切である。どんな立派な言いわけをしようとも、負けは負けである。ゆえに、何があろうとも、その場で、自分なりに、悔いなく、精いっぱい生きることだ。そして、自らの力で、自らの運命を切り開いていくことである。「自分のいる、その場で勝て。断じて勝て」――これが仏法者の生き方といえよう。


『青春対話』
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: