広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

祈り

“人生の根本目的は広布にあり”

 山本伸一は、今、創価学会という大ジェット機は安定飛行を続けているが、広宣流布の旅路には、熱原の農民信徒や牧口初代会長の時代のように、激しき乱気流も待ち受けていることを覚悟していた。
 しかし彼は、会長として、“断じて殉教者を出すような状況をつくってはならない。もしも殉難を余儀なくされるなら、私が一身に受けよう!”と固く心に誓い、必死に操縦桿を握っていたのである。

 だが、広宣流布を推進していくには、それぞれに死身弘法の覚悟が必要である。その決定した一念に立ってこそ、一生成仏も、宿命を転換することもできるのだ。
 死身弘法の覚悟とは、“人生の根本目的は広布にあり”と決めることだ。そして、名聞名利のためではなく、人びとに仏法を教えるために、自らの生活、生き方をもって、御本尊の功力、仏法の真実を証明していくのだ。

 広宣流布のために、“健康になります。健康にしてください” “経済革命します。経済苦を乗り越えさせてください” “和楽の家庭を築きます。築かせてください”と祈りに祈り、学会活動していくのだ。広布誓願の祈りは、仏、地涌の菩薩の祈りであり、それゆえに諸天を、宇宙の一切を動かしていく。


新・人間革命 常楽の章

*******

みなさん、いまどんなことを祈っていますか?
どんなふうに祈っていますか?

祈りには、たくさんの学会指導がありますよね。

「必ずこうします!という決意を込めて祈る」

「感謝を込めて祈る」

「師匠に誓願を立てて祈る」

「自分のことだけでなく人のことも祈る」

「細かく、具体的に祈る」

「紙に書いて祈る、御宝前に掲げて祈る」

「みんなと共有して祈る」

「100万遍を目標に祈る」


ぼくはよく「広宣流布のための祈りは叶う(叶いやすい)」という指導を聞きます。

御書の「法華経の行者の祈りのかなはぬことはあるべからず」という一節を言い換えると、法華経の行者=広宣流布に生き抜く者であり、広宣流布に生き抜く者の広宣流布のための祈りで叶わないことはないというように読めます。
そういう意味では、「広宣流布ための祈りは叶う」というのは全くその通りだと感じます。

恥ずかしながら、ぼくは叶わなかったなという祈りがいくつかあります。
それは実は「広宣流布のため」と思って掲げた祈りではなかったなーということをうっすら考えています。
というよりも、実際問題「広宣流布のため」って思ってちゃんと祈れているのか怪しいもんなのです。
毎日ふとした瞬間に、広宣流布のことなんか考えていない時間はたくさんあるわけです。
そんなぼくの境涯で叶う祈りはたかが知れているんじゃないかと思うのです。

だからこそ先生は、「祈りに祈り、学会活動していくのだ。」と祈りと学会活動に徹していくことをご指導してくださっています。
学会活動しているときは、すなわち広宣流布へ身も心も捧げている状態です。その状態が続けば続くほど、自然と生命、行動、思考、祈りは「広宣流布のため」へと染まっていく。
そうしてどんどん大きな祈りも叶っていく。


ともかくも、1日1時間の唱題をやっていきます!

冬は必ず 春の旅かな

ともかくも
 共に唱題
  ひとすじに
 冬は必ず
  春の旅かな


2012.3.13
随筆 我らの勝利の大道
東北「復光」の春


*******


 「ともかくも」と「ひとすじに」という言葉に、池田先生のお題目・南無妙法蓮華経に対する絶対の確信を感じました。
 
 ところで、2月度の座談会御書は、この短歌のモチーフである「冬は必ず春となる」で有名な妙一尼御前御消息でした。
 地区のセミナー座談会で御書講義を担当させて頂き、復習しているなかで、高校生のときに英語で勉強をしたことを思い出しました。

 
――――――― 

法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる、
いまだ昔よりきかず みず 冬の秋とかへれる事を、
いまだきかず法華経を信ずる人の凡夫となる事を、
経文には「若有聞法者無一不成仏」ととかれて候

妙一尼御前御消息、御書1253㌻

―――――――

 「若有聞法者無一不成仏」は、法華経方便品第ニの一節で、「若し法を聞くこと有らば、一(人)として成仏せざること無けん」と読みます。

 英語だと、以下のようになります。

―――――――

Those who believe in the Lotus Sutra are as if in winter, which never fails to turn into spring. Never have I seen or heard of winter turning into autumn. Nor have I ever heard of any believer in the Lotus Sutra who remained a common mortal. A passage from the sutra reads, "Among those who hear of this Law, there is not one who shall not attain Buddhahood."

Major Writings of Nichiren Daishonin, Vol.1, p149.

―――――――

 英語版の御書では、"Winter Always Turns to Spring"という題が付けられています。
(現代ではわかりづらくなってしまった漢文も英訳されると現代語として簡単に意味がわかりますね☆)

 
 今日も共に祈り、「冬は必ず 春の旅」を歩んでいきましょう!!
 

「勇猛精進」とは「信心唱題」

たゆみなく
 精進ありたる
  人こそが
 最後の勝利者
  永遠の勝利者

 日寛上人は、「勇猛精進」とは「信心唱題」であると示された。「依義判文抄」では「敢んで為すを勇と言い、智をつくすを猛と言う」「無雑の故に精、無間の故に進」と引かれている。すなわち、
 「勇」とは、勇んで行動すること。
 「猛」とは、智慧の限りを尽すこと。
 「精」とは、不純な雑じり気のないこと。
 「進」とは、間断なき前進また前進である。
 「日月天の四天下をめぐり給うは仏法の力なり」(1146㌻)と仰せの通り、妙法は天体をも動かしゆく本源のリズムである。
 その題目の音律を轟かせながら、苦難を乗り越え、たゆみなく前進しゆく生命は、大宇宙の最極の法則に合致していくのだ。

<中略>

勇猛の
精進ありて
勝ち戦
諸天を動かし
大河のごとくに


大白蓮華2008年11月号 巻頭言
創価の魂は「勇猛精進」


*******


 母に何度言われたかわからない。

――「唱題した人が勝つ」 「祈った人が勝つ」


 二乗的な合理的思考では、「勝つ」ってなんだよと突っ込みを(心の中でも実際にも)入れていた時期もありました。
 が、今となっては「ほぼ間違いない」と感じています。
 そこがまだ、圧倒的な体験に基づく絶対的な確信を掴んでいない僕の信心に対する確信の程度。
 
 でも、池田先生もおっしゃてるんだから、信じられる。
 僕の信心に対する確信は、先生がおっしゃているからという点で深くなっています。

 もっともっと確信を深めるために、目標を決めて、祈りを叶え、勝っていきたい。
 そして、僕の人間革命を通して、広宣流布を進めていきたい。
 自分も、家族も、友だちも、縁する人みんなを笑顔にしたい。幸せにしたい。

 だから、明日も祈ります!!!

“誓願”の唱題

 “この人は自分なりに、一生懸命に働いてきたにちがいない。しかし、誰もが一生懸命なのだ。それだけで良しとしているところに、「甘さ」があることに気づいていない”
 伸一は、力強く語り始めた。
 「まず、同じ失敗を繰り返さないためには、なぜ、不作に終わってしまったのか、原因を徹底して究明していくことです。成功した人の話を聞き、参考にするのもよいでしょう。そして、失敗しないための十分な対策を立てることです。真剣勝負の人には、常に研究と工夫がある。それを怠れば成功はない。信心をしていれば、自分の畑だけが、自然に豊作になるなどと思ったら大間違いです。仏法というのは、最高の道理なんです。ゆえに、信心の強盛さは、人一倍、研究し、工夫し、努力する姿となって表れなければなりません。そして、その挑戦のエネルギーを湧き出させる源泉が真剣な唱題です。それも“誓願”の唱題でなければならない」
〈中略〉
 「“誓願”というのは、自ら誓いを立てて、願っていくことです。〈中略〉日蓮仏法の祈りは、本来、“誓願”の唱題なんです。その“誓願”の根本は広宣流布です。
 つまり、“私は、このブラジルの広宣流布をしてまいります。そのために、仕事でも必ず見事な実証を示してまいります。どうか、最大の力を発揮できるようにしてください”という決意の唱題です。これが私たちの本来の祈りです。
〈中略〉
 仕事は生活を支える基盤です。その仕事で勝利の実証を示さなければ、信心即生活の原理を実証することはできない。どうか、安易な姿勢はいっさい排して、もう一度、新しい決意で、全魂を傾けて仕事に取り組んでください」
〈中略〉
 伸一は、農業移住者の置かれた厳しい立場をよく知っていた。そのなかで成功を収めるためには、何よりも自己の安易さと戦わなくてはならない。敵はわが内にある。逆境であればあるほど、人生の勝負の時と決めて挑戦し抜いていくことである。そこに御本尊の功力が現れるのだ。ゆえに逆境はまた、仏法の力の証明のチャンスといえる。


『新・人間革命』開拓者の章


*******


 今の自分には、本当に本当に耳の痛い言葉でした。
 結果が全ての資格試験。
 
 勝ちたい、きっと勝てるはず、そう自信を持っていたつもりでしたが、それは砂上の楼閣のような儚い拠り所でした。
 人より努力せずに、人より工夫せずに、最難関の相対評価の試験で絶対に勝てるわけがないのに、そこに正面から向き合わず、自分なりにがんばることで良しとしていた自分がいました。

 
=======

中島敦『山月記』より

己(おのれ)の珠に非ざることを惧(おそ)れるが故に、敢て刻苦して磨こうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々(ろくろく)として瓦に伍することも出来なかった。己(おれ)は次第に世と離れ、人と遠ざかり、憤悶と慙恚(ざんい)とによって益々己(おのれ)の内なる臆病な自尊心を飼いふとらせる結果になった。人間は誰でも猛獣使であり、その猛獣に当るのが、各人の性情だという。己(おれ)の場合、この尊大な羞恥心が猛獣だった。虎だったのだ。これが己を損い、妻子を苦しめ、友人を傷つけ、果ては、己の外形をかくの如く、内心にふさわしいものに変えて了(い)ったのだ。今思えば、全く、己は、己の有(も)っていた僅かばかりの才能を空費して了った訳だ。人生は何事をも為さぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短いなどと口先ばかりの警句を弄しながら、事実は、才能の不足を暴露するかも知れないとの卑怯な危惧と、刻苦を厭う怠惰とが己の凡(すべ)てだったのだ。己よりも遥かに乏しい才能でありながら、それを専一に磨いたがために、堂々たる詩家となった者が幾らでもいるのだ。虎と成り果てた今、己は漸(ようや)くそれに気が付いた。それを思うと、己は今も胸を灼かれるような悔を感じる。


※『山月記』は1969(昭和44)年9月20日初版発行から50年が経過し、著者は亡くなっています。
青空文庫でテキストが公開されています。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/card624.html

=======


 高校1年の時だったか、『三月記』を読んで、抜き書きした一節です。
 「こうなっちゃいけない」という戒めのために。


 今月の本幹、創大時代からの親友のがんばりで、友人を本幹に連れ出し、一緒に勤行することができました。
 3人でお互いの祈りを共有して、唱題することができたのは大きな前進でした。
 本幹の親子活動体験も凄く心に響きました。

 それもこれも、真剣な題目があったからこそなんだと思います。
 
 
 7/26とその1ヶ月後に、人生左右する大事な試験。

 “誓願”の唱題で、一日一日、勝利の因を積み重ねていくこと。
 人生の勝負の時と決めて、挑戦し抜いていきます!!
 自分磨いていきます!!

勤行・唱題とは

名誉会長 宗教の「宗」とは根本ということ。人生の根本、宇宙の根本を教えようとしたのが「宗教」です。
井桁 そういう根っこを知らないと、人生が根なし草になるということですね。
名誉会長 宗教は人間としての証です。動物に、祈ることはできない。祈りは、人間にしかできない崇高な行為です。
 古来、あまりにも偉大な大自然に対して、山を対象にして祈ったり、火を対象にして祈ったり、海を対象にして祈ったりしていた。
 大自然という、あまりにも無限性と崇高さ、広大さ、人知では計り知れない超現実的なものへの畏敬から、自然のうちに「祈る」という行為が生まれてきた――こう考えられる。
 たとえば「災害から身をまもってもらいたい」「夫が死なないように守ってもらいたい」というように、本当に困った時に人間が欲する心がある。
 その心を強く凝縮させると「祈り」となるのです。理屈でも、学問でもない。それらを超えたものです。
 「祈る」と言うことは、自分の全生命の中で一番大事な、一番の強い思いを訴えたいということであり、それを願望するという行為です。
木村 そういう心なら、だれにでもありますね。

無宗教の人にも祈りの心がある。

名誉会長 人間には、祈らざるを得ない本然的な心がある。それに応えて宗教が生まれた。「宗教があって祈りが生まれた」のではなく、「祈りがあって宗教が生まれた」のです。
〈中略〉
 「自分は無宗教」と称する人でも、何か祈っている。「子どもが健康であってもらいたい」「もっと自分は向上したい」というような決意とか願望は、形を変えた祈りといってよい。これらを、もっと明快に、生命の法則のうえから、祈りと現実がきちんと合致していくようにしたのが、仏法の祈りです。
 要するに、人間が「幸福になる」ために宗教は生まれたのです。
〈中略〉
名誉会長 「ともかく御本尊の前に」――その心が大事です。「少しでも、お題目を唱えていこう!」「毎日、御本尊に祈っていこう!」と挑戦を続ける心が尊いのです。
 仏法では、「煩悩即菩提」と説く。わかりやすく言うと、煩悩とは「悩み」であり、悩みを起こさせる欲望です。菩提とは「幸福」であり、境涯が開けることです。ふつうは、煩悩と菩提はバラバラです。悩みと幸福は正反対です。しかし日蓮大聖人の仏法では、そうではない。
 悩みという「薪」を燃やして、はじめて幸福の「炎」が得られると説く。幸福の光とエネルギーが得られるのです。題目によって「薪」を燃やすのです。
木村 煩悩即菩提の「即」とは題目のことなんですね。
名誉会長 題目をあげれば、悩みが全部、幸福へのエネルギーに変わる。前進への燃料に変わる。
井桁 すると悩みが大きいほど幸福になれるということでしょうか。
名誉会長 その通りです。一番苦しんだ人が一番幸福になる。一番悩みをもった人が、一番偉大な人生となっていく。これが仏法です。だから素晴らしいのです。
 悩みといっても、いろいろある。自分のこともあれば、お父さん、お母さんに長生きしてもらいたい――これも悩みです。友だちが元気になってほしい――これも悩みです。
 さらには、もっと大きく、世界の平和をどうするか、新世紀をどういう方向にもっていくか――これは偉大な悩みです。どんな悩みも全部、題目によって、自分のガソリンに変わる。生命力に変わる。人間性に変わる。福運に変わるのです。だから、大いに悩み、大いに題目をあげきって、成長していけばよいのです。
 信仰とは、目標という悩みの「山」をつくり、「山」を目指し、「山」を登りながら、山を登りきるたびに大きな自分になっていく軌道なのです。


『青春対話』


*******


 僕は未だに、「祈る」ことが人生においてすごく「特別」なことになっている。
 他の生き物と比べて、人間にとって、祈ることができるというのは特別。
 だけど、一人の人間にとって、「祈る」ことはもっと「普通」なことなんだと感じた先生の言葉でした。

 人を不幸にするようなものでなければ、何でもいい。
 自然に、素直に、全て、祈っていきたい。

 御本尊様の前に座っていても、座っていなくても、いつでも祈っていきたい。
 どこにいようと、本気で、真剣に、願いを、悩みを、祈りにしていきたい。

 
 ともすれば、僕ら(特に幹部)は、「祈りとして叶わざるなしの信心」を証明しようと、

「祈ったことは絶対に叶え、仏法の正しさを示さなきゃいけない」

 ≒ 「叶わなさそうなものは祈れない」「叶って当たり前のものなんか祈っても仕方ない」

 と、無意識のうちに縛られ、「祈り」を特別にしているような気がする。

 
 もっともっと、ナチュラルに祈れる自分でありたい。
 司法試験合格も、あと7kg痩せるのも、友だちの笑顔も、バスケ上手くなるのも、日本の変革も、結婚も、後輩の成長も、何でも祈っていきたい。

 欲張りに、その分、強盛に☆
 楽しく、かつ、真剣に☆
 
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: