広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

結婚

夫婦――「愛情」と「忍耐」の戦友

 中国の鄧穎超(とうえいちょう)さんに、周恩来総理とのなれそめを伺ったことがある。
 「私たちには、いわゆる仲人はいません。しいて言えば、『五・四運動』(1999年5月4日、日本をはじめ諸外国の圧迫に、青年たちが立ち上がった民衆運動)が仲人です」
 海棠やライラックの花々の香る、北京のご自宅での語らいであった。
 お二人は、結婚する青年たちに、よく、夫婦としての「八つの原則」を語られたという。
 その八項目とは、何か?
 それは、「互いに愛し合う」「互いに尊敬し合う」「互いに励まし合う」「互いにいたわり会う」「互いに譲り合う」「互いに許し合う」「互いに助け合う」、そして「互いに学び合う」――と。
 ともあれ、結婚は、それ自体が目的ではない。
 大事なことは、あくまでも、一人の人間としての尊厳であろう。
 人は、誰も皆、生まれてくる時も一人、死んでいく時も一人である。
 結婚するかどうか等で、幸福は決まらない。
 幸福を決めるのは、生き甲斐があるかどうか、充実があるかどうかである。
 周囲に「希望」がなければ、自分で創ればよい。
 心というものは、名画家のように、いくらでも自由自在に「希望」を描き出していけるからだ。
 真の愛情とは、歳月を経るほどに、深まりゆくものである。
 周総理ご夫妻も、半世紀以上にわたって、戦友として、生死を共に超えながら、愛情をより深めてこられた。それは、その愛情が同志のため、友人のため、人民のため、そして後継の青年たちのためにと、広がっていったからだと、鄧穎超さんは振り返っておられた。
 私たち夫婦の実際の仲人は、師・戸田城聖先生である。
 その恩師からの結婚のはなむけも、ありきたりのお祝いではなく、「二人で力を合わせて戦い、人々に尽くしていきなさい」という一点であった。


『新・女性抄』

結婚生活に大事なこと

 結婚生活にとって大事なことは、相手の立場になって考えるという姿であると思う。男性のエゴイズムと女性のエゴイズムが衝突しあう家庭は悲惨である。愛情とは、相互の理解のなかに育まれていくものである。二つの心が、一つに溶け合うなかに、つねに新鮮な生命が蘇っていくにちがいない。


『人生抄』

あらゆる角度から

 自分を愛する人が、一生を託するにふさわしい人であるかどうか、たんなる一時的な情熱だけで、長つづきしない人ではないかどうか、二人で仲よく、力を合わせて家庭を築いていけるかどうか。あらゆる角度から慎重に考え、判断をくだしていくべきであろう。そうした、あらゆる条件を考慮したうえで、もし、互いの愛情が十分に強いものであり、自信もあり、人びとからも祝福されるようなものであったならば、堂々と胸をはって結婚にゴールインするのが正しい。


『人生抄』

恋愛という滑走、結婚という離陸、上昇

 恋におぼれ、自己を見失ってしまうか、自己を客観視しつつ、恋を生かしきっていけるかが大事である。恋愛という滑走を経て、結婚という離陸、上昇の成否が決定されるのである。恋愛と結婚の激動は、長い人生航路のスタートである。行く手に、いかなる嵐や気流の乱れがあろうと、びくともしないだけの機体整備を飛び立つ前にしっかり、二人の力でやっておくように願いたい。


『人生抄』

1月15日 『女性に贈ることば365日』

 家庭はつくられたものではない。つくるものである。建設すべきものである。


『女性に贈ることば365日』1月15日
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: