広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

親孝行

就職の戦いは、自らの栄光を開く第一歩

 就職の戦いは、自らの栄光を開く第一歩である。創価学会学生部、そして私の直系の弟子として、誇りも高く徹して強気でいけ!断じて堂々と勝ち抜いていただきたい。
 なかなか思うようにいかない場合も、多々あるであろう。しかし大聖人は「いまだこりず候」と仰せである。忍耐強く祈り抜くことだ。負けじ魂で、ベストを尽くしてくれ給え!焦る必要もない。人と比べて見栄を張る必要も全くない。
 自分らしく、勇気凛々と誠実に「人の振る舞い」で勝ってもらいたい。君たちの勝利が私の勝利だ。君たちの親孝行が私の誉れだ。どんな時でも、私がついている。へこたれるな!


2009.11.7
学生部に対するメッセージ

4月4日 『女性に贈る言葉365日』

 母よ 大楽観主義者の母よ!
 誰でも あなたの名を呼ぶとき
 暖かな春が 胸に よみがえる
 誰でも あなたの声を聞くとき
 懐かしい故郷から 生きる力を得る


『女性に贈る言葉365日』4月4日


*******


本当に母に感謝。
僕が大学を卒業してからも就職せず大学院に3年間通うため、今も働いてもらってる。
母に恩返しできなきゃ、僕の人生は敗北だ。
先生は学園・創大でスピーチされるときは、必ず「親孝行を大切に」と、何度も何度も何度も教えてくださっている。
親孝行即勝利!!!
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: