広宣流布は俺がやる!

      創価学会青年部 牙の大河

青年

仕事の勝利が広布の勝利に

【質問会から】
仕事の勝利が広布の勝利に

 ある時、池田会長は、青年部員に指導した。
 「職場において、自分に与えられた仕事、役職を完璧にやり抜くことです。そうすれば、自分の組織における活動も、全部すっきりと運びます。
 御書に『御みやづかいを法華経とをぼしめせ』とあるように、仕事は仏道修行の場です。それを、活動等にとらわれて、給料をもらっている職場で、いいかげんに仕事をしていれば、全部、複雑になります。自分の思う通りに運ばなくなります。
 自分の職業、すなわち生活のための仕事を完璧にやり切りなさい。すっきりとやり切ってごらんなさい。それが『信心即生活』です。仕事に真っ向からぶつかり、勝利を得なさい。それが組織の勝利になり、折伏の勝利になり、広宣流布の勝利に通じるのです」


大白蓮華 2016年1月号


*******


転職して約8か月。
仕事に乗り切れていないぼくに対して、妻がLINEでこの大白蓮華の切り抜きを送ってくれました。

はっとしました。
最高の環境で、しっかりとお給料をいただいているにもかかわらず、なかなか完全燃焼できていない気がしていました。

「完璧にやり切る」
「すっきりとやり切る」
「真っ向からぶつかって勝利を得る」

広宣流布の戦いであると定めて、勝利のために祈り、全力でやろうと決意しました。


SOKAネット等で公開されているショートムービーの主人公もアルバイトをしながら戦っていました。

http://www.sokanet.jp/pr/cm/yume.html


正社員でかつ好条件の下、しっかりと給料を頂けることに毎日感謝しながら、会社の大発展を真剣に祈っています。


最近の若者は少し合わないと思うとすぐ転職を考えるそうです。
何を隠そう、ぼくもその一人でした。

そこにいる限り、その場で必要とされる人間になることを目指して仕事に取り組んではいましたが、嫌なことがあるたびに、すぐ転職を考えていました。

でも、「一人の心なれども二つの心あれば其の心たがいて成ずる事なし」(異体同心事、御書1463㌻)。
転職しようなんて考えていたら、今の職場で結果を出すのはむずかしいに決まっている。
肚を決めて、いついつまでは全力でやりきって結果を出すと祈っていこうと思います。


仕事の勝利を広宣流布の前進と定めて信頼される人となり、また会社も学会の組織も自分が勝たせるという一念でいきます!!

勇気とは何か。

 「新しき世紀を創るものは、青年の熱と力である」
 「青年訓」の鮮烈なる冒頭の一節から、我ら青年は、血湧き肉躍った。
 「奮起せよ! 青年諸氏よ。闘おうではないか! 青年諸氏よ」
 学会精神を会得せよ! 同志の士気を鼓舞せよ!
 広宣流布大願の中心人物たることを自覚せよ!
 師の呼びかけに、皆、勇気百倍、奮い立った。
 当時、私は、まさに、その男子部の班長であった。
 “広布の主体者は我なり。この「青年訓」は自分にいただいた指針だ!”――私は、そう生命に刻んだ。
 では、何をもって、先生にお応えするのか。第一歩の戦いは明確であった。
 “戸田先生からお預かりした、わが班員を、自分以上の人材に成長させよう! 池田班を、二倍、三倍、十倍と拡大していくのだ!”
 しかし、戸田先生が顧問をされる会社で営業部長の重責を担う毎日は、自由に活動することを私に許さなかった。
 死中に活を求めて、スタートした会社を軌道に乗せることは至難の業であり、苦闘の連続であった。微熱も続き、いたく体調も悪かった。
 男子部の会合にも出られない日が続いた。「池田は退転だよ!」と、冷淡に言い放つ幹部までいた。
 だが、私は決意していた。
 “御本尊はご存じである。戸田先生はご存じである。
 恵まれた状況のなかでなら、誰でも戦える。私は、先生の弟子だ! 師子の子だ!
 どんなに苦しくとも、辛くとも、必ず勝ってみせる!”
 勇気とは何か。弱い自分に打ち勝ち、環境に負けないことだ! 学会活動から断じて逃げないことだ!
 時間がないからこそ、一瞬一瞬を惜しみながら、知恵を絞って戦いの手を尽くした。
 カバンには、常にハガキと便箋を入れ、時間を見つけては、友に激励の手紙を書きに書いた。綴りに綴った。個人指導にも、折伏の実践にも悠然と、挑戦していった。
 一歩も引けない、苦闘のなかでの仏道修行であった。
 しかし、それがあったればこそ、今の私もある。


2001.10.1
随筆 新・人間革命
『青年訓』50年


*******


 「司法試験受験時代があったればこそ、今の自分がある」

 そう胸を張れる自分になりたい。
 というより、今、そうでありたい。

かけがえのない信心の財産

 戸田先生は、青年部の私たちに、徹底して御書を学ばせた。その訓練は、厳しかった。「この御文は、すべて覚えておきなさい!」と言われることも、しばしばだった。寸暇を惜しんで、学び抜き、言われた通り必死で暗記もした。若き魂に刻み込んでいった。そうして努力したぶんがすべて、かけがえのない信心の財産になっている。


2004.9.29
各部代表者会議

青年を味方に

 職場も、革命も、組合も、時代も、政治も、教育界も、科学界も、すべて、青年を味方にせずして勝利はない。
 青年を味方にするか、敵にするかが、すべての戦の鍵である。勝利の鍵である。


『若き日の日記』
昭和27年(1952年)12月25日


*******


 池田先生は、1928年生まれだから、24歳でこんなことを考えてたんだなぁ。
 俺も今、24歳。
 すごいなぁ。本当にすごい。
 力をつけなくちゃ。人格を磨かなきゃ。
 
 10代・20代の勉強量で、人生の半分が決まる!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆

創立100周年へ、いよいよ「今から」、いよいよ「これから」

 日蓮大聖人は、若き南条時光に「願くは我が弟子等・大願ををこせ」(御書1561㌻)と仰せになられました。
 戦後、19歳で入信した私が、命に刻んだ御聖訓です。
 当時、無数の青年の尊き命を奪った戦争の傷跡は、あまりにも深かった。わが家も空襲で破壊され、私自身も肺病で苦しみました。しかし偉大な戸田先生の弟子として、私は広宣流布の大願に立ち上がった。
 ありとあるゆる難を受けながら、妙法を持った一人の青年がどれだけ強くなれるか、どれだけ民衆の幸福に尽くし、世界の平和のために仕事ができるか、悔いなき歴史を残してきました。
 何ものにも負けない、この「人間革命」の勇気の力を、私は後継の青年に譲り託します。
 君たちは勝つために生まれてきた。
 皆を幸福にするために生まれてきた。
 一人ももれなく、妙法とともに、学会とともに、明るく充実した青春を生き抜き、人生と社会の堂々たる大勝利者となっていただきたい。
 大聖人の立宗宣言より80年後、不二の弟子・日興上人は獅子吼されました。「未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通致す可き事」(同1618㌻)
 人類は、妙法を渇仰しています。
 創立100周年へ、いよいよ「今から」、いよいよ「これから」です。
 われら創価の師弟は、無限の信力・行力を奮い起し、無量の仏力・法力を湧き出しながら、新たな広宣流布の躍進を開始しよう!
 創立の父・牧口先生の励ましを、わが友に贈ります。
 「年齢はどうあれ、一日一日、進歩する人が、青年である」
 「地上を踏み占めて、一歩一歩進め」と。
 全学会員の健康と、常楽我浄の人生を祈ります。
 「青年部、万歳!全世界の同志、万歳!創価学会、万歳!」と叫びつつ――。


2010.11.3
青年文化総会へのメッセージ(抜粋)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へに参加しています!
「創価学会」カテゴリのブログがたくさんあります。ぜひ見てみてください☆
更新をLINEでお知らせ
オススメの本
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: